人気車種買取のコツオペル(Opel)

アストラ

アストラ

アストラは、ドイツの自動車メーカー、オペルが製造・販売している乗用車です。

 

もともとは同社と同様にゼネラル・モーターズ(GM)の傘下にあるボクスポールの車に使われていた名称で、オペルは同一のプラットフォームで生産された車を別の車名で販売していましたが、1991年にGMの意向で車名が世界的にアストラに統一されました。

 

以来、オペルブランドのアストラとしては、4回のモデルチェンジが行われ、現行モデルは5代目となっています。

 

現行のアストラは、ハッチバック、スポーツツアラー(ワゴン)、サルーン(セダン)の各タイプがラインアップされており、駐車時にドライバーをサポートするパーキングアシスト機能、走行中に前を走る車との車間距離を適切な距離に保つアダプティブ・クルーズ・コントロール機能など、先進的な技術が採用されています。

 

また、スポーツツアラーには、リアバンパーに足をかざしただけで自動的に後部のドアが開閉するインテリジェント・ローディング機能も搭載されています。

 

▼▼キャデラックの買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼
>>外車王の評判を確認してみる。

オペル社のベストセラー アストラ

 オペル・アストラは、ドイツの自動車メーカーであるオペルが製造、販売している乗用車です。オペルは1929年から2017年までアメリカのゼネラルモーターズ(GM)の傘下に入っており、同じGM傘下の自動車メーカーにOEMとして様々な車を出しています。このアストラも、元々はGMのイギリス現地法人であるボクスホールの販売車種として、オペルが製造していました。そしてオペルでも、オペル・カデットとして販売していましたが、GMの政策の一環によって車名が統一されました。そのアストラの名前は、ラテン語の「星」を意味しています。
 オペル・アストラはベストセラーとも言える車で、初代アストラは当時の世界販売台数一位であったトヨタ・カローラについで二位に位置していました。その初代オペルは1991年から販売され、現在は2015年から販売されている5代目が最新型のモデルです。

 

打倒ゴルフを掲げた車づくり

 

質実剛健な車として

 

 現行のアストラは、先代である4代目アストラよりも全長と全高を短くして、全幅を広くとったワイド&ローなフォルムになっています。また、ドイツ車であることの表れとして、内装も洗練されたモダンな造りになっており、近年ではタッチパネルでの操作が多くなったスイッチ類も物理スイッチにして押しやすく、使いやすい仕様になっています。
 エクステリアも、直線的なエッジの効いたデザインですが空力的特性も高く、燃費の良さに反映されています。そして、最新のLEDヘッドライトは40m先も視認できると謳い文句をつけており、安全性も高い車に仕上がっています。

 

ドイツで鍛えられた運動性能

 

 アストラのエンジンラインナップは非常に豊富で、5つの仕様のガソリンエンジンと3つの仕様のディーゼルエンジンが選べます。特に、105馬力の1.0Lガソリンターボエンジンは、エンジン本体の重量も小さく、軽量な車体と組み合わせることによって高い経済性を確保しています。他にも、150馬力や200馬力のガソリンエンジンも選択できるため、よりパワフルなエンジンがほしいユーザーの声にも応えています。
 足回りは、フロントサスペンションにマクファーソンストラット、リアサスペンションにワットリンク付きトーションビームといった古典的ながら熟成された足を装備しており、快適性の運動性能の両立を果たしています。

 

ゴルフよりもアストラを

 

 オペル・アストラはCセグメントの車であり、このクラスは世界中様々な自動車メーカーが力を注いでいます。しかし、アストラの強力なライバルはやはりVWゴルフがあげられるでしょう。ハッチバック車のスタンダートと呼ばれたゴルフも、Cセグメントのリーダーとして様々な進歩を遂げています。そんなゴルフよりも、アストラが勝っているところはやはり価格面でしょう。特に、1.0Lの3気筒エンジンのモデルでは、ゴルフで同じパッケージングの車よりも安く抑えられています。また、それでいて質の高い内装はゴルフに勝るとも劣らないので、ゴルフよりもアストラを選ぶ価値は十分にあります。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説