スバル車買取り

インプレッサ

インプレッサ

スバルインプレッサとはどんな車?

インプレッサは、日本の車メーカーであるスバルが製造、販売している車で「インプ」の愛称で知られています。

 

名前の由来は、紋章や金言などの意味をもつ「impresa」からの造語と言われており、その他にも新鮮な印象(Impression)を与えたいという思いも込められています。

 

現在販売されているインプレッサは、近年稀に見るエッジの効いたデザインが特徴的です。

 

また、内装のグレードアップも図られており、落ち着いたモダンなインテリアに仕上がっています。ボディサイズは先代インプレッサと同じですが、ホイールベースを拡大させた分、後部座席の足元などの車内空間の快適性を上げることにも力の入れた一台です。

 

現在のインプレッサのラインナップは、セダンタイプの「G4」とハッチバックタイプの「スポーツ」の二種類に、それぞれ排気量1.6Lのモデルと2.0Lのモデルで展開しています。現行インプレッサの最大の特徴は、スバルグローバルプラットフォームと呼ばれる新しいプラットフォームを採用した第一弾の車であることです。

 

これは後にレガシィやレヴォーグなどのスバル社の主要な車に搭載する予定であると明言されているもので、これによって高い走行性能と安全性を確保しており、輸入車とも勝負のできる一台となっています。

スバルインプレッサ 開発秘話

元々インプレッサは、レガシィの下位モデルとして開発された車です。

 

それもあって、レガシィのシャシーをベースとして開発されました。また当時、スバルではレガシィRSでWRC(世界ラリー選手権)に出場していました。レガシィRSで初優勝を遂げたあと、スバルは後継ぎにインプレッサを投入しました。

 

この時から、インプレッサの高性能モデルにはWRXという名前がつけられるようになり、多くの自動車好きからはインプレッサ=WRXというイメージがつくようになりました。

スバルインプレッサの競合車とは?その比較

このインプレッサはCセグメントと呼ばれる非常に競争の激しい位置づけに立っている車です。

 

このクラスの有名な車を上げますと、フォルクスワーゲンゴルフやボルボV40など。

 

日本では、マツダアクセラとトヨタオーリスなどがこのクラスに当てはまります。これらの車よりもインプレッサの優れている点は、やはりこのクラスでは唯一無二の水平対向エンジンを積んでいることでしょう。

 

このエンジンを投入することによって、他の車よりも低重心な車に仕上がっており、コーナーを曲がる際の挙動が非常に安定しています。

 

また、水平対向エンジンはその特性上、非常に振動が少ないエンジンです。これは、停止時によくわかりますが、ほとんど振動がせず、静粛性も非常に高いです。

 

また上記しましたが、スバルグローバルプラットフォームを採用したことにより、滑らかな走り心地でワンランク上の車のような感覚を与えてくれる一台となっています。

 

 

 

インプレッサを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説