人気車種買取のコツアルファロメオ(alfaromeo)

アルファロメオ(alfaromeo)

アルファロメオ(alfaromeo)

alfaromeo

個性的なイタリア車の中でも、ひときわユニークなエンブレムや外観でコアなファンを獲得し続けているアルファロメオは、1910年にその歴史をスタートしています。

 

「アルファロメオ」というブランド名は、1921年から使われはじめました。

 

当初から高性能スポーツカーの開発に注力し、様々なレースで実績を積み重ねてきました。

 

その後1933年には世界恐慌の影響で経営難に陥り、また第二次大戦では空襲で工場が焼けるなどの災難に見舞われましたが、1948年に新たな経営母体の傘下に入って以降は、スポーツカーから大衆車に軸足をシフト、小型車の「ジュリエッタ」や「スパイダー」などのヒット作に恵まれました。

 

1986年にフィアットの子会社となって以降も、創業以来の個性的なスタイルは受け継がれています。

 

最近ではマツダとも提携、マツダの「ロードスター」をベースにした2シータースポーツカー(生産はマツダが担当)の販売を開始しています。

 

 

▼▼アルファロメオ(alfaromeo)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼


アルファロメオ(alfaromeo)記事一覧

ジュリエッタ

ジュリエッタは、イタリアのアルファロメオが生産している小型の乗用車です。同車は同名の車をこれまで3回にわたり生産してきました。初代は1954年から1965年まで生産された小型スポーティカーで、廉価などスポーツカーとして欧州で大ヒットしました。2代目は1977年から1985年まで生産されたモデルですが...

≫続きを読む

 

スパイダー

スパイダーは、イタリアのアルファロメオが生産している2シーターのオープンスポーツカーです。カロッツェリア(デザイン企業)のピニンファリーナが車体製造を担当しています。初代は1966年に登場し、マイナーチェンジを繰り返しながらなんと27年間も生産されました。流麗でスタイリッシュなデザイン、軽快でスポー...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説