スバル車買取り

スバル(SUBARU)

スバル

スバル

Stefano Ember / Shutterstock.com

 

スバルの特徴

富士重工業は日本の重工業メーカーです。
通称「富士重工」、「富士重」と呼ばれていますが、自動車のブランドである「スバル」と呼ばれる事も多々あります。
2017年4月1日に、商号を「株式会社SUBARU」に変更する予定です。

 

2015年度の国内販売台数は、トヨタ自動車、本田技研工業、スズキ、日産自動車、ダイハツ、マツダに次ぐ第7位です。
また、世界販売台数は10位以内には入っておらず、コンパクトなメーカーであると言う事ができます。

 

スバルの歴史

スバルは、軽乗用車「スバル・360」と、その派生型である軽商用車「スバル・サンバー」が大きな成功を収めた事で、以降「スバル」ブランドの自動車メーカーとしての地位を確立した事が名前の由来となっています。

 

1917年: 民営の飛行機研究所である「中島飛行機」を前身とする
1945年:太平洋戦争終戦後、GHQにより財閥解体の対象となった中島飛行機が
    富士産業と改称
1953年:富士重工業を設立
1958年:軽乗用車「スバル・360」発売
1961年:軽商用車「スバル・サンバー」発売
1970年代:本格的なアメリカ市場への進出を開始。販売台数を飛躍的に伸ばす
事に成功
1985年:プラザ合意以降の急激な円高とアメリカ市場との「共生」が求められ
るようになった時代背景の中で、北米市場で深刻的な販売不振に直面
1987年:いすゞ自動車との共同出資で、スバル・いすゞ・オートモーティブを
    設立
1989年:300億円もの営業赤字を抱え、深刻な経営危機が報じられるが、レガシ
    ィの発売以来、国内市場、北米市場での販売を順調に回復
2000年:日産自動車が経営不振に陥り、経営再建の一環として日産自動車が保
    有していた富士重工業株をGMに全て売却される

2005年:GMの業績悪化により、GMが保有する全ての富士重工株20%を放出
    放出株のうち8.7%をトヨタ自動車が買い取り、筆頭株主となる
2008年:自社で軽自動車を開発・生産しない方針を発表
2013年:ロボット開発で国から補助金を不正受給していた事が判明し、経済産
業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構から計8億250万円の返
還処分及び補助金交付停止の処分を受ける
2016年:2017年4月1日付で社名を「富士重工業」から「株式会社SUBARU」に
    変更する事を臨時取締役会で決議

 

スバルで人気の車種とその理由

スバルで人気の車種はインプレッサです。
スバルインプレッサの人気の秘密は「抜群の安定性」です。「左右対称の前輪駆動」により、重心が走行時に左右どちらかに傾く事が無い為、安定した走行を実現できています。
また、ステレオカメラで前方を監視し、自動でブレーキやクルーズコントロール等を制御する「サイサイト」というシステムが搭載されている為、不注意による事故を未然に防ぐ事ができるという安全性も魅力です。
更にスバルでしか味わう事ができない水平対抗4気筒エンジンが生み出す低振動・低重心な走りも人気の1つです。
インプレッサは抜群な安定感と、安全機能、走りやすさが人気の理由だと言う事ができます。

 

スバルが得意とする技術

スバルは、水平対向エンジンの技術を得意としています。日本ではスバル、海外ではポルシェが「水平対向エンジン」を採用しており、独自の進化を続けています。
水平対抗エンジンにする事で、振動が少なく、低重心を実現する事ができる為スバルの自動車は走破性や走行性能に優れています。

 

スバルの良い点・悪い点

スバルの良い点は、日本ではスバル、海外ではポルシェしか採用していない水平対向エンジンの技術を持っている事です。この技術を含めたスバルの車をこよなく愛する人々がスバリストと呼ばれるなどして、一定のファンを獲得する事に成功しています。
また、日本国内の自動車メーカーの中では小さい規模であるにも関わらず、利益率はトップを誇っています。トヨタ自動車ですらスバルの営業利益率には届いていません。
その一方で、スバルはどこのグループにも属していないです。近年では、トヨタグループ、フォルクスワーゲングループ、ルノー・日産アライアンスというように世界ランキングを連ねる自動車メーカーはどこもグループ化されています。そんな中、スバルはトヨタ自動車と提携はしている物のトヨタグループに属している訳ではありません。今後、この立ち位置が開発の遅れなどに繋がらないか心配です。

 

 

スバルの車をを損なく売りたい場合は、

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 


スバル(SUBARU)記事一覧

レガシー(LEGACY)高額買取のコツ

スバルレガシーの名前の由来と開発履歴汎用性の高いレガシィですが、名前の由来は「LEGACY(レガシィ)」とは、英語で大いなる伝承物と言う意味です。その名の通り、水平対向エンジン、乗用4WDシステム等、スバルの伝統的な技術を受け継ぎながら、それを新世代に向けて熟成して洗練し続けるという意味を込めたネー...

≫続きを読む

 

フォレスター(FORESTER)高額買取のコツ

フォレスターの開発履歴と車名の由来存在感溢れるワイドボディのフォレスターですが、名前の由来は英語の「森をはぐくむ者」に由来します。初代フォレスターは高さが低いデザインで登場初代フォレスターは全高1580mmと、従来のSUVに比べ低いデザインになっています。エンジンは2.0Lと2.0Lターボが用意され...

≫続きを読む

 

BRZ

スバルBRZとはBRZは、日本の車メーカーであるスバルが製造、販売しているスポーツカーです。この車は、小型で軽量、そして低重心を目標に開発されました。名前の由来はB 水平対向(ボクサー)エンジン(Boxer Engine)、R後輪駆動車(Rear wheel drive)、Z 究極(Zenith)の...

≫続きを読む

 

インプレッサ

スバルインプレッサとはどんな車?インプレッサは、日本の車メーカーであるスバルが製造、販売している車で「インプ」の愛称で知られています。名前の由来は、紋章や金言などの意味をもつ「impresa」からの造語と言われており、その他にも新鮮な印象(Impression)を与えたいという思いも込められています...

≫続きを読む

 

エクシーガ

スバルインプレッサとはどんな車?エクシーガは、スバルが製造、販売している車です。エクシーガの名前の由来は、エキサイティング(EXCITING:興奮させるや熱狂させる)とアクティブ(ACTIVE:活動的な)を掛け合わせた造語です。元々は、スバルが手掛けるミニバンとして誕生しましたが、現在はSUVスタイ...

≫続きを読む

 

ジャスティ(JUSTY)

スバルジャスティ(JUSTY)とはどんな車?ジャスティ(JUSTY)は、国産の自動車メーカーであるスバルが販売しているコンパクトカーです。名前の由来は、英語の「just」を強調している造語です。 現行のジャスティは、スバルで開発されたものではなく、トヨタとダイハツそしてプジョーシトロエンが共同で開発...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説