タント買取り

タント(tanto)高額買取のコツ

ダイハツ|タント(tanto)

タント

ダイハツタントの由来はイタリア語で広い・たくさんの・・・

街中でも走っているのをよく見かけるタントですが車名の由来 「タント」とは、イタリア語で「とても広い・たくさんの」という意味です。 たくさんの幸せをもたらすクルマでありたいとの意味を込めたネーミングとなります。

 

初代タントのグレードは自然吸気エンジンのL、X、Xリミテッド、ターボエンジンのR、RSでそれぞれにFFと4WDが設定されました。

ダイハツタントの開発コンセプト

「しあわせ家族計画空間」をコンセプトにコンパクトノーズとビックキャビンの独自のパッケージングで新ジャンルの軽自動車として開発されました。

 

常用域の文字を大きくした大型1眼センターメーターを、少し運転席寄りに配置することにより高い視認性を実現。

 

インパネATシフトを採用したことで、スムーズな操作とサイドウォークスルーも可能になり、インテリアは、ライトグレーとベージュのワイド感を強調した横を基調としたツートンインストルメントパネルなど、シンプルでプレーンなデザインを採用しました。左右分割してロングスライドやリクライニング、手軽な操作での格納が可能なリヤシート、広大でフラットなラゲージスペースを確保。

 

ツインカム3気筒DVVT可変バブルタイミングエンジンと同ターボエンジンの2タイプを搭載。ターボなしエンジン搭載のFF車は、平成12年基準排出ガス75%低減レベルに適合し、国土交通省「超-低排出ガス車」認定を獲得。他にも50%及び25%低減レベルに適合、「優、良-低排出ガス車」に認定を獲得。

2代目タントのグレードには4WDも選べる4タイプが設定

2代目タントのグレードには4WDも選べるベーシックな「L」と電動格納式ドアミラーやABS装備のされた「X」、パワースライドドア装備の上級「Xリミテッド」最上級「Xリミテッドスペシャル」の4タイプが設定されました。

 

2代目タントはプラットフォームからエンジンまで全てフルモデルチェンジ行い、基本的に外観デザインはキープコンセプトであるものの、タント(TANTO)は今までのファニーな雰囲気をさらに昇華させたようなルックスで女性向けな印象を強めました。広さと使いやすさを徹底的に追及し、子育てファミリーに嬉しい機能価値を極めました。

 

今までのタントと同様、90度近く開く各ドアに加え、助手席側に軽自動車では初となるセンターピラーレスとスライドドアを組み合わせた「ミラクルオープンドア」が採用され、助手席側は最大で1.480mmの開口をし、かつ助手席は280mmのロングスライドが可能、圧倒的な開放感と乗降性を実現しました。

 

フラットフロアにより、前席はインパネシフトを用いたことで助手席からの乗り降りもラクになり、さらに4代目ムーヴのプラットフォームを流用し、ホイールベースの延長やフラットフロア化を行ったことで、初代タントを上回る広い室内空間と利便性が誕生しました。

3代目タントは存在感あふれるフロントデザインが特徴

2013年10月に登場した3代目タント。カスタムモデルはノーマルと同時にデビューした。先代同様その特徴は存在感あふれるフロントのデザインです。

 

ノーマルとは大きく差別化されキリッとしたヘッドラインと高級感漂う大型メッキグリルが目につきます。一方で限られたスペースでのデザインに制約があるため仕方のないことだが、ホンダのN BOXカスタムに似ている感じもします。エンジン構成は3気筒NAと3気筒ターボの2本立て。

 

トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。

 

スマートアシスト搭載車はグレードに「SA」の文字がつきます。なおターボモデルはデビュー当初タントカスタムのみだったが、のちの改良でノーマルのタントにも追加されています。

 

タントはやはり燃費もよく使い勝手のいい軽ということもあって非常に人気が高いと思います。

 

維持費も安いので比較的コストパフォーマンスの高い車と言えるのではないでしょうか。

 

 

タント(tanto)を損なく売りたい場合は、

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説