人気車種買取のコツ|ポンティアック(Pontiac)

ポンティアック(Pontiac)

ポンティアック(Pontiac)

Pontiac

ゼネラルモーターズ(GM)における中位の乗用車ブランドとして知られていますが、GMの経営不振のあおりを受け、2010年に廃止されました。

 

設立は1926年。

 

GM傘下の「オークランド・モーター・カンパニー」の派生ブランドとしてスタートしました。

 

名前の由来は、デトロイトのネイティブ・アメリカンの「ポンティアック首長」です。

 

GMの中ではキャデラックよりは格下で、シボレーより格上という位置づけを与えられ、1950年代は優美なスタイリングを特徴とする車を製造してきたため、主に女性に人気がありました。
 その後、1960年代には方針を変更、「ボンネビル」などのスポーツモデルを投入し、さらにはマッスルカーの代表格として人気を博した「GTO」、スポーティーな足回りでヒットした「ファイヤーバード」「ファイヤーバード・トランザム」などを投入し、スポーツカーブランドというイメージを確立しました。

 

しかし、その後は日本車などとの競合激化を受けて次第に低迷し、2010年、GMの経営不振のあおりで廃止されてしまいました。ただ、廃止後も、GTOやトランザムなど、60年~70年代の人気車種は中古市場で根強い需要があり、状態の良い車は高値で取引されています。

 

 

▼▼ポンティアック車の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼


ポンティアック(Pontiac)記事一覧

GTO

GTOは、ゼネラル・モーターズ(GM)がポンティアックブランドで展開していたスポーツカーです。1960年代から70年代に一世を風靡した「マッスルカー」(V8エンジンを搭載した2ドアの大型FR車)の代表格としても知られています。登場は1964年。初代のGTOは2ドアハードトップまたはコンバーチブルのボ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説