スバル車買取り

BRZ

BRZ

スバルBRZとは

BRZは、日本の車メーカーであるスバルが製造、販売しているスポーツカーです。

 

この車は、小型で軽量、そして低重心を目標に開発されました。

 

名前の由来はB 水平対向(ボクサー)エンジン(Boxer Engine)、R後輪駆動車(Rear wheel drive)、Z 究極(Zenith)の頭文字を繋げてBRZと名付けられました。

 

一方、スバルでは、水平対向エンジン+AWDのスポーツカーであるWRXシリーズを製造、販売しています。

 

スバルの開発陣としては、このレイアウトがスバルの鉄板であり、水平対向エンジン+FRレイアウトでスポーツカーを作ると発表されたときは一種のカルチャーショックのようなものを感じたと、広報担当者が語っています。

 

このようなレイアウトで開発された理由は、トヨタとの共同で開発するプロジェクトであったため、トヨタ側がFR車で開発したいと要望を出してきたからだと言われています。

BRZ開発秘話

BRZは、スポーツカーとして開発されただけあって、走る、止まる、曲がるがバランスよく取り入れられています

 

。エンジンの出力はAT仕様とMT仕様で異なっており、前者は147kW(200馬力)、後者は152kW(207馬力)となっています。

 

スポーツカーとしてはまずまずといった出力ですが、小柄で回頭性がよい車体と相まって非常に扱いやすく、運転を楽しむにはバランスの良い出力と言えるでしょう。

 

この車には、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)と呼ばれるスイッチが備わっています。

 

これは、横滑り防止機能であり、車の態勢が崩れて横滑りしそうになると車がそれを感知してコントロールし、横滑りを防ぐといった機能です。

 

これにより、ドライビングが苦手な方でも楽しく運転することができます。もちろんこの機能はオフにできるため、サーキットなどで走りたい場合にはVDCを切るといったこともできます。

 

BRZは歴史的にも浅い車です。

 

スバルの車としては実質的にインプレッサリトナの後継車種と言われていますが、レイアウトが同一でないため、後継車としては言えないかもしれません。また、トヨタ側では往年の名車であるAE86型レビン/トレノが上げられますが、これも同じ理由で単純な後継車とは言い難いです。

BRZのライバル車は?ライバル車との比較

 

86とBRZは、それぞれトヨタとスバルで販売されているため、ライバル車と言えなくもないですが、仕様上では大きな違いはありません。

 

外見上はヘッドランプやフロントバンパー、エンブレムの違いのみ。

 

内装はトヨタとスバルで違いますが、ほぼ同一の車種と言えるでしょう。

 

ただ、足回りのチューニングの理念が双方で異なっており、86の場合はテールハッピーな味付けで、リアがスライドしやすくセッティングされているのに対して、BRZの場合はグリップ力を重視したセッティングになっています。

 

好みはありますが、BRZのほうが万人向けの車と言えるでしょう。

 

また、一番のライバル車といえばマツダ・ロードスターが上げられます。

 

ロードスターはBRZと比べて小柄で軽量な車ですが、BRZのほうが馬力の面で優れています。また、ロードスターのハードトップモデルであるRFでは、車重がさらに増しておりBRZの車重に近づいているため、馬力で見ればBRZのほうが優れていると言えます。

 

 

BRZを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説