スズキスイフト高額買取り

スイフト高額買取のコツ

スズキ スイフト

swift

スズキ スイフトの車名の由来

 

街中でよく見かけるスイフトですが、「スイフト」この名前には英語で「軽快・快速」意味という意味があります。

 

このスイフトという車名は1980年代以降スズキが販売していた「カルタス」の輸出名で使われていました。なので実はこの車の歴史は意外に長く、発売されてからすでに20年以上の歴史を持つ車です。

 

スズキ スイフト 開発の歴史

初代スイフト

2000年1月24日スズキは初代スイフトを発表し、2月9日に発売開始しました。

 

この初代スイフトは当時としては珍しいクロスオーバーSUV風の小型車として登場。

 

エンジンにはVVTを採用し、65 kW(88馬力)を発生する1,300 cc、直列4気筒 DOHC 16バルブのM13A型ガソリンエンジンが搭載されていました。

 

尚、2003年6月12日には 一部改良を施し、この一部改良以降、日本において他のコンパクトカーはおろか一般的な軽自動車をも下回る最低価格「79万円」を売りに販売が行われました。

 

更にこのスイフトは2001年から参戦したJWRCのベース車両としても使われました。

 

2001年にアジアパシフィックラリー選手権の第5戦のチャイナラリーにおいては、スーパー1600カテゴリーで優勝を果たし、二輪駆動車部門でトップの総合6位という高い成績を残しました。

2代目スイフトは世界戦略車として

2004年11月1日 スズキはスイフトのフルモデルチェンジを発表。

 

二代目スイフトはスズキの世界戦略車として開発されました。

 

この二代目スイフトは先代同様低価格を維持するとともに、走行性能は初代に比べ格段に向上させることに成功しました。

 

デザインにおいても洗練され、2005年11月9日 には2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞Most Fun受賞、2005年11月15日には2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞する快挙を成し遂げました。

3代目スイフトはプラットフォームが刷新され・・正常進化

2010年8月26日にスズキはフルモデルチェンジを発表し、9月18日から三代目スイフトの販売を開始しました。

 

2代目の好評だった部分を残しつつ、プラットフォームを軽量・高剛性な新プラットフォームに刷新。

 

さらにホイールベースを40 mm拡大し、トレッドも拡大したことで直進安定性・旋回性・居住性を高めることに成功しました。

 

この三代目スイフトも2010年11月16日に2011年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

 

スイフトの中で人気のあるグレードとは?

スイフトの中でも人気を誇るのはこのスイフトスポーツです。

 

このスイフトスポーツの登場により、若者にも注目される車へと成長しました。

 

そのおかげもあってか2016年4月11日にスズキはこのスイフトが同年4月上旬の時点で世界累計販売台数500万台を達成したことを発表しました。

 

スイフトの良さはやはりとても走る割には燃費も良いところがメリットでしょう。

 

サーキットでもよく使われるマシンなのでストレスなく街中も走れる良い車だと思います。

 

 

スイフトを損なく売りたい場合は、

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 


新型スズキ スイフトスポーツ、ライバル車種比較と目標値引き額

2016年12月27日にフルモデルチェンジが行われ、2017年1月4日から販売が開始された4代目となるスズキ スイフト。
これまでもスイフトは、欧州車のようなスタイリッシュなデザインや高い走行性能で人気を誇っていましたが、4代目となり、マイルドハイブリッド、1.0Lのダウンサイジングターボエンジン、デュアルセンサーブレーキサポートを搭載するなど、さらに魅力が増しました。
中でも、HEARTECT(ハーテクト)と呼ばれる新開発のプラットフォームが採用され、剛性を維持しながら実に従来モデルから120kg(スイフトスポーツは70kg)もの軽量化を実現しました。

 

そんなスイフトのスポーツグレード、ホットハッチバック、ボーイズレーサーなどと称される、コンパクトスポーツ「スイフトスポーツ」が、2017年9月13日に発表、9月20日から販売されました。

 

新型スイフトスポーツの実力は如何に、新型スイフトスポーツの特徴やライバル車との比較、そして気になる値引き情報について、ご紹介していきます。

 

 

新型スイフトスポーツはどんな特徴がある?

 

スズキが世界戦略車として設計し、世界基準の厳しい品質管理により、内外装共に高いクオリティを誇るスイフトのスポーツモデルがスイフトスポーツです。
初代スイフトから世界ジュニアラリー選手権(ジュニアWRC)に参加していて、スイフトスポーツはジュニアWRCをイメージしてつくられています。

 

初代スイフトスポーツ(HT81S型)

2000年に発売された初代スイフトはワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用い、同社の軽自動車Keiと同じサイドオアネルやドアを使うといった、廉価な小型車ということを強調した販売が行われました。
初代スイフトスポーツは2003年6月のマイナーチェンジで登場、専用となる3ドアボディに特別にチューンナップされた1500ccのM15A型エンジンに5MTの組み合わせで、アルミ鍛造ピストンやレカロ社製のシート、15mmローダウンの専用サスペンション等を採用するスポーティモデルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代スイフトスポーツ(HT81S型)
出典:スズキ自動車

 

2代目スイフトスポーツ(ZC31S型)

世界戦略車として開発された2代目スイフトは、これまでの軽自動車のコンポーネンツを流用、拡大して開発されたスズキの小型車とは異なり、小型車専用のプラットフォームを新たに設計するなど、初代とは異なる思想で開発が行われました。さらに力強いかたまり感と質感を重視したデザインはグッドデザイン賞を受賞するなど、高い評価を受けました。

 

エンジンはM15A型から排気量を100ccアップし、1600ccのM16A型に変更され、最高出力も初代から10馬力アップして125馬力になりました。いっぽうで、新設計のプラットフォーム、高評価のデザインの代償として、車両重量が130kgも重くなり、初代に比べ軽快感は減ってしまいました。

 

なお、2代目スイフトスポーツには5MTの他に4ATもラインアップされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2代目スイフトスポーツ(ZC31S型)
出典;スズキ自動車

 

3代目スイフトスポーツ

開発時のキーワードが「More SWIFT(もっとスイフトに)」というとおり、3代目となるスイフトは、好評だったエクステリアデザインや運動性能などを2代目から継承し、プラットフォームを軽量、高剛性な新プラットフォームに刷新して、ホイールベースを40 mm拡大、トレッドも拡大することで直進安定性、旋回性、居住性を高めました。
結果、スイフトスポーツでは、車両重量が10kg軽くなり、エンジンの出力は125馬力/6800回転から136馬力/6900回転に、最大トルクは15.1kgm/4800rpmから16.3kgm/4400rpmにまでアップし、ミッションも5MTから6MTになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3代目スイフトスポーツ(ZCS72型)
出典:スズキ自動車

 

〇4代目(現行)スイフトスポーツ(ZC33S型)

2017年9月13日発表された4代目となる新型スイフトスポーツは、軽量化技術とともに走行性能を向上させた新型スイフトをベースに、日常での使いやすさを確保しながら、より高性能なホットハッチバックへと進化しました。
最大トルク230N・m(23.4kg・m)を発揮する1.4L直噴ターボのK14C型ブースタージェットエンジンや、軽量高剛性な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により70kgの軽量化を、新開発サスペンションにより高い動力性能とハンドリング性能を実現しています。
また、卓越した性能を感じさせる力強いデザインに加え、スポーティなエキゾーストサウンド、専用セミバケットシートなどでスポーツマインドを高揚させるスポーツ要素を演出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4代目スイフトスポーツ(ZC33S型)
出典:スズキ自動車

 

 

新型スイフトスポーツの特徴

 

それでは新型スイフトの特徴をみていきましょう。

 

〇低回転から高トルクを発揮する1.4L直噴ターボ「K14C型ブースタージェットエンジン」

ベースとなるスズキ「スイフト」は、1.2L直列4気筒と1.0L直列3気筒ターボですが、新型スイフトスポーツには、スイフトのラインアップにはない1.4L直列4気筒直噴ターボエンジン「K14C型ブースタージェットエンジン」が搭載されました。

 

K14C型エンジンのスペック
型式 K14C型
種類・弁機構 水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ DOHC16バルブVVT
内径×行程(mm) 73.0×81.9
総排気量(L) 1.371
圧縮比 9.9
燃料供給装置 EPI(電子制御燃料噴射装置)
最高出力(kW/rpm)ネット 103<140PS>/5,500
最大トルク(N・m/rpm)ネット 230<23.4kg・m>/2,500-3,500
燃料タンク容量(L) 37
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

 

 

 

〇新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」とワイドトレッド化

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」や軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」の採用に加え、内装部品やシートに至る細部まで最適化し、70kgの軽量化を実現し、車両重量は6MT車で970kg、6ATでも990kgと1トンを切る車重となっています。

 

また、トレッドを拡幅し直進安定性、旋回性能を向上したため、ボディサイズもスイフトと新型スイフトスポーツでは異なることになりました。
スイフトの全幅1695mmに対し、新型スイフトスポーツは1735mmと40mm広く、国内仕様スイフトスポーツとして初の3ナンバーサイズのボディとなりました。

 

また、全長は、スイフトの3840mmに対し、新型スイフトスポーツは3890mmと、新型スイフトスポーツのほうが50mm長くなっています。なお、ホイールベースは、どちらも2450mmと同じです。

 

〇エクステリア

エクステリアも新型スイフトスポーツでは、フロントバンパーとグリルが専用デザインとなっていて、LEDヘッドランプの下側が立体的な形状に仕上げられています。さらに、リアにはルーフエンドスポイラーが装着され、マフラーは2本出しとなっているなど、スイフトに比べて見た目もスポーティになっています。

 

〇安全装備

単眼カメラと赤外線レーザーの2つをセンサーに使って、車両や歩行者との衝突を検知すると警報を発し、緊急自動ブレーキを作動させる「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されています。

 

さらに、新型スイフトスポーツでは、従来の車線逸脱警報機能に加えて、「車線逸脱抑制機能」も備えられ、車線を逸脱しそうになると、パワーステアリングに車線内に戻す力を与えることで、逸脱を積極的に抑えてくれます。

 

また、セーフティパッケージ装着車には、デュアルセンサーブレーキサポートと併せてミリ波レーダーを使った「アダプティブクルーズコントロール」も備わっています。

 

 

新型スイフトスポーツをライバル車と徹底比較

 

〇スイフトスポーツとライバル達

スイフトのライバルとなるホットハッチバックには次のような車があります。

 

  • トヨタ ヴィッツGR SPORT
  • ホンダ フィットRS
  • マツダ デミオ15MB

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

スイフト

 

  スイフト ヴィッツ フィットRS デミオ
  スポーツ GR SPORT Honda SENSING 15MB
型式 CBA-ZC33S DBA-NCP131 DBA-GK5 CBA-DJLFS
全長・全幅・全高(㎜) 3890×1735×1500 3975×1695×1500 4045×1695×1525 4060×1695×1500
車両重量 970kg 1040kg 1070kg 1020kg
排気量 1371㏄ 1496cc 1496cc 2188cc
エンジン / 型式 直列4気筒DOHC 直列4気筒 DOHC 直列4気筒 DOHC 直列4気筒DOHC
  直噴ターボ      
エンジン区分 プレミアムガソリン ガソリン ガソリン ガソリン
最高出力/回転数 140ps/5500rpm 109ps/ 6000 rpm 132ps/6600rpm 116ps/6000rpm
最大トルク/回転数 23.4kgf/2500rpm 14.1kgf / 4400 rpm 15.8kgf/4600rpm 15.1kgf/4000rpm
JC08モード燃費 16.40km/L 19.60km/L 39.20km/L 19.20km/L
駆動方式 FF FF FF FF
ミッション 6MT 5MT 6MT 6MT
車両価格(税込) 1,836,000円 2,303,640円 2,050,920万円 1,560,600円

 

 

ヴィッツGR SPORT

ヴィッツGR SPORTは、GRシリーズのエントリーモデルとなるグレードです。

 

エンジンは上記で紹介した1.5Lガソリンエンジンの他に、モーターを組み合わせたハイブリッドモデルが存在します。
なお、5MTを選べるのはガソリンエンジンだけで、ハイブリッドに関しては7速のスポーツシーケンシャルシフトマチック+パドルシフトとなります。

 

エクステリアでは、通常のヴィッツに対し、フロント、サイド、リアバンパーが専用となり、ボディサイドにGRのエンブレムや専用デザインのホイールが装着されます。

 

インテリアもカーボン調のシートを採用するなどスポーツモデルらしい雰囲気を作っています。

 

GR SPORTは、オリジナルのヴィッツに対し、単にエアロパーツやインテリアパーツが変更されるだけでなく、次のように足回りにも独自のカスタマイズが施されます。

 

  • ロッカーフランジスポット溶接打点追加
  • フロントスポイラー
  • ロッカーフィン
  • リヤホイールハウス前スパッツ

 

さらに、サスペンションはスポーツ専用のものが採用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:トヨタ自動車

 

なお、トヨタが展開するGRシリーズは次のように分類されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GRMNは究極のスポーツモデル
GRは本格スポーツモデル
GR SPORTはエントリースポーツモデル
GR PARTSは気軽に楽しめるアフターパーツ(パーツのみ)
現在、ヴィッツには「GR」と「GR SPORT」が存在します。
ヴィッツ GR SPORTはGRほど、本格的な走りを追求したモデルではなく、ファミリーユースでも十分に使用できる特性を持っています。

 

フィットRS

フィットRSのパワートレーンは同じガソリン仕様の15XLと同じです。
また、サスペンションを含む足回りも特別なチューニングが行われているわけではありません。
15XLとRSの違いは、

 

エアロパーツでドレスアップされたエクステリア

 

ブラック色のアクリルの専用フロントグリルによる、個性溢れるフロントフェイススポーティさを強調した低重心なサイドガーニッシュ専用16インチアルミホイール
大型テールゲートスポイラーを装備し、ノーマルのフィットと差別化を図っています。

 

専用のインテリア装飾や本皮巻きのステアリングホイール、躍動感あふれる専用シート

 

CVTでなく6MTによる車を操る楽しみ

 

などが挙げられます。

 

このようにフィットRSは、エンジンや足回りに特別なチューニングが施されたスポーツモデルではなく、見た目の雰囲気、マニュアルミッションによる走りが楽しめるといった点を除けば、ノーマルのフィットと大きな違いはないモデルと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:本田技研工業

 

デミオ15MB

デミオ15MBは、ヴィッツGR SPORT、フィットRSやスイフトスポーツともコンセプトが異なり、ジムカーナやダートトライアル、場合によってはサーキット走行を行う競技車両のベース車両という位置付の車です。

 

競技に供される場合に、交換されるであろうパーツや必要のない装備を極力排していますが、一部の競技ベース車両のようにエアコンまで付いていないといったことはなく、マニュアル式のエアコンやAM/FMラジオが付くなど、街乗りを行う上で最低限の装備が用意されています。

 

15MBはこれまでのデミオになかった1.5L NAガソリンエンジンに6速MTが組み合わされ、4-2-1排気システムを採用し、スムーズな排気の流れを実現しています。

 

大径ブレーキは標準装備され、ユーティリティパッケージでは185/60R16タイヤとアルミホイールを装着されています。

 

駆動方式はFFのみで、ミッションは6速MTのみ設定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:マツダ自動車

 

ライバル車との比較 まとめ

一見、同じようなコンセプトに見える4車ですが、それぞれに特徴があります。

 

オリジナルの良さを残しつつ、スポーティな雰囲気を楽しみたいのであればフィットRSがおすすめです。

 

ヴィッツGR SPORTに採用されるドイツZF(ザックス)製のダンパーはとても評価が高く、ノーマルのヴィッツとは一線を画しますが、スイフトスポーツに採用されたダンパー、テネコ社のモンローも同じくらい高い評価を得ています。

 

スイフトスポーツは他のライバル車と比較し、エンジン出力が勝っていて、くわえて1.0トンを切る車両重量により、パワーウェイトレシオでは他社の追随を許しません。

 

純粋に公道を走行するスポーツマインドを持ったホットハッチバックとしてみた場合、スイフトスポーツ>ヴィッツGR SPORT>フィットRSとなるでしょう。

 

デミオ15MBは競技車両のベース車両といった意味合いも兼ね、よりマニアックな車両と言えます。

 

 

スイフトスポーツの目標値引き額はどれぐらい可能?

 

新型となってスイフトスポーツの値引きは引き締められがちです。
では、実際のところどの程度の値引きとなっているのでしょうか。大手口コミサイト「価格.com」による最新の値引き情報をチェックしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:価格.com

 

上記のとおり、車両本体から平均で13万円程度、オプション品から平均して6.5万円程度の値引きが報告されています。
新型スイフトの値引きは、オプションからの値引きを含めて15万を超えれば、現状では合格と考えて良いでしょう。

 

 

まとめ

 

往年の名車が復活を遂げ、新しいスポーツカーが登場するようになりました。しかしながら、これら車の多くは最新の装備を備え、より高価でより高性能な車へと進化していきます。
そのような中、スイフトスポーツはそこそこのパワーを、軽量化されたボディでよりスポーティに仕上げた、身の丈に合ったスポーツカーとして登場しました。
トヨタのAE86がなぜ、あれほどの高評価を得たのか、その答えがわかればきっとスイフトスポーツの良さもわかるでしょう。

 

 

今の車をを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説