人気車種買取のコツオペル(Opel)

ヴィータ

日本では名前を変えて販売されていた オペル・ヴィータ

 オペル・コルサと聞くと、ピンとこない方もいると思います。なぜなら、オペル・コルサは日本ではオペル・ヴィータと名前を変えて販売されていたからです。これは、日本では「コルサ」という名前がトヨタですでに使われており、商標権を獲得していたため、日本に輸入される際に名前が変更された経緯があります。そんなヴィータの名前の由来は、イタリア語で「命」や「生活」という意味のvitaから付けられています。
2006年からオペルは日本市場から撤退しており、並行輸入での購入になります。この項目では、便宜上オペル・コルサではなくオペル・ヴィータという名前を使用していきます。

 

スタイリッシュながらも実用性も兼ねた車として

 

ワンランク上の上質な車内

 

 オペル・ヴィータは、欧州規格でいうBセグメントの車です。しかし、そのセグメントを超えた充実した装備を備えています。例えば、現代主流となっている大型のモニターパネルや、ブルートゥース、USBなどが装備されており、雨滴検知型ワイパーにクルーズコントロール、前席のシートヒーターなどの快適な運転を手助けするアイテムが備わっています。その車内はオペル車独特なもので、直線と曲線をうまく融合されたとてもスタイリッシュな仕上がりながらも、物理ボタンによる分かりやすく使いやすいスイッチ類が特徴的です。

 

ダウンサイジングターボエンジンによるパワフルな走り

 

 ヴィータには、1.0L、1.2L、1.4Lのガソリンエンジンに、1.3Lのディーゼルエンジンが設定されています。特に、1.0Lのダウンサイジングターボガソリンエンジンは、3気筒のレイアウトに、直噴ターボを組み合わせており、1.6L自然吸気エンジンに匹敵する116馬力のパワーを叩き出しています。また、3気筒エンジンで気になる振動などは、バランサーを搭載することにより不快な振動やノイズを軽減しています。

 

ライバル車は、ルノー・クリオやフォルクスワーゲン・ポロ

 

 ヴィータはBセグメントの車なので、ルノー・クリオやフォルクスワーゲン・ポロなどがライバル車として挙げられます。しかし、パワフルなエンジンに軽い車体、しっかりとした足回りが相まって、軽快な走りを見せてくれるところが、ヴィータのポイントです。街乗りがメインでも楽しい車がほしいというのであれば、ヴィータはとても良い選択になるでしょう。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説