タント買取り

タント(tanto)高額買取のコツ

ダイハツ|タント(tanto)

タント

ダイハツタントの由来はイタリア語で広い・たくさんの・・・

街中でも走っているのをよく見かけるタントですが車名の由来 「タント」とは、イタリア語で「とても広い・たくさんの」という意味です。 たくさんの幸せをもたらすクルマでありたいとの意味を込めたネーミングとなります。

 

初代タントのグレードは自然吸気エンジンのL、X、Xリミテッド、ターボエンジンのR、RSでそれぞれにFFと4WDが設定されました。

ダイハツタントの開発コンセプト

「しあわせ家族計画空間」をコンセプトにコンパクトノーズとビックキャビンの独自のパッケージングで新ジャンルの軽自動車として開発されました。

 

常用域の文字を大きくした大型1眼センターメーターを、少し運転席寄りに配置することにより高い視認性を実現。

 

インパネATシフトを採用したことで、スムーズな操作とサイドウォークスルーも可能になり、インテリアは、ライトグレーとベージュのワイド感を強調した横を基調としたツートンインストルメントパネルなど、シンプルでプレーンなデザインを採用しました。左右分割してロングスライドやリクライニング、手軽な操作での格納が可能なリヤシート、広大でフラットなラゲージスペースを確保。

 

ツインカム3気筒DVVT可変バブルタイミングエンジンと同ターボエンジンの2タイプを搭載。ターボなしエンジン搭載のFF車は、平成12年基準排出ガス75%低減レベルに適合し、国土交通省「超-低排出ガス車」認定を獲得。他にも50%及び25%低減レベルに適合、「優、良-低排出ガス車」に認定を獲得。

2代目タントのグレードには4WDも選べる4タイプが設定

2代目タントのグレードには4WDも選べるベーシックな「L」と電動格納式ドアミラーやABS装備のされた「X」、パワースライドドア装備の上級「Xリミテッド」最上級「Xリミテッドスペシャル」の4タイプが設定されました。

 

2代目タントはプラットフォームからエンジンまで全てフルモデルチェンジ行い、基本的に外観デザインはキープコンセプトであるものの、タント(TANTO)は今までのファニーな雰囲気をさらに昇華させたようなルックスで女性向けな印象を強めました。広さと使いやすさを徹底的に追及し、子育てファミリーに嬉しい機能価値を極めました。

 

今までのタントと同様、90度近く開く各ドアに加え、助手席側に軽自動車では初となるセンターピラーレスとスライドドアを組み合わせた「ミラクルオープンドア」が採用され、助手席側は最大で1.480mmの開口をし、かつ助手席は280mmのロングスライドが可能、圧倒的な開放感と乗降性を実現しました。

 

フラットフロアにより、前席はインパネシフトを用いたことで助手席からの乗り降りもラクになり、さらに4代目ムーヴのプラットフォームを流用し、ホイールベースの延長やフラットフロア化を行ったことで、初代タントを上回る広い室内空間と利便性が誕生しました。

3代目タントは存在感あふれるフロントデザインが特徴

2013年10月に登場した3代目タント。カスタムモデルはノーマルと同時にデビューした。先代同様その特徴は存在感あふれるフロントのデザインです。

 

ノーマルとは大きく差別化されキリッとしたヘッドラインと高級感漂う大型メッキグリルが目につきます。一方で限られたスペースでのデザインに制約があるため仕方のないことだが、ホンダのN BOXカスタムに似ている感じもします。エンジン構成は3気筒NAと3気筒ターボの2本立て。

 

トランスミッションはCVTのみで駆動方式はFFまたは4WD。

 

スマートアシスト搭載車はグレードに「SA」の文字がつきます。なおターボモデルはデビュー当初タントカスタムのみだったが、のちの改良でノーマルのタントにも追加されています。

 

タントはやはり燃費もよく使い勝手のいい軽ということもあって非常に人気が高いと思います。

 

維持費も安いので比較的コストパフォーマンスの高い車と言えるのではないでしょうか。

 

 

タント(tanto)を損なく売りたい場合は、

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 

 


新型ダイハツ タント 2018年フルモデルチェンジ!?

いまや軽自動車売れ筋の中心であるスーパーハイトワゴン、それを裏付けるように2016年度軽自動車販売台数第1位はホンダのスーパーハイトワゴン B-BOX、第2位はダイハツのスーパーハイトワゴン タントでした。
2017年もその勢いはとどまらず、上期軽自動車販売台数第1位はやはりホンダのN-BOXです。

 

そんな軽スーパーハイトワゴンの代表格とも言えるダイハツ タントが、どうやら2018年後半にフルモデルチェンジを行うようです。

 

新型タントはどのような車なのでしょうか、タントの特徴やライバル車との比較など、ご紹介していきます。

 

 

タントの特徴

 

軽自動車の売れ筋の中心はスーパーハイトワゴンと書きましたが、そもそもスーパーハイトワゴンとはどのような車なのでしょうか。
実はスーパーハイトワゴンという呼び方も決まりはありません。

 

軽自動車は大きく分けて、セダンタイプ、ミニバンタイプ、キャブワゴンタイプに分けられます。
セダンタイプには、スズキ アルト、ダイハツ ミラ、ホンダ N-ONEなどがあります。
一般的な立体駐車場の高さは1550mmが多く、この高さを超えない全高を有するのがセダンタイプと言えます。
ミニバンタイプは、現在の軽自動車の中心となるクラスで、全高が1600mmを超え1700mm未満のスズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、ホンダ N-WGN、日産 デイズ/三菱 ek ワゴンなどが、全高が1700mmを超えるものには、スズキ スペーシア、ダイハツ タント、ホンダ N-BOX、日産 ルークス/三菱 ek スペースなどがあります。
この1700mmを超える軽ミニバンを軽スーパーハイトワゴン、1700mmを超えない軽ミニバンを軽トールワゴンと呼んだりします。

 

タイヤを四隅に置きホイールベースを伸ばすことで、室内寸法を稼ぐ手法はセダンからスーパーハイトワゴンまで共通ですが、くわえて高さを取ることでスーパーハイトワゴンはセダンタイプとは比べ物にならない広い室内空間を実現しています。

 

このスーパーハイトワゴンを初めて発売したのがダイハツで、その車種がタントです。

 

タントの特徴

タント(Tanto)とは英語で「たっぷり」「多くの」といった意味を持つ単語で、言葉の示すとおり、同じダイハツのトールワゴン ムーヴよりも全高が高く、広い室内を持ちます。

 

初代タントは、広々とした車室空間と、積載性の高さでいた。このコンセプトがファミリー層に受け、初代タントは大ヒットを記録します。
いっぽうで、43kW(58ps)を発揮するNAのEF-VE型エンジン(直列3気筒DOHC)と、47kW(64ps)を発揮するEF-DET型ターボエンジンが用意されましたが、高い車高が災いし、横風、横Gに弱く、コーナリング時のロールも大きく、スポーツ走行は苦手としていました。

 

2003年(平成15年)に初代タントが登場し、2005年(平成17年)には、押し出し感の強いフロントフェイスに大型エアロバンパー等のエアロパーツを装着したスポーティ派生モデルの「タントカスタム」が追加されます。

 

2007年(平成19年)タントは2代目へと進化を遂げます。
エクステリアデザインはキープコンセプトで、大ヒットした初代タントのイメージをそのまま引き継ぎ、従来型のファニーな雰囲気をさらに昇華させたようなルックスで、より女性向けの印象を強めました。
いっぽう、ムーヴカスタムが洗練されたデザインへと変更されたことから、タントカスタムはカスタム本来の押し出しの強い攻撃的なデザインを踏襲しました、

 

2代目タントには、その後のタントを象徴する「ミラクルオープンドア」が採用されます。
ミラクルオープンドアとは、ほぼ90度に開くフロントドアと、助手席側に軽自動車初となるセンターピラーレスのスライドドアを組み合わせたもので、センターピラーに邪魔されることなく、乗り降りや荷物の出し入れが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

 

タントは2013年(平成25年)に3代目(現行型)へとモデルチェンジをします。

 

3代目(現行)タントの特徴

3代目タントは、助手席のスライド幅を10cm拡張して38cmのロングスライド化を実現し、後席下部の出っ張り部分をなくしてフルフラットにし、A型ベビーカーをたたまずに積載できるなどミラクルオープンドアの使い勝手が向上しました。
さらに、2代目は助手席側のみだったスライドドアを、運転席側もスライドドアへ変更し、両側スライドドアとしました。

 

また、ボンネットフード、フロントフェンダー、バックドア、フューエルリッド、レールカバーを樹脂化することで、利便性・基本性能向上などによる重量増をカバーし、2代目と同等の車両重量を達成しています。

 

全グレードに衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」が装備され、急ブレーキがかけられた際にハザードランプを点滅させることで後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルが全車に装備され、予防安全性が高められています。

 

スマートアシストは2015年にスマートアシストⅡへ、2016年にはスマートアシストⅢへと進化されます。

 

予防安全機能「スマートアシストⅢ」

スマートアシストⅢは、センサーに世界最小のステレオカメラを使うことで、車内への圧迫感を軽減すると同時に歩行者や先行車、障害物などに対して警告を行ったり、場合によっては緊急ブレーキをかけるなど衝突回避を補助してくれます。
これまでのスマートアシストⅡでは、歩行者に対しては、警告のみでしたが、スマートアシストⅢになって、警告に加え自動ブレーキも対応しています。
衝突警報システムがカバーする速度域も対車両で約4~80km/h、対歩行者で約4~50km/hと拡大されました。
また、対向車のヘッドランプなどを検知して自車のヘッドランプをハイ/ローに自動切り替える機能も追加し、夜間時の視界確保に大きく貢献しています。

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

 

 

新型タントの特徴

 

モデルチェンジされると4代目となる新型タントとはどのような車でしょうか。
実はそのヒントが第45回東京モーターショー2017にありました。

 

DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)

第45回東京モーターショー2017にダイハツから出典された参考出品車「DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)(軽自動車)」は、「忙しいママを支える、モアスペース系軽自動車の使い勝手の良さをさらに高めた新提案」と説明され、以下の特徴を持っています。

 

  • モダンプロダクト的なシンプルさをもった内外装
  • ハンズフリー機能を備えたBピラーインの大開口前後スライドドア、助手席チップアップシートによる室内ウォークスルー、前席パノラマビューなどによる使い勝手の良さ
  • パワートレーンは660cc ガソリンエンジン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

 

プラットフォーム

2017年5月、フルモデルチェンジされた新型ミライースはDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の原点を確立したモデルです。

 

ちなみにDNGAの原点とは、「低燃費」・「低価格」・「安全・安心」を追求し、「見て、触って、乗って感じるクルマのあるべき姿」にこだわり、お客様の日常に寄り添う、「いつでも、誰でも気軽に乗れる軽」を基点とした、スモールカーづくりの考え方だそうです。

 

さらにダイハツは「今後、新型ミラ イースで確立したDNGAの原点に基づき、DNGA第一弾となる新プラットフォームを搭載した軽自動車を投入、さらに小型車やグローバルへの展開も目指す」とのことです。

 

このDNGAプラットフォームとは、軽量化、低重心化、高剛性化を両立する新プラットフォームのことです。
おそらく、ここで言及された「DNGA第一弾となる新プラットフォームを搭載した軽自動車」こそが、新型タントになると予想します。

 

エクステリア

新型タントのエクステリアは、DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)がベースになるでしょう。DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)がベースということから、タントの徴ともいえる「ミラクルオープンドア」も継続して採用されると思われます。

 

DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)のデザインはノーマルのタントに近く、当然カスタムは今と同じように押し出しの強いフロント周りになると思います。
また、カスタムのヘッドライトは、新型ミライースやムーヴで採用された、新デザインLEDヘッドライトを採用してくるでしょう。

 

新デザインLEDを採用した新型ムーヴ カスタム

 
出典:ダイハツ工業

 

予想スペック

ボディサイズは現行モデルと変わらないと予想します。

全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1750mm
ホイールベース 2455mm

 

 

CVTトランスミッションを採用し、駆動方式は2WD(FF)と4WDの2種類というのも現行モデルと同じです。

 

搭載されるエンジンは現行型に採用されている「KF-VE型658cc」を改良し、ダイハツが誇る低燃費技術「e:S(イース)テクノロジー」を採用するようです。

e:Sテクノロジーとは、
1.パワートレーンの進化

 

  •  燃焼効率向上とエネルギーロス低減を極めた新エンジン
  •  動力伝達効率をさらに向上したCVT
2.車両の進化
  •   ・シェルボディの骨格合理化などにより、約60kgの軽量化*3を実現
  •   ・空気抵抗や転がり抵抗などの走行抵抗を低減
  •   ・エンジンルーム内の熱マネジメント
3.エネルギーマネジメント
  •   ・停車前アイドリングストップ機能付の新「eco-IDLE」
  •   ・エコ発電制御(減速エネルギー回生機能付)

の技術を用い、モーターに頼らずとも低燃費を実現する技術です。

 

新型タントでは、さらに進化したe:Sテクノロジーが搭載されると予想します。

 

エンジンは現行モデル同様に、自然吸気(NA)とターボモデルの2種類。

 NAモデル搭載エンジンの予想スペックは、

 

  • 最大出力 38kw(52ps)/6800rpm
  • 最大トルク 60kw(6.1kgf)/5200rpm
 ターボモデル搭載エンジンの予想スペックは

 

  • 最大出力 47kw(64ps)/6400rpm
  • 最大トルク 92kw(9.4kgf)/3200rpm

 

と現行とさほど変わらないと思われます。

 

但し、先のe:SテクノロジーやDNGAプラットフォームの採用により、燃費向上が図られるでしょう。

 

燃費

新型タントは燃費において、スーパーハイトワゴンNo.1を目指していると聞きます。
目標はスペーシアの32.0km/L超えだそうです。

 

  新型タント スペーシア N-BOX ルークス/
  (予想)     ek スペース
NA(FF) 32.0km/L以上 32.0km/L 27.km/L 22.0km

 

予防安全技術

予防安全技術については、発売当初は現行モデルと同じスマートアシストⅢが搭載されると予想します。
ただし、現行モデルもそうでしたが、予防安全技術については、都度改良がおこなわれ進化していくものと思われます。

 

発売時期

2018年10月~12月と言われています。

 

予想価格

新型タントは装備の充実等もありますが、当初は予防安全技術については現行モデルと同じスマートアシストⅢが搭載されると思われます。
このため、現行よりも若干の価格上昇があっても、10万円を超える価格上昇は無いと予想します。

 

 

新型タントをライバル車と比較

 

新型タントのライバルはズバリ、前述のスーパーハイトワゴン達です。中でもフルモデルチェンジされ2017年9月1日から発売されたホンダ N-BOXは最大のライベルです。

主要諸元

新型タント

 

  新型タント スペーシア N-BOX
  (予想)    
型式   ZBXB-JA2 DBA-JF
全長・全幅・全高 3395×1475×1750 3395x1475x1735 3395x1475x1790
ホイールベース(㎜) 2455 2425 2520
エンジン / 型式 直列3気筒 直列3気筒ターボ 直列3気筒
  / KF型 / R06A型 / S07B型
排気量(cc) 658 658 658
エンジン区分 ガソリン ハイブリッド ガソリン
最高出力/回転数 52ps/6800rpm 52ps/6500rpm 58ps/7300rpm
最大トルク/回転数 6.1kgf/5200rpm 6.4kgf/4000rpm 6.6kgf/4800rpm
モーター最高出力   2,2ps/1000  
モーター最高トルク   4.1kgf/100  
JC08モード燃費 32.0km/L 32.0km/L (2WD) 27.0km/L(2WD)
駆動方式 FF / 4WD FF / 4WD FF / 4WD
ミッション CVT CVT CVT

 

スペーシア

スペーシアはスズキが2013年に発売したスーパーハイトワゴンです。
万人受けするエクステリアデザインは、平凡の印象を与え、カスタムにおいてもスポーティではあるものの、タントやN-BOXのような押し出しの強いデザインではなく、決して基本性能に劣る車ではないにも関わらず、販売面では後れをとっています。
ライバルに追いつこうと2017年、押し出しの強いフロントフェイスを持つカスタムZを販売し、巻き返しを図っています。

 

スペーシアの最大の特徴は燃費の良さです。
S-エネチャージを搭載するスペーシアは、燃費性能に優れるだけでなく、専用のバッテリーを使って発進や加速をアシストします。
燃費は最大で32.0km/Lで、これは新型となったN-BOXやライバル達を大きく上回ります。

 

また、予防安全技術についても、スペーシアにはデュアルカメラブレーキサポートが搭載されており、他のライバル車に引けを取りません。
車線逸脱警報機能やふらつき警報機能も搭載されているため、N-BOXに搭載されるホンダセンシングに近いものが既に装着されているとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:スズキ自動車

 

N-BOX

フルモデルチェンジが行われ2017年9月1日から発売されたN-BOXは、発売直後から好調な売れ行きを示し、乗用車を含む2017年9月度新車売上台数で1位となっています。
初代N-BOXからのキープコンセプトですが、これまでライバル達に劣っていた部分を見直し、まさに死角無しの状態で登場しました。

 

N-BOXの特徴の一つに予防安全技術「Honda SENSING」の全グレード標準装備が挙げられます。
これまで同社のアコードやオデッセイといった価格の高い車種に採用されていたHonda SENSINGを軽自動車に展開し、ライバル車に大きな遅れを取っていた予防安全技術を一気に巻き返しました。

 

エクステリアデザインでも、カスタムでは上級車に装備されるジュエルアイLEDライトを搭載するなど、ホンダの力の入れ方がわかります。

 

N-BOXは軽量化や改良エンジンにより走行性能もアップし、静粛性も向上し、万全の体制でライバルを迎え討ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:本田技研工業

 

ライバル比較 まとめ

新型タントはDNGAの採用による車体の剛性アップや軽量化、燃費の更なる向上だけでなく、ライバル車、特に新型となったN-BOXを徹底的に研究してくるでしょう。

 

燃費や安全性に優れ、カスタムZで押し出しのある高級感を手に入れたスペーシア。
軽自動車の枠を超えた上質感や高級感をまとい、最新の技術を取り入れたN-BOX。
これらを研究し、満を持して登場する新型タント、どれを選んでも失敗は無いと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

売れ行きが好調な軽自動車の中でももっとも競争が激しいクラスが軽スーパーハイトワゴンです。
新型タントが発表されれば、おそらくクラストップの実力を誇るでしょう。しかし、その後に登場するライバル達はタントを追い抜き、ライバルが進化すると、それに追いつき追い越すようにまた進化する。各メーカーが切磋琢磨することで、このクラスの車は燃費、安全性能を含め、劇的な進化を遂げています。
複数の優れた車から、自分の好みのを車を選択できる今の状況は、私たちユーザーにとってとても幸せな状況と思います。

 

 

今の車をを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説