ムーヴ買取り

ムーヴ(MOVE)高額買取のコツ

ダイハツ|ムーヴ(MOVE)

ダイハツムーブ車名の由来と車歴を紹介

街中でもよく走っているムーヴですが、「動かす」「(生物の)動作」と言う意味の英語から来ています。

ダイハツムーブを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

初代ムーブはデザイン会社との合作で作られたデザインで登場

初代ムーヴの外装はイタリアのデザイン会社I.DE.Aとダイハツの合作でグリルレスのフロントマスクと縦型テールランプが特徴となっています。

 

エンジンは直列3気筒と、4気筒DOHCエンジン搭載で、5速マニュアル、またはオートマチックターボ車には4速、ノンターボ車には3速が組み合わされています。

 

1997年5月の一部改良では、スポーティモデルの「カスタム」シリーズ通称"裏ムーヴ"が追加されました。大型角2灯ヘッドランプと大型メッキグリルのフロントマスク、フェンダー、ボンネット、バンパーが専用タイプで、インパネやシートなども専用のものとなっています。

 

また、フロントグリルの「MOVE」エンブレムの文字色も標準車とは異なり、初代はレッド、以降シルバー、ゴールドと変更されています。

軽自動車規格改正で2代目ムーブはボディサイズUPで登場

軽自動車規格改正に合わせフルモデルチェンジを行い、2代目ムーヴはボディサイズが少し大きくなりました。

 

カジュアル系とカスタム系の2種類が用意され、カジュアル系は横長のヘッドライトで、シンプルなフォルムと使い勝手を重視したモデル。

 

カスタム系は大型のエアロバンパーやサイドスカート、丸目4灯式のヘッドライトなどによりスポーティさを強調したモデルとなっています。

 

衝突安全ボディ「TAF(タフ)」やディアルSRSエアバッグを全車に標準装備、ブレーキアシスト付ABSをオプション設定するなど安全性が向上されました。

 

1999年には女性ユーザー向けに、エンブレム、デカール、メーターパネルがキティ仕様の特別仕様車「ハローキティ」が発売されました。

 

2000年10月に行われたマイナーチェンジでは、衝突安全ボディ「TAF」の性能アップや安全インテリア「SOFI(ソフィ)」の採用により安全性能を向上させました。

3代目ムーブはプラットフォームを一新し幅広いニーズに対応

3代目ムーヴ(MOVE)は、プラットフォームを一新し、「生活革新!エキサイティングミニバン」をコンセプトとした「ムーヴ」と「モバイル世代のラジカルボックス」をコンセプトとした「ムーヴカスタム」の2タイプを設定。幅広い世代のニーズに対応しています。

 

両モデルとも11色の豊富なカラーバリエーションを設定しています。ムーヴはインストルメントパネルにより明るく開放的なインテリアで、視認性の良い1眼メーターや、広々感と座り心地の良さを両立したワイドベンチシートを採用しています。

 

ムーヴカスタムはブラック基調のインテリアにより硬質でスポーティなデザインとなっており、タコメーター付2眼メーターや、左右一体感のあるV型ツートーンのワイドベンチシートを採用しています。多彩なシートアレンジや22個の豊富な収納スペースなどで使い勝手も良いです。

 

また、全車、「超-低排出ガス」または「優-低排出ガス」認定を取得し、2010年新燃費基準に適合するなど高い環境性能を実現しています。

 

プラットフォームからエンジンまで一新し4代目となりました。「わたしの軽やかオールマイティ」がコンセプトの「ムーヴ」と「上質・快適移動体」がコンセプトの「ムーヴカスタム」。

4代目ムーブはツインカムDVVを搭載したエンジンを載せ燃費向上し登場

4代目ムーヴのエンジンは燃費性能に優れたツインカムDVVT3気筒エンジン「KF-VE型」と、力強くスムーズな加速感を生み出すツインカム3気筒ターボエンジン「KF-DET型」を搭載。「X Limited」と「カスタムRS」にはCVTを組み合わせており、燃費性能も向上させています。

 

外観デザインは卵型のワンモーションフォルムとなっており超ロングホイールベースと、コンパクトなエンジンルームにより軽自動車最大の室内空間を実現しました。

 

5つのドアはフルオープンで約90度まで開き、大きな荷物の積み下ろしもスムーズに行なうことができます。2008年のマイナーチェンジではフロント周りを中心に外観デザインや、内装の変更を行ない、オプションだったアジャスタブルパックを標準装備にするなど快適性、利便性を向上させました。

 

また、ターボグレード全車がCVT化しました。

5代目ムーブはアイドリングストップ機能を搭載し登場

「広々快適な室内空間」、「使い勝手の良さ」、「ハイクオリティなデザイン」で幅広い層のユーザーから好評を得ているムーヴは5代目となりました。

 

今回のフルモデルチェンジでは、スペース系軽自動車の次世代スタンダードを目指し開発されました。新開発のアイドリングストップシステム「eco IDLE(エコアイド)」、新開発「第2世代KFエンジン」の搭載や、約35Kgの軽量化など車体側の燃費対策も徹底し、10・15モード走行燃費が、ガソリン車トップとなる27.0Km/Lと低燃費になり、NA全車がエコカー減税75%軽減レベルに適合しました。

 

また、最新装備も充実しており、運転状況を分析し、楽しく低燃費運転ができる「エコ運転支援機能」や、より少ない燃料で目的地に到着する道を案内する「省エネルート検索」を搭載したメモリーナビゲーションシステムを採用しています。

 

ホイールベースは35mm短縮されつつも、乗る人すべてがゆったりくつろげる広い室内空間で、新形状のフロアパネルと防音材の最適配置により、優れた静粛性も実現しました。

現行ムーブはボディ構造、足回りが見直され快適性能が格段に向上して登場

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、2014年12月に6度目となるフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。

 

今回のモデルチェンジでは、従来のモデルからボディ構造や足回りなどの根幹部分を根本から見直し、快適性や走行性能全般の大幅な改善を図った事が最大の特徴となっています。

 

ボディは、「Dモノコック」と呼ばれるダイハツ独自の構造を持つもので、高剛性と軽量化を同時に実現した事が特徴となっています。又、テールゲートが初代から続いた横開き式を止め、跳ね上げ式に変わっています。

 

スタイリングは、ボディ側面のプレスラインにより躍動感が演出され、特に「カスタム」は迫力溢れるフロントマスクを採用した事により、先代以上にアグレッシブな印象を強めています。又、ボディの基本的なスタイリングが初めてカスタムを前提にデザインされた事も、大きな変化となっています。

 

ボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mmで先代と大差なく、ホイールベースも先代と同一の2,455mmとなっています。

 

サスペンション形式は、前マクファーソンストラット式/後トーションビーム式(FF)・3リンク式(4WD)を踏襲しつつ、特性の見直しと剛性強化を図った改良型が採用されています。

 

ムーブはやはり燃費もよく女性の方でもとても乗りやすい車です。

 

街乗りとしてとても活用できる1台と思います。

 

 

ダイハツムーブを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 

ダイハツ ムーヴ、ライバル車種比較と目標値引き額

2017年8月1日、軽トールワゴンの老舗ともいえるダイハツ ムーヴがマイナーチェンジを行いました。
2014年12月にフルモデルチェンジを行った現行型ムーヴは発売から3年ほどが経ち、後から登場したライバルとの後れを取り戻すべく、今回は大規模なマイナーチェンジとなっています。
特に今回のマイナーチェンジでは、予防安全機能「スマートアシストⅢ」を搭載するなど、安全面での機能充実がメインとなっています。

 

マイナーチェンジされたムーヴについてご紹介するとともに、ライバル車との比較、また、気になる値引き情報についてもご紹介していきます。

 

 

ムーヴとはどんな特徴がある?

 

マイナーチェンジされたムーヴをご紹介する前に、まずはムーヴとはどのような車なのか、こちらからご紹介します。

 

ムーヴの特徴

1993年、軽自動車の弱点ともいえる室内の狭さを、車高を高くすることで克服し、それまでの軽自動車に革命を起こしたとも言えるスズキ ワゴンRは、これまでの軽自動車には無い、優れた使い勝手とそのスタイルから、大ヒットを遂げます。
軽自動車の国内マーケットでスズキと熾烈なシェア争いを行っていたダイハツにとって、ワゴンRに対抗できる軽トールワゴンを持つことは必須でした。
ワゴンR発売から2年後の1995年、こうしてワゴンRに対抗すべく、ダイハツはムーヴを発表します。
ワゴンRのヒット同様、ムーヴも大ヒットを遂げ、ワゴンR同様にムーヴは軽トールワゴンの代名詞となります。

 

初代ムーヴ

 

 
出典:drom.ru

 

〇横開きのバックドア

初代から先代(5代目)まで、通常の跳ね上げ式(縦開き)ではなく横開き式のバックドアを採用していました。バックドアを横開きにすると、バックドアを閉める際に大きな力を必要とせず、また後方にスペースが無い狭い駐車場でも荷物の出し入れが可能となりますが、急な突風などでドアが閉まるなどの危険性もあります。
現行(6代目)ではムーヴのアイデンティティとも言えた横開き式のバックドアを廃止し、バックドアを樹脂製にすることで女性やお年寄りでも楽に開閉ができる、一般的な跳ね上げ式のバックドアに変更されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:みんカラ

 

〇ムーヴ、ムーヴカスタム、カスタム ハイパー

ムーヴには標準グレードのノーマルタイプのムーヴ、ドレスアップを行い内外装をスポーティにしたカスタム(初代ムーヴでは「裏ムーヴ」と呼ばれました)が存在します。
さらに、現行(6代目)ムーヴでは通常のカスタムの外観や内装をさらにおしゃれに、そして上質に仕上げた「ハイパー」が登場しました。

 

 

ムーヴ カスタム RS ハイパーSAⅢ

 

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

 

 

マイナーチェンジされたムーヴの特徴

 

マイナーチェンジされたムーヴの特徴は次の3点です。

 

  1. 予防安全機能「スマートアシストⅢ」の採用
  2. 内外装デザインの変更
  3. グレードも整理と価格の見直し

 

それぞれについて見ていきます。

 

〇予防安全機能「スマートアシストⅢ」の採用

 

冒頭でも取り上げましたが、今回のマイナーチェンジの最大のポイントは、予防安全機能「スマートアシストⅢ」が新たに採用された点です。
さらに、車両の前後左右を映す「パノラマモニター」も採用され、安全、安心を大きく進歩させました。

 

スマートアシストⅢは、センサーに世界最小のステレオカメラを使うことで、車内への圧迫感を軽減すると同時に歩行者や先行車、障害物などに対して警告を行ったり、場合によっては緊急ブレーキをかけるなど衝突回避を補助してくれます。
これまでのスマートアシストⅡでは、歩行者に対しては、警告のみでしたが、スマートアシストⅢになって、警告に加え自動ブレーキも対応しています。
衝突警報システムがカバーする速度域も対車両で約4~80km/h、対歩行者で約4~50km/hと拡大されました。
また、対向車のヘッドランプなどを検知して自車のヘッドランプをハイ/ローに自動切り替える機能も追加し、夜間時の視界確保に大きく貢献しています。

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

〇内外装デザインの見直し

 

・外装の変更

ムーヴではメッキフロントグリルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現しています。

 

ムーヴ カスタムでは新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプなどによる、先進的で上質感あるエクステリアを実現しました。

 

実はこの外装の見直しにはスマートアシストⅢの採用が大きく影響しています。
スマートアシストⅡまで採用していた赤外線レーザーセンサーは、フロントグリル内に取り付けられていたため、黒い筐体で目立たなくしてはいたものの、デザイン上の制約は避けられませんでした。
スマートアシストⅢはセンサーがカメラのみに変更されたため、赤外線レーザーセンサーが不要になり、フロント周りデザインの制約なくなりました。
この結果、スタイリッシュで、高級感を高めたデザインへと変更することが可能となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

 

・内装の変更

新意匠のインパネガーニッシュなどによる上質感ある内装になりました。その他にもリヤシートのラゲージ側に、リヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

 

〇グレードの整理と価格の見直し

今回のマイナーチェンジで、大規模なグレード整理と価格の見直しが行われました。

 

ムーヴ(ノーマルモデル)を中心に大幅な値下げが行われ、最廉価モデルの「L」では価格が1,134,000円から1,112,400円へと、21,600円の値下げが行われました。
最上級グレードの「X ターボ“SAⅢ”」でも3万円の値下げがされており、ムーヴ全体で平均して2~3万円の値下げが行われました。
グレード数も変更され、最上級の「X ターボ」はスマートアシスト非搭載車がなくなりました。

 

カスタムは大幅にグレード数を絞り、7つあったグレードが3グレードに縮小されました。
グレード数を絞った結果、ほぼ全てのグレードにスマートアシストⅢが標準搭載されています。
また、「X」「RS」に設定されていたグレード「ハイパー」を、最上級のターボモデルに限定しました。
なお、カスタムは、最廉価モデルも「X」のみ3万円の値下げで、最上級グレードの価格は据え置かれています。

 

ダイハツ ムーヴ グレード別価格

L(2WD / 4WD) 111万 / 124万
L“SAⅢ” (2WD / 4WD) 118万 / 130万
X(2WD / 4WD) 121万 / 133万
X“SAⅢ” (2WD / 4WD) 127万 / 140万
X ターボ“SAⅢ”(2WD / 4WD) 135万 / 147万
カスタム X (2WD / 4WD) 137万 / 150万
カスタム X“Limited SAⅢ”(2WD / 4WD) 149万 / 161万
カスタム RS“ハイパーSAⅢ”(2WD / 4WD) 163万 / 175万

 

(消費税込み)

 

 

マイナーチェンジされたムーヴをライバル車と徹底比較

 

軽トールワゴンの代名詞とも言えるムーヴのライバルは、ズバリ、同じく軽トールワゴンの題名とも言えるスズキ ワゴンRと、Nシリーズで人気を博すホンダ N-WGNです。

 

主要諸元

 

  ムーヴ ワゴンR N-WGN
  X ターボ SAⅢ HYBRID FX ターボパッケージ
型式 DBA-LA150S DAA-MH55S DBA-JH1
全長・全幅・全高 3395×1475×1630 3395x1475x1650 3395x1475x1655
ホイールベース(㎜) 2455 2460 2520
エンジン / 型式 直列3気筒ターボ 直列3気筒ターボ 直列3気筒ターボ
  / KF型 / R06A型 / SO7A型
排気量(cc) 658 658 658
エンジン区分 ガソリン ハイブリッド ガソリン
最高出力/回転数 64ps/6400rpm 52ps/6500rpm 64ps/6000rpm
最大トルク/回転数 9.4kgf/3200rpm 6.1kgf/4000rpm 10.6kgf/2600rpm
モーター最高出力   3.1ps/1000  
モーター最高トルク   5.1kgf/100  
JC08モード燃費 27.4km/L(2WD) 33.4km/L (2WD) 26.0km/L(2WD)
  25.6km/L(4WD) 30.4km/L (4WD) 24.2km/L(4WD)
駆動方式 FF / 4WD FF / 4WD FF / 4WD
ミッション CVT CVT CVT

 

〇ワゴンR

ムーヴの最大のライバルであるワゴンRはマイルドハイブリッドと呼ばれるハイブリッドシステムを搭載している点が特徴です。
モーターとリチウムイオン電池を搭載し、FFモデルではJC08モードで33.4km/Lというクラストップレベルの燃費性能を誇ります。
さらに、アイドリングストップからの再始動をモーターで行うため、セルモーターの音を出さずに走りだせます。
100km/hまでモーターアシスト可能なので加速もスムーズに行え、走行時もアシストが働いて低燃費走行ができます。

 

また、安全面では、単眼カメラとレーザーセンサーを用いたデュアルセンサーブレーキサポートを搭載しています。
デュアルセンサーブレーキサポートでは、歩行者に対し約5km/h ~ 約60km/hまでの自動ブレーキが、自動車に対しては約5km/h ~ 100km/hまでの自動ブレーキが対応しています。
ただし、誤発進抑制機能は前方に対してのみで、この点はムーヴに分があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:スズキ自動車

 

〇N-WGN

センタータンクレイアウトを採用しているN-WGNは低床で後部座席が広いという特徴があります。
さらに、低床のメリットで、ラゲッジスペースに大型の床下収納があり、積載性でも優れています。

 

N-WGNは走りも売りの一つです。実用域でパワフルなエンジンの評判は高く、低重心と相まって安定した高速走行も可能です。

 

いっぽうで、走行性能に比重を置いているため燃費はムーヴに劣っています。

 

また、予防安全機能はシティブレーキアクティブシステムと呼ばれる30km/h以下でしか使えない自動ブレーキのみとなっています。
誤発進抑制機能も前方に対してしか使えず、この辺りの機能はスマートアシストⅢを搭載するムーヴには追い付いていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:本田技研工業

 

〇ライバル車比較まとめ

スマートアシストⅢを採用するムーヴは、高性能な予防安全機能を装備し、Dモノコックと呼ばれる軽量の高剛性ボディを採用し、操縦安定性を高め、サスペンションの見直しと合わせてしっかりとした走りを実現しています。

 

内外装も質感の高さを追求したものになっており、今回のマイナーチェンジで更に上質さを重視した改良がされています。

 

質感や走行性能を重視し、高い安全性能を求める人にはムーヴがおすすめです。

 

ワゴンRは、何と言っても低燃費なハイブリッドシステムが魅力の軽自動車です。

 

走りの良さが売りのN-WGNは、街乗りや高速道路で気持ちよく走れる軽自動車を求める人におすすめです。

 

 

大見出し4 マイナーチェンジしたムーヴの目標値引き額はどれぐらい可能?

 

マイナーチェンジを行ったムーヴはどのくらい値引きできるのでしょうか。
大手口コミサイト「価格.com」による最新の値引き情報をチェックしてみます。

 

ムーヴの値引き情報

 

 

 

 

 

 

出典:価格.com

 

ムーヴ カスタムの値引き情報

 

 

 

出典:価格.com

 

マイナーチェンジ後とは言え、デビューから3年を経過するモデルですが、軽自動車の利幅は小型車と比べて少なく、小型車のような値引き額は期待できません。
最新の値引き情報にあるとおり、ライバル車と競合させながら上手に交渉し、オプション品を含んで値引き額が15万円となれば、成功とみて良いでしょう。

 

 

まとめ

 

ムーヴは軽自動車の中でも最もベーシックな軽トールワゴンに分類されます。
昨今、タントやN-Boxなどのスーパーハイトワゴンと呼ばれるカテゴリーが人気となっていますが、ムーヴなどの軽トールワゴの需要もまだまだ高く、今後も軽トールワゴンというカテゴリーには、先端の技術や安全技術が惜しみなく投入され、ますます魅力的な車が多く登場すると思われます。
今回のマイナーチェンジでも、十分な進化を遂げたムーヴですが、早ければ2018年12月頃にフルモデルチェンジを行うと言われています。
フルモデルチェンジされたムーヴはどのように進化するのか、最新の動向について、常にウォッチしていきたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説