レガシー買取り

レガシー(LEGACY)高額買取のコツ

スバル|レガシー(LEGACY)

スバル,レガシー,買取り,相場

スバルレガシーの名前の由来と開発履歴

汎用性の高いレガシィですが、名前の由来は「LEGACY(レガシィ)」とは、英語で大いなる伝承物と言う意味です。

 

その名の通り、水平対向エンジン、乗用4WDシステム等、スバルの伝統的な技術を受け継ぎながら、それを新世代に向けて熟成して洗練し続けるという意味を込めたネーミングです。

初代レガシィはアルシオーネデザインを踏襲

初代レガシィのエクステリアはアルシオーネのデザインを踏襲し、楔形のボディに黒いピラーと連続したウィンドウガラスで航空機を連想させます。

 

レガシィツーリングワゴンには2段ルーフを採用、クォーターウィンドウとリアウィンドウの下端の段付処理が特徴となっています。

 

最近は車体の大型化が進んでいますが、この頃はまだ小型乗用車でした。

2代目レガシーは継承・熟成をテーマに開発されたツーリングワゴン

「継承・熟成」をテーマに開発された2代目レガシィツーリングワゴン。

 

販売期間は1993年から1998年です。

 

この頃に他社が車体拡幅、大排気量化を進めましたが、スバルは小型、排気量2.0ℓ以下にこだわりました。

 

結果、小型ながらも上級クラスに負けない走りが高く評価されました。2代目レガシィツーリングワゴンのウィンドウやルーフは初代と共通イメージを採用。

 

フロントグリルは台形にし、この台形グリルは3代目レガシィやインプレッサにも引き継がれました。ボディの剛性は初代より向上し、後部座席の居住性を改善しました。

 

エンジンは引き続きEJ型を搭載、インタークーラーを水冷式から空冷式に変更したことで初代より4.5kgの軽量化に成功しました。

3代目レガシーはレガシーを極める

3代目レガシ-ツーリングワゴンのコンセプトは「レガシィを極める」。

 

販売期間は1998年から2003年です。前輪駆動が廃止されて全て4DWとなり、引き続き小型サイズ枠を守っています。

 

1999年のRJCカー・オブ・ザ・イヤーにスバルのレガシィツーリングワゴンレガシィランカスターが受賞しています。

 

上級グレードのヘッドランプにはHIDを初採用、メーカーオプションでマッキントッシュ製オーディオを設定し、品質向上しました。

 

2代目のGT-Bに引き続きビルシュタイン製ダンパーを上級グレードに採用ました。

 

レガシィツーリングワゴン2.0GT-Bをベースにした「BLITZENモデル」が2000年より限定生産されました。BLITZEN専用の赤いカラーリングの5速MTは特に希少です。

4代目レガシーは燃費向上し登場

4代目レガシィのエンジンには等長エキゾーストマニホールドを採用し、これまで指摘されていた排気干渉を防ぎ、燃費効率向上にもつながりました。

 

しかしこのマニホールド採用のため、先代まで続いた独特のボクサーサウンドはなくなってしまいました。

 

販売期間は2003年から2009年。欧州向け、衝突安全性能向上のために車体を拡幅しました。今まで小型サイズを維持してきましたが全幅を増やしたため、普通乗用車サイズになりました。

 

それにともない質感やスマートさを増したデザインにし、プレミアム性を高めました。

 

小型サイズへのこだわりをなくしたことで設計の自由度が高まり、ボディ剛性向上、安全装備強化をしつつも各所に軽量パーツを使用し、軽量化に成功しました。

5代目レガシーは車体を大型化して北米向けに

5代目レガシィの販売期間は2009年から2014年。キャッチコピーは前期が「Love Your Life.」、後期が「全レガシィ、全性能進化。」です。

 

北米からの要望により車体を大型化し、ゆとりのある室内空間を確保しました。

 

電動パーキングブレーキの採用でハンドレバーがなくなり、室内に余裕ができました。レオーネ以来の伝統であったサッシュレスドアが廃止となり、ツーリングワゴンでは黒色ピラーも廃止し、ボディと同色になりました。

 

2009年に日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Best Value」を受賞。この受賞を記念して特別仕様車「Package Limited」を発売しました。

 

2010年にSTIより特別仕様車「2.5GT tS」限定販売しました。しかし、2014年6月にスバルはレガシィツーリングワゴンの受注終了、廃止を発表しました。

 

レガシィの良いところはやはり走行性能でしょう。エンジンのパワーもあってコーナリング時のロールも少ないのがとても評判です。

 

レガシィの後継車であるレヴォーグも発売してるのでこれからもレガシィの良いところは引き継がれていくことでしょう。

 

 

レガシーをを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


新型レガシィ、ライバル車種比較と目標値引き額

2017年10月5日、ビッグマイナーチェンジを施した新型レガシィB4が発売されました。
今回の大規模なマイナーチェンジでD型へと進化したレガシィB4は、エクステリア、インテリア、さらには運転支援システム「アイサイト」が大幅に進化されました。

 

熟成の域に達したスバルのフラッグシップモデル、新型レガシィB4についてご紹介していきます。

 

 

新型レガシィB4はどんな特徴がある?

 

レガシィB4の由来

1998年6月に登場した3代目レガシィ・ツーリングワゴンから半年ほど遅れて登場したセダンに、新たに「B4」のブランド名が冠せられました。
クルマとしての完成度は高くても、ツーリングワゴンの陰に隠れがちであったセダンに、新しいブランドイメージを与え、ツーリングワゴンとの差別化を図るため「B4」のネーミングが付せられました。
「B4」はスポーティグレードのみ(RSK、RS)を設定し、メーカーの狙い通りブランド戦略は成功、「B4」はその後スポーツセダンの代名詞として認識されることになります。

 

なお、「B4」のネーミングの由来は、4WDロードスポーツのコアメカニズムである「水平対向エンジン(BOXER)」と、4輪駆動システム(4WD)の、それぞれの頭文字(BOXERのB、4WDの4)の組み合わせからきています。
また、優雅さと快適さを兼ね備えた高性能車を意味するイタリア語の「ベルリネッタ(Berlinetta)」と「4door」といった意味も「B4」には含まれています。

 

レガシィB4(BM/BR系)の特徴

 

コンセプトの変更

スポーツセダンの代名詞ともいえるレガシィB4ですが、2014年、6代目となるフルモデルチェンジでアッパーミドルサルーンへとコンセプトを一新しました。
なお、この際、レガシィの顔ともいえるツーリングワゴンも、レヴォーグにそのコンセプトを譲り、クロスオーバータイプのSUVであるアウトバックへとコンセプトを変更しています。

 

 

高級セダンらしい静粛性

現行(6代目)レガシィB4は、先述のとおりアッパーミドルサルーンとして、洗練された高級セダンを目標として開発されています。

 

現行(6代目)レガシィB4は、先代と同じFB25型エンジンを使用していますが、チェーンやピストンなどの作動音を低減させて車内の静粛性を高め、吸気音のチューニングも行なって心地よいエンジンサウンドを奏でるなど、実に部品の約80%が改良されました。

 

さらに、サスペンションの取り付け位置を変えてボディ剛性を高めて振動騒音を軽減させ、遮音材を全面的に見直して車内のパネル類の厚みを増やし、さらに遮音フロントガラスやリアワイパーの形状を変えて風切音を抑えるなど、細部に至り車内の静粛性の向上が図られました。

 

洗練された走りを実現

現行(6代目)レガシィB4は、先代のようなアクセルを踏み込めば荒々しい加速をするハイパワーセダンではなく、マイルドで洗練されたエンジンフィーリングを実現し、高級セダンに相応しい洗練された走りを実現しています。

 

このため、スポーツセダンを好むこれまでのスバルファンには物足りないかもしれませんが、現行レガシィB4は、スバルファンでなくとも誰もが違和感なく乗ることができる高級セダンです。

 

 

新型レガシィの特徴

 

高級セダンへとコンセプトを変えたレガシィB4が、2017年9月4日に大規模なマイナーチェンジをおこない、2017年10月5日から販売が開始されました。

 

スバル車の場合、年次改良といって毎年改良が行われ、フルモデルチェンジしたモデルをA型、以降1年毎にB型、C型と改良され、3度目の改良となる今回のモデルはD型となります。

 

今回のマイナーチェンジでは、低重心のボクサーエンジン(2.5L、水平対向4気筒DOHC)と天候に左右されない走破性を有する常時全輪駆動(AWD)の駆動方式からなる高い走行安定性など、レガシィらしさをそのままに、運転支援システム「アイサイト」の進化をはじめ、「アイサイトセイフティプラス」などの安全性能が強化され、また、走行性能やエンジンの静粛性や燃費の向上などが図られました。
さらに、インテリアやエクステリアにも変更が施され、デザインや質感を徹底的に磨き上げるなど、スバルのフラッグシップモデルにふさわしい内容となっています。

 

D型となる今回の主な改良点

 

安全性能
  • 運転支援システム「アイサイト」に、後退時自動ブレーキシステムを追加
  • 全車速域追従機能付クルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hに拡大
  • 「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターや、ハイビーム照射時に対向車・先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用
  • ステアリング連動ヘッドランプを採用

 

走行性能
  • サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良により、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングを実現
  • エンジン部品の軽量化やフリクション低減及び制御の見直し、リニアトロニックチェーンの改良により、燃費と静粛性の向上

 

エクステリア
  • アウトバックとB4のそれぞれの個性を更に際立たせるデザインに一新。
  • アウトバックは上質さや力強さ、存在感を更に強調するデザインに、B4はより上質かつスポーティなデザインに変更
  • ボディカラーに新色(ワイルドネスグリーン・メタリックとクリムゾンレッド・パール)を採用

 

スバル,レガシー,買取り,相場

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:スバル 公式HP

 

〇インテリア
  • センターパネルのデザインを一新
  • ナビゲーション画面が7インチワイドから8インチへ変更
  • インストルメントパネルにダブルステッチを使用
  • 小径化した新デザインのステアリングホイールを採用

スバル,レガシー,買取り,相場

 

出典:スバル 公式HP

 

 

新型レガシィをライバル車と徹底比較

 

〇B4とライバル達

現行型からコンセプトを一新し、アッパーミドルサルーンの高級セダンとなったB4は、北米マーケットでの販売を念頭に開発され、ボディサイズからくるゆとりの居室空間、余裕をもったエンジンパワーなど、ワンランク上の車格を有しています。
同じDセグメントに位置する車には、トヨタ マークXのように国内マーケットを主に開発された車種もありますが、開発コンセプトの違いを考慮し、北米マーケットを主に開発されたという同様のコンセプトを持ち、直接のライバルとなる次の3車種と比較します。

 

  • トヨタ カムリ
  • ホンダ アコード
  • マツダ アテンザ
  レガシィ B4 カムリ アコード アテンザ
  リミテッド 2.4G HYBLID LX XD
型式 DBA-BN9 DAA-AXVH70 DAA-CR7 LDA-GJ2FP
全長・全幅・全高(㎜) 4800×1840×1500 4885×1840×1445 4945×1850×1465 4860×1840×1450
排気量 2498㏄ 2487cc 1993cc 2188cc
エンジン / 型式 水平対向4気筒 直列4気筒 DOHC 直列4気筒 DOHC 直列4気筒DOHC
  DOHC /FB25 +モーター +モーター /SH-VPTR
    /A25A-FXS /LFA  
エンジン区分 ガソリン ハイブリッド ハイブリッド ディーゼル/ターボ
最高出力/回転数 175ps/5800rpm 178ps/ 5700 rpm 145ps/6200rpm 175ps/4500rpm
最大トルク/回転数 24.00kgf/4000rpm 22.50kgf / 3600 rpm 17.80kgf/4000rpm 42.80kgf/2000rpm
JC08モード燃費 14.80km/L 28.40km/L 31.60km/L 19.60km/L
駆動方式 4WD FF FF FF
ミッション CVT CVT 9AT 6AT
車両価格(税込) 324万円 349.9万円 396万円 320.8万円
現行型デビュー 2014年10月 2017年7月 2013年5月 2012年12月
最新のMC 2017年10月   2016年5月 2017年8月

 

 

 

同じDセグメントの車であり北米マーケットを主に開発されていますが、こうして比較しただけでも、各車それぞれの個性が見て取れます。

 

マツダ アテンザ

現行型のデビューが2012年と最も古いマツダ アテンザですが、伸びやかで抑揚ある「魂動デザイン」と称されるスタイルはスポーティで上質な雰囲気を演出し、今日でも新鮮さを失っていません。

 

また、アテンザの一番の特徴は、他社がハイブリッドへシフトしていく中、マツダは欧州で普及しているディーゼルエンジンを採用している点です。
クリーンディーゼルと呼ばれるこのエンジンはクリーン、パワフル、エコノミーという特徴を併せ持ち、ターボと相まって2000回転という低回転域で最大トルク42.80kgfを出す非常にパワフルなエンジンでありながら、JC08モード燃費で19.60km/Lと優れた燃費性能を有します。

 

安全装備では、「衝突被害軽減ブレーキ」、「AT誤発進抑制制御」、「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」、「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」の4種類の技術からなる、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が全グレードに標準装備されている点も高く評価できます。

 

 

 

スバル,レガシー,買取り,相場

 

 

 

 

 

出典:マツダ 公式HP

 

ホンダ アコード

2016年にフルモデルチェンジと言っても良いほどのビッグマイナーチェンジを施され、インラインタイプのフルLEDヘッドライトとLEDフォグライトが採用され、より高級かつ精悍なイメージとなっています。

 

ハイブリッドシステムも特徴的で、走行用モーターと走行用モーターに電力を供給する発電用モーターの2つのモーターを有するシステムを採用し、発信直後から力強く、なめらかでレスポンスの良い走りを実現しています。このため、エンジンは、主に発電用モーターを回す働きに徹していて、パワートレーンの主役は、低速から高速まで高出力・高トルクを発揮する走行用モーターとなっています。

 

安全装備では、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載し、雨や霧にも強いミリ波レーダーで不慮の事故に備えてくれます。

 

アメリカン・セダンと言われるようにボディサイズは他のライバルよりも大きく、駐車などには慣れが必要です。

 

 

 

 

スバル,レガシー,買取り,相場

 

 

 

出典:本田技研工業 公式HP

 

トヨタ カムリ

2017年7月にフルモデルチェンジをし、10代目となったカムリは、鋭角的なフロントマスクを有し、以前のモデルよりもスポーティで躍動感溢れるデザインとなっています。

 

次世代プラットフォーム「TNGA」の採用により、走りの質が向上するだけでなく、居住空間も広がっています。

 

日本モデルはハイブリッド専用モデルとなり、JC08モード燃費は33.4km/Lとライバルよりもひとつ抜けた燃費性能を有しています。

 

標準装備となる「トヨタセーフティセンスP」は、車両だけでなく歩行者との衝突も予測して作動するほか、車線からのはみ出しを警報+ハンドル操作アシストで防ぐ機能も搭載しています。

 

なお、アコード同様、アメリカンサイズとなっており、全長で同社クラウンとほぼ同じ、全幅に至ってはクラウンを40㎜上回るサイズは、日本の道路事情を考えると、ややオーバーサイズかもしれません。

 

 

 

出典:トヨタ自動車 公式HP

 

ライバル車との比較 まとめ

レガシィB4の魅力をまとめると;

 

  • アイサイトに代表される安全性能や高い技術に代表されるスバルブランドである
  • スバルを除くとポルシェにしかない水平対向エンジンを搭載している
  • 天候に左右されない走破性を有する常時全輪駆動(AWD)

 

などです。
レガシィB4は、他の人と同じ車に乗るのは好まない、常時全輪駆動(AWD)の安定した走りを都市部でも味わいたい、という人にお勧めの車です。

 

マツダ アテンザは運転することが好きで、クリーンディーゼルに興味があり、また、魂動デザインに魅かれるという人にマツダ アテンザはお勧めです。

 

同じ北米マーケットをメインとしたDセグメントの車ですが、ホンダ アコードとトヨタ カムリは、レガシィB4とは明らかにキャラクターが違う車です。
燃費性能に優れた最新のラグジュアリーセダンを望むのなら、トヨタ カムリを第1候補に、対抗にホンダ アコードを検討するのが良いかと思います。

 

 

レガシィB4の目標値引き額はどれぐらい可能?

 

どの車種も同じですが、モデルチェンジ直後は、たとえそれがマイナーチェンジであっても、値引きは引き締められがちです。
また、スバル車の値引きは渋めと言われていますので、なおさら渋く感じるかもしれません。

 

それでは、実際のところどうなのでしょう。
大手口コミサイト「価格.com」による最新の値引き情報をチェックしてみましたが、レガシィB4(D型)の最新の値引き情報は報告されていませんでした。

 

そこで同じD型へと進化したレガシィ アウトバックの情報を見てみます。

 

 

 

 

出典:価格.com

 

車両本体から10万円、オプション品から25万円、合計で35万円の値引きとなっています。

 

また、レガシィB4は年次改良がおこなわれる車ですので、前回のマイナーチェンジ後の値引き情報をチェックし、そこからも値引き額を推察したいと思います。

 

2016年マイナーチェンジ後のレガシィC型値引き金額
レガシィB4

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:価格.com

 

判例が少ないのですが、前回の実績では車両本体から平均で27.5万円の値引きが、またオプションから値引きが50万円は特殊なケースと思えますので除外すると、オプションからの値引きが平均で10万円となっています。

 

これらを考慮し、車両本体、オプション品、合わせて35万円の値引きが引き出せれば合格ラインと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

レガシィは2018年フルモデルチェンジが予想され、現行モデルが最終型となる可能性がありますが、言い換えれば改良を重ねられ熟成されたモデルとも言えます。
また、今回のマイナーチェンジの内容で、アイサイトの進化をはじめ、よりスバルらしい車へ進化を遂げています。
アッパーミドルサルーンというDセグメントは、国内外を問わず強豪ひしめくクラスですが、その中でもレガシィはスバルらしい他車にない魅力を持っています。
このクラスの車を検討される際は、ぜひとも検討の1台に加えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

今の車をを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説