人気車種買取のコツオペル(Opel)

ベクトラ

ベクトラ

ベクトラは、ドイツの自動車メーカー、オペルが製造・販売していた乗用車です。

 

いわゆる「Dセグメント」にカテゴライズされる中型車で、日本市場でも販売されました。

 

メルセデス・ベンツの「190E」、BMWの「3シリーズ」、アウディの「80」といった欧州車が競合でした。初代は1988年に登場、以降は3代目までモデルチェンジしましたが、2000年代後半に後継車種の「インシグニア」が登場することとなり、ベクトラ名義の車は生産されなくなりました。

 

ベクトラのエンジンは直列4気筒、V6、ディーゼルなどが選択できましたが、ディーゼルはいすゞ自動車のエンジンが使われていました。

 

また、親会社のゼネラル・モーターズ(GM)の戦略により、GMグループの他のブランド(シボレーやサーブ、ポンティアックなど)と共通のプラットフォームで製造されることもあり、3代目はGMのイプシロンのプラットフォームを元に製造されています。

 

そのため、ファンにとっては、個性という面では物足りない車に仕上がってしまったと言えます。

 

▼▼キャデラックの買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼
>>外車王の評判を確認してみる。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説