人気車種買取のコツオペル(Opel)

オペル(Opel)

オペル(Opel)

opel

ドイツのオペルは、会社設立が1863年という老舗企業です。

 

当初はミシンや自転車を製造していましたが、1899年から自動車生産に着手、高級車やレーシングカーを生産していました。しかし、第一次大戦後の不況により、1929年にゼネラルモーターズ(GM)の資本を受け入れ、同社の完全子会社となりました。

 

以降はGMの影響を色濃く受けることとなり、小型車から高級車までをフルラインナップするようになり、80年代にはGMの世界戦略車構想(1つのプラットフォームから、世界中で販売できる車種を設計する構想)の中で重要な役割を担いました。

 

主力車種はベクトラ、オメガ、アストラですが、先述のようなGMのグローバル戦略の影響もあり、他のドイツ車に比べ地味な印象は拭えず、日本市場では人気車にはなれませんでした。

 

▼▼オペル(Opel)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼


オペル(Opel)記事一覧

ベクトラ

ベクトラは、ドイツの自動車メーカー、オペルが製造・販売していた乗用車です。いわゆる「Dセグメント」にカテゴライズされる中型車で、日本市場でも販売されました。メルセデス・ベンツの「190E」、BMWの「3シリーズ」、アウディの「80」といった欧州車が競合でした。初代は1988年に登場、以降は3代目まで...

≫続きを読む

 

オメガ

オメガは、ドイツの自動車メーカー、オペルが製造・販売していた乗用車です。1987年に登場し、2002年まで生産されていました。当時の同車の最高級車は「セネター」という車でしたが、オメガはそれに次ぐグレードの車として製造され、いわゆる「Eセグメント」に位置付けられました。BMWの「5シリーズ」、ダイム...

≫続きを読む

 

アストラ

アストラは、ドイツの自動車メーカー、オペルが製造・販売している乗用車です。もともとは同社と同様にゼネラル・モーターズ(GM)の傘下にあるボクスポールの車に使われていた名称で、オペルは同一のプラットフォームで生産された車を別の車名で販売していましたが、1991年にGMの意向で車名が世界的にアストラに統...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説