レガシー買取り

レガシー(LEGACY)高額買取のコツ

スバル|レガシー(LEGACY)

スバル,レガシー,買取り,相場

スバルレガシーの名前の由来と開発履歴

汎用性の高いレガシィですが、名前の由来は「LEGACY(レガシィ)」とは、英語で大いなる伝承物と言う意味です。

 

その名の通り、水平対向エンジン、乗用4WDシステム等、スバルの伝統的な技術を受け継ぎながら、それを新世代に向けて熟成して洗練し続けるという意味を込めたネーミングです。

初代レガシィはアルシオーネデザインを踏襲

初代レガシィのエクステリアはアルシオーネのデザインを踏襲し、楔形のボディに黒いピラーと連続したウィンドウガラスで航空機を連想させます。

 

レガシィツーリングワゴンには2段ルーフを採用、クォーターウィンドウとリアウィンドウの下端の段付処理が特徴となっています。

 

最近は車体の大型化が進んでいますが、この頃はまだ小型乗用車でした。

2代目レガシーは継承・熟成をテーマに開発されたツーリングワゴン

「継承・熟成」をテーマに開発された2代目レガシィツーリングワゴン。

 

販売期間は1993年から1998年です。

 

この頃に他社が車体拡幅、大排気量化を進めましたが、スバルは小型、排気量2.0ℓ以下にこだわりました。

 

結果、小型ながらも上級クラスに負けない走りが高く評価されました。2代目レガシィツーリングワゴンのウィンドウやルーフは初代と共通イメージを採用。

 

フロントグリルは台形にし、この台形グリルは3代目レガシィやインプレッサにも引き継がれました。ボディの剛性は初代より向上し、後部座席の居住性を改善しました。

 

エンジンは引き続きEJ型を搭載、インタークーラーを水冷式から空冷式に変更したことで初代より4.5kgの軽量化に成功しました。

3代目レガシーはレガシーを極める

3代目レガシ-ツーリングワゴンのコンセプトは「レガシィを極める」。

 

販売期間は1998年から2003年です。前輪駆動が廃止されて全て4DWとなり、引き続き小型サイズ枠を守っています。

 

1999年のRJCカー・オブ・ザ・イヤーにスバルのレガシィツーリングワゴンレガシィランカスターが受賞しています。

 

上級グレードのヘッドランプにはHIDを初採用、メーカーオプションでマッキントッシュ製オーディオを設定し、品質向上しました。

 

2代目のGT-Bに引き続きビルシュタイン製ダンパーを上級グレードに採用ました。

 

レガシィツーリングワゴン2.0GT-Bをベースにした「BLITZENモデル」が2000年より限定生産されました。BLITZEN専用の赤いカラーリングの5速MTは特に希少です。

4代目レガシーは燃費向上し登場

4代目レガシィのエンジンには等長エキゾーストマニホールドを採用し、これまで指摘されていた排気干渉を防ぎ、燃費効率向上にもつながりました。

 

しかしこのマニホールド採用のため、先代まで続いた独特のボクサーサウンドはなくなってしまいました。

 

販売期間は2003年から2009年。欧州向け、衝突安全性能向上のために車体を拡幅しました。今まで小型サイズを維持してきましたが全幅を増やしたため、普通乗用車サイズになりました。

 

それにともない質感やスマートさを増したデザインにし、プレミアム性を高めました。

 

小型サイズへのこだわりをなくしたことで設計の自由度が高まり、ボディ剛性向上、安全装備強化をしつつも各所に軽量パーツを使用し、軽量化に成功しました。

5代目レガシーは車体を大型化して北米向けに

5代目レガシィの販売期間は2009年から2014年。キャッチコピーは前期が「Love Your Life.」、後期が「全レガシィ、全性能進化。」です。

 

北米からの要望により車体を大型化し、ゆとりのある室内空間を確保しました。

 

電動パーキングブレーキの採用でハンドレバーがなくなり、室内に余裕ができました。レオーネ以来の伝統であったサッシュレスドアが廃止となり、ツーリングワゴンでは黒色ピラーも廃止し、ボディと同色になりました。

 

2009年に日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Best Value」を受賞。この受賞を記念して特別仕様車「Package Limited」を発売しました。

 

2010年にSTIより特別仕様車「2.5GT tS」限定販売しました。しかし、2014年6月にスバルはレガシィツーリングワゴンの受注終了、廃止を発表しました。

 

レガシィの良いところはやはり走行性能でしょう。エンジンのパワーもあってコーナリング時のロールも少ないのがとても評判です。

 

レガシィの後継車であるレヴォーグも発売してるのでこれからもレガシィの良いところは引き継がれていくことでしょう。

 

 

レガシーをを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説