フォレスター買取り

フォレスター(FORESTER)高額買取のコツ

スバル|フォレスター(FORESTER)

スバル,フォレスター,買取り,相場

フォレスターの開発履歴と車名の由来

存在感溢れるワイドボディのフォレスターですが、名前の由来は英語の「森をはぐくむ者」に由来します。

 

初代フォレスターは高さが低いデザインで登場

初代フォレスターは全高1580mmと、従来のSUVに比べ低いデザインになっています。

 

エンジンは2.0Lと2.0Lターボが用意されており、水平対向4気筒エンジンを搭載。通称「BOXER(ボクサー)」と呼ばれ、直列エンジンを縦置きにすることで低重心になっています。

 

さらに、トランスミッションなどの重量物をホイールベース内に左右対称にレイアウトしたスバル独自のシンメトリーAWDを採用しています。

 

1988年2.5ℓエンジン車を追加してマイナーチェンジ

1998年8月に一部改良されエンジンを「BOXER PHASEⅡ」に改良し走りの性能を向上させました。

 

また、2.5L車を追加しています。2000年1月のマイナーチェンジでは、足回りを中心に改良をおこない、外観はフロントグリルのデザイン変更などで、より力強いデザインとなりました。

 

2代目フォレスターはオンロードもオフロードも

「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、開発された2代目フォレスターはオンロードのコーナリング性能や、ターボによるダイナミックな動力性能など初代のコンセプトは引き継がれているが、初代と比べて10~30kg軽量化しており、街乗りでの扱いやすさが向上しました。

 

また、「良-低排出ガス車」の認定を取得。初代で設定されていた2.5L車は廃止となり2代目フォレスターは2.0Lと2.0Lターボのみとなっています。

 

2004年2月の一部改良では、インテリアカラーが変更され、スライド式リヤシートリクライニングなどが新たに採用されました。

 

2005年1月には大幅なマイナーチェンジが行われ、シャシー剛性の強化やサスペンション特性の見直し、外観の変更、インテリアでは撥水内装やマルチセンターコンソールを採用するなどの改良がされました。

 

また、NA車は燃焼効率を改善し「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」を取得。全車に大容量マフラーが装着され、出力向上と排気音の低減につながりました。

 

2006年2月、発売から約9年3ヶ月で累計生産台数が100万台を突破しました。2007年1月に行われた一部改良では、フロントドアトリムの形状の変更や、ドアポケット部にドリンクホルダーが追加されています。

3代目フォレスターはパッケージングが一新され登場

フォレスターは低全高のSUVが特徴だったが3代目フォレスターはパッケージングを一新しスーツの似合うモダンなSUVをコンセプトに、都会的でモダンなデザインを採用し、ボディサイズは一回り拡大させました。

 

これによって室内にゆったりとした居住空間が生まれました。

 

エンジンは従来と変わらず水平対向エンジンを搭載し、左右対称のシンメトリーAWDを採用しています。

 

環境性能も向上され、NA車は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を、ターボ車は「平成17年基準排出ガス50%低減レベルを取得し、「2.0XS」は「平成22年度燃費基準+20%」を達成しました。

 

また、NA車、AT車にはメーターパネル内にランプを点灯することで低燃費運転を促進するInfo-ECOモード機能を搭載しました。2009年1月の一部改良ではサイドエアバック、カーテンエアバックを「2.0X」を除く全グレードに標準装備。また、全グレードにリヤフォグランプを標準装備し安全性を向上させました。

 

2010年10月にはマイナーチェンジが行われ、内外装のデザイン変更や装備を充実させたほか、2.0L NA車に新世代BOXER(ボクサー)エンジン、「FB20型」を搭載したことにより、基本性能の高効率化がなされ、スムーズな加速性能と燃費性能を両立させました。

4代目フォレスターにはアイサイトが搭載され登場

4代目は先進の“ぶつからない”テクノロジー、「EyeSight(アイサイト)」が搭載されたフォレスターです。

 

この装備に象徴されるように、電子デバイスの発達により、出力や操作性、安全性をさらに進化させたのが、このモデルの特徴です。それまで着実に続けてきた環境対応と合わせ、地球にやさしく、しかも力強い走りの、次世代のモデルに進化したといえます。

 

レガシィやインプレッサなどに先行して搭載され、人気を呼んだ運転支援システムアイサイトを標準装備したグレードを設定しました。

 

さらに、2015年のマイナーチェンジにより、従来の自動ブレーキ機能に加えアクティブレーンキープ(車線逸脱抑制制御)や全車速追従機能付クルーズコントロールの性能を向上した「EyeSight(ver.3)」を搭載しています。

 

アイサイトのほかにも電子デバイスによる運転支援として、死角検知機能・車線変更支援・後退時支援による後側方警戒支援機能「スバルリヤビークルディテクション」を実現。

 

アイサイトのステレオカメラにより対向車や先行車を検知し、ハイビーム照射範囲を無段階で調整する「アダプティブドライビングビーム」などもオプションとして用意しています。

 

また、ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション(オプション)にはApple社の音声認識ソフトSiri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free」を採用するなど、流行のスマートフォン対応も進められています。

 

ターボ車「2.0XT」にはレガシィに搭載されている「新世代BOXER直噴ターボ"DIT"」エンジンFA20型を280psにチューニングして搭載しています。

 

ノンターボ車はSH系から採用されたFB20型を継続採用していますが、トランスミッションを5速から6速とし、気持ちの良い走りとさらに適切なギア選択による燃費の最適化を進めています。

 

またこの6速MTは、ショートストローク化され、操作性も向上しています。

 

2017年頃にはフルモデルチェンジも噂されていますのでフォレスターの良いところであるパワーと4WDの良さがさらに活かされたモデルになってくれるとなお走ってて楽しい車になるでしょう。

 

 

フォレスターをを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


新型スバル フォレスター、ライバル車種比較と目標値引き額

レガシィやインプレッサなどの走りに強い車を作るメーカーとのイメージを持ち、2016年には、アメリカの消費者団体専門誌の「コンシューマー・リポート」による「自動車ブランド番付」において、全体で2位に、日本の自動車メーカーではレクサスを抑えて1位となるなど、人気の高いメーカー スバルが中型SUV フォレスターが2018年にフルモデルチェンジをおこなうようです。

 

一部情報では、新型フォレスターはPHV(plug-in hybrid vehicle / プラグインハイブリッドカー)も登場すると言われています。

 

はたして、新型フォレスターはどのように進化するのか、新型フォレスターについて予想するとともに、ライバル車種と比較、モデルチェンジ後の目標値引き額について、みていきたいと思います。

 

 

新型フォレスターはどんな特徴がある?

 

フォレスターとは

 

フォレスターは、国内はもちろん、北米では人気が衰えるどころか、モデル末期に近づいてなお販売台数が増加している人気車です。

 

フォレスターとは「森をはぐくむ人」という意味で、その名のとおり全天候型、オフロードでもしっかりとした走行を可能とします。

 

また、高速道路からオフロードまであらゆる走行状況に対応しているのも魅力で、車高を下げて舗装道での安定性を高めたクロススポーツシリーズやスポーツ走行向けのSTIバージョンなども設定され、オフロードからオンロードまであらゆる場面でしっかりとした走行を感じさせてくれます。

 

インプレッサとプラットフォームを共有し、モノコック構造を持つミドルサイズのクロスオーバーSUVで、全グレードで、スバルのアイデンティティといえる縦置き水平対向エンジンと四輪駆動を組み合わせる「シンメトリカルAWD」が採用されています。

 

1997年に初代フォレスターが登場してから、2012年に4代目となる現行型が登場、2018年に登場が予想される新型フォレスターは5代目になります。

 

現行(4代目)フォレスター

 

 

出典:スバル 公式HP

 

 

新型フォレスターの特徴

 

それでは新型フォレスターの特徴をみていきましょう。

 

VIZIV FUTURE CONCEPT

新型フォレスターのデザインは、2015年東京モーターショーに出展されたVIZIV FUTURE CONCEPT がベースと言われています。
VIZIVシリーズは、スバルの未来技術&未来デザイン展示場のような位置づけで、VIZIV FUTURE CONCEPTはフューチャーと題し、将来のスバルのSUVを示唆するモデルでした。

 

スライド式のドアや自動運転の機能など、あくまでもショーカーのコンセプトモデルらしい派手な演出や未来の技術は別にして、外装デザインの基本的な傾向は、新型フォレスターに近いものと言われています。

 

SUVの力強さを感じさせる大きく突き出したフロントノーズ、フロントグリルを高い位置に配置しながらも、バンパー部分を大きくし、エッジの利いたデザインにすることで重心を低く見せ、安定したデザインは、新型フォレスターに継承されると思われます。

 

2015年東京モーターショーに出展されたVIZIV FUTURE CONCEPT

 

出典:SUBARU GLOBAL MEDIA

 

2015年東京モーターショーに出展されたVIZIV FUTURE CONCEPT


出典:SUBARU GLOBAL MEDIA

 

 

2015年東京モーターショーに出展されたVIZIV FUTURE CONCEPT


出典:SUBARU GLOBAL MEDIA

 

新世代のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)を初採用

 

2016年にフルモデルチェンジされたインプレッサに採用された新世代のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)が新型フォレスターにも採用されるようです。

 

スバルグローバルプラットフォームは、走りの質感向上と安全性の更なるレベルアップという2つの重要な要素を飛躍的に高めた新設計のプラットフォームです。

 

なお、いち早くSGPが採用されたインプレッサスポーツでは、旧型に比べ新型は全長で+40mm、全幅で+35mm、ホイールベースで+25mmと、微妙に拡大しています。
新型フォレスターも同様、大幅なボディサイズ拡大は行われず、全長4.6m程度、全幅1.8m前後、ホイールベース2.7m前後と現行型に近いサイズ内に収まるものと思われます。

 

パワートレイン PHVの搭載も!

新型フォレスターのエンジンは、レヴォーグに搭載されている1.6L水平対向のダウンサイジング直噴ターボエンジン(DTI 1.6)と、2.0L水平対向ツインスクロールの直噴ターボエンジン(DTI 2.0)が使われと予想されています。

 

また、DTI 1.6エンジンにプリウスPHVで使用されているモーターを組み合わせたPHVも準備されていると言われています。
プリウスPHVはEV走行で68.2kmを、ハイブリッド走行では37.2km/Lの燃費(JC08モード)です。
フォレスターがこれに近い燃費を実現できれば、同じミドルクラスのSUV 、トヨタ ハリアー ハイブリッドの燃費 21.4km/L(JC08モード)を凌ぐことになります。

 

先進安全運転支援機能 アイサイト・ツーリングアシスト

全車速追従機能付きクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンキープ機能、誤発進抑制機能、歩行者対応自動ブレーキなどをステレオカメラのみで実現するシステム、アイサイトは現在Ver.3まで進化しています。

 

さらに、2017年にマイナーチェンジをおこなったレヴォーグ、WRX S4に、全車速でハンドル、アクセル、ブレーキを複合的に自動制御するアイサイト・ツーリングアシストが搭載されています。

 

おさらいになりますが、ツーリングアシストは
0km/h~100km/hだったオート・クルーズ・コントロール(ACC)の動作範囲を0km/h~120km/hに拡大しています。
さらに、これまではACCを使って60km/h以上で走行しているときに、車線内中央付近を走るようにハンドルを制御したり、車線を逸脱する可能性があるときにステアリング操作をアシストするだけだったステアリング制御機能を

 

  1. 高速巡行時に車線を認識して、ステアリング操作をアシストし、車線内の中央付近維持と、車線逸脱抑制をし、
  2. 渋滞など(時速40km/h以下)で先行車で車線の先が見えにくい場合に、先行車と車線の認識情報を組み合わせて車線内を維持できるようハンドルを切り、
  3. 時速60km/h以下で、車線が消えてしまっている道路やトラックなど大きなクルマにより車線が完全に隠れてしまった場合でも、先行車を認識して追従するようにハンドルを操作してくれる

 

ように改良しています。

 

アイサイトVer.4はまだ先のようですが、少なくとも新型フォレスターにはこのアイサイト・ツーリングアシストは装備されると思われます。

 

予想価格

現行フォレスターの価格は2,419,200円~3,128,700円(税込)です。
レヴォーグと同じダウンサイジングエンジンの搭載や、アイサイト・ツーリングアシストなど新たな安全装備の搭載などから、現行型よりも平均して10万円程度価格が上がると予想します。
また、PHVは500万円を超えるとも噂されています。

 

 

新型フォレスターをライバル車と比較

 

ミドルサイズのクロスオーバーSUVであるフォレスターのライバルは、トヨタ ハリアー、日産 エクストレイル、マツダ CX-5となります。

 

ハリアー

高級セダンのような上質な内装と乗り心地を持つSUVのハリアーは、2.0Lガソリンエンジン(3ZR-FAE)、ハイブリッド(2AR-FXE)に加え、2017年7月のマイナーチェンジで2.0Lターボ(8AR-FTS)を追加し、走りの質も向上させました。
現行型からレクサスRXとは別の国内専用モデルとなり、より取り回しがよくなっています。
ハリアーの特徴は何と言っても、その上質さです。内外装のエレガントさもさることながら、走りにおいても上質で滑らかな走りを実現し、野性的なオフロードカーのような荒々しさはハリアーにはありません。

 

出典:トヨタ自動車 公式HP

 

日産 エクストレイル

ハリアーと違って、エクストレイルはオフロードでの走破性を売りにするSUVで、フォレスターの直接のライバルと言えるでしょう。
さらに、日産の売りである自動運転技術「プロパイロット」がオプションで追加され、先進技術においても他をリードしているSUVです。

 

 

出典:日産自動車 公式HP

 

CX-5

現在のマツダ車一連のデザインテーマ「魂動 -Soul of Motion」を採用し、力強く、それでいて洗練されたデザインを持つSUVです。
2,0Lガソリンエンジン、2.5Lガソリンエンジン、2.2Lディーゼルエンジンを持ち、すべてのエンジンにSKYACTIVE TECNOLOGYが用いられています。
また、運転初心者から高齢者まで幅広いユーザーに安全で安心な車を提供するため、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が全グレードに標準装備されています。

 

 


出典:マツダ自動車 公式HP

 

ライバル車種比較 まとめ

 

フォレスターの魅力は、オフロードからオンロードまであらゆる場面でしっかりとした走行を体験できるオールラウンドなSUVで、特にオフロードでの評価が高い点です。
この点では、エクストレイルにとても似ています。
また、新型フォレスターは先進安全運転支援機能 アイサイト・ツーリングアシストを搭載すると思われますので、この点でも魅力があります。

 

ハリアーはもっとも都会的でオフロードから離れた位置にあるSUVです。
上質で都会的なSUVを望むならハリアーです。
また、唯一ハイブリッドエンジンを備えている点も魅力ですが、フォレスターにPHV仕様が誕生すると状況は変わってくるでしょう。

 

CX-5も都会的なSUVです。ディーゼルエンジン「SKYACTIVE-D 2.2」は低速域からの力強い加速感も他車では味わえない魅力です。

 

 

新型フォレスター、目標値引き額はどれぐらい可能?

 

新型フォレスターは2018年に登場すると予想されていますが、具体的な時期などは明らかになっていません。当然、値引きについても情報はありません。
そこで、現行フォレスターが2017年3月にD型からE型へマイナーチェンジした際の値引き情報を参考に、新型となった場合の値引き額を予想していきます。

 

大手口コミサイト「価格.com」に報告されているE型となったフォレスターの値引き情報を見てみます。
車両本体価格からの値引きが平均15万円、オプション品からの値引きが平均14万円です。

 

 


出典:価格.com

 

新型となった場合、マイナーチェンジの例よりも値引き額は引き締められます。
2016年に新型へとモデルチェンジした同じスバルのインプレッサの例を見てみましょう。
データは大手口コミサイト「価格.com」に報告されたものを参考にします。

 

 
出典:価格.com

 

フルモデルチェンジしたインプレッサの値引きは、車両本体価格からの値引きが平均5万円、オプション品からの値引きが平均8万円です。

 

現在、オプション品を含めて平均29万円近い値引きが出ているフォレスターも、フルモデルチェンジをした場合、インプレッサ同様にオプション品を含めて10万円程度、15万円の値引きができれば成功と考えます。

 

 

まとめ

 

まだまだ確定情報ではありませんが、新型フォレスターは、エクステリア、インテリアの質感の高さ、新型プラットフォームSGPの採用、そしてアイサイト・ツーリングアシストの搭載など、さらなる魅力をもって登場しそうです。
フォレスターは国内外を問わず人気のある車です。新型フォレスターの動向には世界中の自動車ファンが注目しているでしょう。

 

 

 

今の車をを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説