エブリィワゴン高額買取り

エブリィワゴン高額買取のコツ

スズキ エブリワゴン

人気車種,買取り,相場

スズキエブリワゴンの開発の歴史と車名の由来

作業車としても使われるエブリィワゴンですが、名前の由来は5ナンバー登録の乗用車と4ナンバー登録の商用車がラインナップされ、商用はエブリイ、乗用はエブリイワゴン(EVERY WAGON)を名乗ります。

エブリワゴンを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

軽自動車の中で4番目に息の長い名車エブリワゴンその人気の理由

現時点で7代51年(ただしキャリイバンを除いた場合は6代33年)の歴史があり、軽自動車の中では4番目に息の長い車名です。

 

エブリイワゴンの室内長もクラストップを誇り、軽自動車のサイズ枠のなかでできるだけ室内長を稼ぐためインパネの形状を工夫したほか、ロングホイールベース化も実施。

 

これによって室内長はクラストップの2240mmとなり、後席足下の広さをたっぷり確保しています。ちなみに前席と後席の乗員間の距離は、後席のシートスライド量も増えているので従来のエブリイよりも100mm長い1080mmとなっています。

 

スーパーハイトワゴンほどではないが室内高1420mmのハイルーフ車もあり、室内幅も1355mmなので大人が乗車しても窮屈感は感じない作りとなっています。エブリイワゴンの魅力はレジャーでの使い勝手のよさだが、新型ではその魅力もブラッシュアップ。室内では多彩なアクセサリーに対応するユーティリティナットやラゲッジボードステーなどを標準装備。

 

ドアの開閉に関してもバンタイプ同様の開口部の広さに加え、リアドアではワンアクションパワースライドドアを装備(PZターボは後席左、PZターボスペシャルは後席両側)。さらに左側にはパワースライドドアの開閉と連動する電動オートステップを装備(PZターボスペシャル)しています。

 

スタイリングでは、存在感と上質感のあるフロントフード形状を採用するとともにメッキ加飾を施しました。また角度の立った前後ピラーによってボディーの大きさが表現され、加えてサイドに入る長く直線的なキャラクターラインが視覚的なボディーの長さを作り出しています。

 

ヘッドライトはディスチャージ式でテール&ブレーキランプはLED式を採用。ボディーカラーは6色用意され、うち2色は新色となっています。

 

安全面ではクラス初となる衝突被害軽減ブレーキを搭載。

 

これは約5km/h~約30km/hで走行し、なおかつ自車のレーザーレーダーが前走車を検知している場合に衝突の危険性が高まった際、自動でブレーキを作動させる装置。

 

この自動ブレーキが作動するとハザードランプも自動で点灯し、後続車に注意を促す設定になっています。さらにシフトチェンジやペダル操作のミスによる誤発進を抑制する機能も装備。走行中では、ESPと呼ばれる走行安定補助システムも採用。

 

カーブでの横滑り抑制、発進、加速時のタイヤ空転抑制などの機能も組み込まれている。ボディー構造でも軽量衝突吸収ボディー「TECT」を採用し、万が一の衝突時にも乗員保護や歩行者保護を最大限に行う構造となっています。エンジンはターボのみを設定し、スペックは最高出力47kW(64PS)、最大トルク95Nm(9.7kgm)。パワフルながら燃費性能はクラストップを実現しており、2WD(4速AT)車で16.2km/Lをマークしています。
エブリィワゴンの良さはやはりワゴンというだけあって室内がとても広いです。

 

4WDというのもあって作業車として使い勝手がとても良いと思います。

 

燃費も悪くないので日常の様々な場面で使える1台といえるでしょう。

 

 

エブリワゴンを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説