スバル車買取り

エクシーガ

エクシーガ

スバルインプレッサとはどんな車?

 

エクシーガは、スバルが製造、販売している車です。

 

エクシーガの名前の由来は、エキサイティング(EXCITING:興奮させるや熱狂させる)とアクティブ(ACTIVE:活動的な)を掛け合わせた造語です。

 

元々は、スバルが手掛けるミニバンとして誕生しましたが、現在はSUVスタイルのクロスオーバー7が販売されています。

 

この車の特徴は、SUV車としては珍しい7人乗りの車であることです。

 

通常、SUV車は5人乗りでラゲッジスペースが広めに取られていることが多いですが、この車は最後部に二人が乗れる座席がついています。

 

もちろん、最後部の座席はフルフラットに畳むことが可能で、その場合は5人乗りのSUVと同等のスペースを確保することができます。そして何よりも7人同乗しても広々としたスペースが確保されており、シアターシートレイアウトという、後部に行くにつれて座席位置が高くなっています。

 

これにより、どの席に座っても視界を邪魔することなく、開放感を感じることができます。

 

スバルは、エクシーガ以前にもドミンゴとトラヴィックという7人乗りの車を販売していました。

 

しかし、ドミンゴはサンバーの拡大版で、トラヴィックはオペル車のOEMでした。なので、このエクシーガが新しい設計で組み上げられた7人乗りミニバンの始まりと言えます。

 

この車もスバルらしく、初代からずっと水平対向エンジン+AWDというスタイルを崩してはいません。

スバル エクシーガの競合車とは?その比較

クロスオーバー7は、同社のフォレスターという車とSUVである点で似ていますが、乗員数が増えていることにより少々大柄になっています。

 

それでも、他社のSUV車より全幅は抑えられており、日本の道路事情に合わせた一台と言えるでしょう。

 

現在、7人乗りSUV国産車は、トヨタではランドクルーザーシリーズ、日産ではエクストレイル、三菱ではアウトランダーやパジェロといった車が売られています。ただ、ランドクルーザーの場合、価格の面で競合車とは言えません。

 

パジェロの場合も、ランドクルーザーほどではないにしろ、やはり高額です。実質的なライバル車としては、日産のエクストレイルと三菱のアウトランダーが上げられます。

 

この二つの車よりエクシーガクロスオーバー7は、馬力が一番高い車です。

 

やはり、SUV車はどうしても車体が重くなるため、ある程度の馬力があったほうが長距離を運転するときに疲労が溜まりにくいです。また、車内空間もこの二台に比べると広めにとられています。

 

ここは、スバルの名車の一つであるレガシィツーリングワゴンで培われたDNAが引き継がれていると言えるでしょう。また、衝突安全装備であるアイサイトを装着していることも重要なポイントです。

 

 

エクシーガを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説