人気車種買取のコツオペル(Opel)

オメガ

オメガ

オメガは、ドイツの自動車メーカー、オペルが製造・販売していた乗用車です。

 

1987年に登場し、2002年まで生産されていました。当時の同車の最高級車は「セネター」という車でしたが、オメガはそれに次ぐグレードの車として製造され、いわゆる「Eセグメント」に位置付けられました。

 

BMWの「5シリーズ」、ダイムラーの「メルセデス・ベンツ ミディアムクラス」、アウディの「100」といった車のライバル車とみなされていました。

 

87年登場の初代は、優れた空力特性が高く評価され、同年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。1994年に登場した2代目は、上級車であるセネターとの統合により車体が大型化されました。

 

また、オペルの親会社であるゼネラル・モーターズ(GM)の方針にしたがい、アメリカではキャデラックブランドの「カテラ」という名称で発売されましたが、売り上げは振るわず、2001年に販売が中止されました。ただ、その後、GMはカテラの名を受け継ぐ後継車「キャデラック・CTS(カテラ・ツーリング・セダン)」を発表しています。

 

▼▼キャデラックの買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼
>>外車王の評判を確認してみる。

最後の文字をつけられた オペル・オメガ

オペル・オメガは、ドイツの車メーカーであるオペラが製造、販売していた車です。オメガの車名は、ギリシア文字の最後の文字Ωからきています。
 オメガは、当時のオペルのフラッグシップカーであったオペル・セネターの次のランクのモデルとして製造されました。初代のオメガは1987年から生産され、空力特性に優れたボディフォルムによって経済性を高めたモデルでした。これもあって、1987年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いていました。

 

万人に向けた車として

 

人を選ばない車づくり

 

 1994年から2代目にバトンタッチを果たしたオメガは、オペル・セネターとの統合をかねてボディを大型化し、フラッグシップモデルに生まれ変わりました。そんなオメガを語る上で外せないのが、トップクラスの容量を誇るラゲッジスペースです。オメガはセダンタイプとステーションワゴンタイプの二種類の車を設定していましたが、そのワゴンタイプの積載容量は、通常の状態で540リッター、後部座席を畳めば1800リッターを確保しており、同クラスの車よりも高い積載容量を謳っていました。また、フロアにレールが埋め込まれており、重い荷物でも出し入れがしやすいといったメリットもあります。また車内空間も広くとられており、居住性の高さがセールスポイントです。

 

確かな運動性能

 

 オメガのエンジンは直列4気筒のエンジン1仕様と、V型6気筒エンジンの3仕様があります。特に、3000ccのV型エンジンでは210馬力を叩き出しており、よりパワフルでストレスのない運転が可能です。
 そして何よりも特筆すべきはその乗り心地です。一般的に、ドイツ車といえば硬めで乗り心地があまりよくないといったイメージがありますが、オメガはそれに比べると柔らかく、乗り心地がよい車です。それでいて、FR車としての運動性能ももっているので、バランスのよい乗り味がポイントです。

 

ワンランク上の上質さを求めるEセグメントの車

 

オペル・オメガのライバル車は、同じEセグメントの、同国ドイツの車たちです。例えば、BMWの5シリーズや、メルセデスベンツのミディアムクラスなど、プレミアム感のある車たちがそろっています。オメガは、こういった車たちよりも安価な価格設定をしており、手が届きやすく上質な車を手に入れることができます。また、ラゲッジスペースは他の車の追随を許さない広さをもっており、実用面でも高い車に仕上がっています。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説