スズキスイフト高額買取り

スイフト高額買取のコツ

スズキ スイフト

swift

スズキ スイフトの車名の由来

 

街中でよく見かけるスイフトですが、「スイフト」この名前には英語で「軽快・快速」意味という意味があります。

 

このスイフトという車名は1980年代以降スズキが販売していた「カルタス」の輸出名で使われていました。なので実はこの車の歴史は意外に長く、発売されてからすでに20年以上の歴史を持つ車です。

 

スズキ スイフト 開発の歴史

初代スイフト

2000年1月24日スズキは初代スイフトを発表し、2月9日に発売開始しました。

 

この初代スイフトは当時としては珍しいクロスオーバーSUV風の小型車として登場。

 

エンジンにはVVTを採用し、65 kW(88馬力)を発生する1,300 cc、直列4気筒 DOHC 16バルブのM13A型ガソリンエンジンが搭載されていました。

 

尚、2003年6月12日には 一部改良を施し、この一部改良以降、日本において他のコンパクトカーはおろか一般的な軽自動車をも下回る最低価格「79万円」を売りに販売が行われました。

 

更にこのスイフトは2001年から参戦したJWRCのベース車両としても使われました。

 

2001年にアジアパシフィックラリー選手権の第5戦のチャイナラリーにおいては、スーパー1600カテゴリーで優勝を果たし、二輪駆動車部門でトップの総合6位という高い成績を残しました。

2代目スイフトは世界戦略車として

2004年11月1日 スズキはスイフトのフルモデルチェンジを発表。

 

二代目スイフトはスズキの世界戦略車として開発されました。

 

この二代目スイフトは先代同様低価格を維持するとともに、走行性能は初代に比べ格段に向上させることに成功しました。

 

デザインにおいても洗練され、2005年11月9日 には2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞Most Fun受賞、2005年11月15日には2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞する快挙を成し遂げました。

3代目スイフトはプラットフォームが刷新され・・正常進化

2010年8月26日にスズキはフルモデルチェンジを発表し、9月18日から三代目スイフトの販売を開始しました。

 

2代目の好評だった部分を残しつつ、プラットフォームを軽量・高剛性な新プラットフォームに刷新。

 

さらにホイールベースを40 mm拡大し、トレッドも拡大したことで直進安定性・旋回性・居住性を高めることに成功しました。

 

この三代目スイフトも2010年11月16日に2011年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

 

スイフトの中で人気のあるグレードとは?

スイフトの中でも人気を誇るのはこのスイフトスポーツです。

 

このスイフトスポーツの登場により、若者にも注目される車へと成長しました。

 

そのおかげもあってか2016年4月11日にスズキはこのスイフトが同年4月上旬の時点で世界累計販売台数500万台を達成したことを発表しました。

 

スイフトの良さはやはりとても走る割には燃費も良いところがメリットでしょう。

 

サーキットでもよく使われるマシンなのでストレスなく街中も走れる良い車だと思います。

 

 

スイフトを損なく売りたい場合は、

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説