フォレスター買取り

フォレスター(FORESTER)高額買取のコツ

スバル|フォレスター(FORESTER)

スバル,フォレスター,買取り,相場

フォレスターの開発履歴と車名の由来

存在感溢れるワイドボディのフォレスターですが、名前の由来は英語の「森をはぐくむ者」に由来します。

 

初代フォレスターは高さが低いデザインで登場

初代フォレスターは全高1580mmと、従来のSUVに比べ低いデザインになっています。

 

エンジンは2.0Lと2.0Lターボが用意されており、水平対向4気筒エンジンを搭載。通称「BOXER(ボクサー)」と呼ばれ、直列エンジンを縦置きにすることで低重心になっています。

 

さらに、トランスミッションなどの重量物をホイールベース内に左右対称にレイアウトしたスバル独自のシンメトリーAWDを採用しています。

 

1988年2.5ℓエンジン車を追加してマイナーチェンジ

1998年8月に一部改良されエンジンを「BOXER PHASEⅡ」に改良し走りの性能を向上させました。

 

また、2.5L車を追加しています。2000年1月のマイナーチェンジでは、足回りを中心に改良をおこない、外観はフロントグリルのデザイン変更などで、より力強いデザインとなりました。

 

2代目フォレスターはオンロードもオフロードも

「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、開発された2代目フォレスターはオンロードのコーナリング性能や、ターボによるダイナミックな動力性能など初代のコンセプトは引き継がれているが、初代と比べて10~30kg軽量化しており、街乗りでの扱いやすさが向上しました。

 

また、「良-低排出ガス車」の認定を取得。初代で設定されていた2.5L車は廃止となり2代目フォレスターは2.0Lと2.0Lターボのみとなっています。

 

2004年2月の一部改良では、インテリアカラーが変更され、スライド式リヤシートリクライニングなどが新たに採用されました。

 

2005年1月には大幅なマイナーチェンジが行われ、シャシー剛性の強化やサスペンション特性の見直し、外観の変更、インテリアでは撥水内装やマルチセンターコンソールを採用するなどの改良がされました。

 

また、NA車は燃焼効率を改善し「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」を取得。全車に大容量マフラーが装着され、出力向上と排気音の低減につながりました。

 

2006年2月、発売から約9年3ヶ月で累計生産台数が100万台を突破しました。2007年1月に行われた一部改良では、フロントドアトリムの形状の変更や、ドアポケット部にドリンクホルダーが追加されています。

3代目フォレスターはパッケージングが一新され登場

フォレスターは低全高のSUVが特徴だったが3代目フォレスターはパッケージングを一新しスーツの似合うモダンなSUVをコンセプトに、都会的でモダンなデザインを採用し、ボディサイズは一回り拡大させました。

 

これによって室内にゆったりとした居住空間が生まれました。

 

エンジンは従来と変わらず水平対向エンジンを搭載し、左右対称のシンメトリーAWDを採用しています。

 

環境性能も向上され、NA車は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を、ターボ車は「平成17年基準排出ガス50%低減レベルを取得し、「2.0XS」は「平成22年度燃費基準+20%」を達成しました。

 

また、NA車、AT車にはメーターパネル内にランプを点灯することで低燃費運転を促進するInfo-ECOモード機能を搭載しました。2009年1月の一部改良ではサイドエアバック、カーテンエアバックを「2.0X」を除く全グレードに標準装備。また、全グレードにリヤフォグランプを標準装備し安全性を向上させました。

 

2010年10月にはマイナーチェンジが行われ、内外装のデザイン変更や装備を充実させたほか、2.0L NA車に新世代BOXER(ボクサー)エンジン、「FB20型」を搭載したことにより、基本性能の高効率化がなされ、スムーズな加速性能と燃費性能を両立させました。

4代目フォレスターにはアイサイトが搭載され登場

4代目は先進の“ぶつからない”テクノロジー、「EyeSight(アイサイト)」が搭載されたフォレスターです。

 

この装備に象徴されるように、電子デバイスの発達により、出力や操作性、安全性をさらに進化させたのが、このモデルの特徴です。それまで着実に続けてきた環境対応と合わせ、地球にやさしく、しかも力強い走りの、次世代のモデルに進化したといえます。

 

レガシィやインプレッサなどに先行して搭載され、人気を呼んだ運転支援システムアイサイトを標準装備したグレードを設定しました。

 

さらに、2015年のマイナーチェンジにより、従来の自動ブレーキ機能に加えアクティブレーンキープ(車線逸脱抑制制御)や全車速追従機能付クルーズコントロールの性能を向上した「EyeSight(ver.3)」を搭載しています。

 

アイサイトのほかにも電子デバイスによる運転支援として、死角検知機能・車線変更支援・後退時支援による後側方警戒支援機能「スバルリヤビークルディテクション」を実現。

 

アイサイトのステレオカメラにより対向車や先行車を検知し、ハイビーム照射範囲を無段階で調整する「アダプティブドライビングビーム」などもオプションとして用意しています。

 

また、ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション(オプション)にはApple社の音声認識ソフトSiri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free」を採用するなど、流行のスマートフォン対応も進められています。

 

ターボ車「2.0XT」にはレガシィに搭載されている「新世代BOXER直噴ターボ"DIT"」エンジンFA20型を280psにチューニングして搭載しています。

 

ノンターボ車はSH系から採用されたFB20型を継続採用していますが、トランスミッションを5速から6速とし、気持ちの良い走りとさらに適切なギア選択による燃費の最適化を進めています。

 

またこの6速MTは、ショートストローク化され、操作性も向上しています。

 

2017年頃にはフルモデルチェンジも噂されていますのでフォレスターの良いところであるパワーと4WDの良さがさらに活かされたモデルになってくれるとなお走ってて楽しい車になるでしょう。

 

 

フォレスターをを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説