ムーヴ買取り

ムーヴ(MOVE)高額買取のコツ

ダイハツ|ムーヴ(MOVE)

ダイハツムーブ車名の由来と車歴を紹介

街中でもよく走っているムーヴですが、「動かす」「(生物の)動作」と言う意味の英語から来ています。

ダイハツムーブを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

初代ムーブはデザイン会社との合作で作られたデザインで登場

初代ムーヴの外装はイタリアのデザイン会社I.DE.Aとダイハツの合作でグリルレスのフロントマスクと縦型テールランプが特徴となっています。

 

エンジンは直列3気筒と、4気筒DOHCエンジン搭載で、5速マニュアル、またはオートマチックターボ車には4速、ノンターボ車には3速が組み合わされています。

 

1997年5月の一部改良では、スポーティモデルの「カスタム」シリーズ通称"裏ムーヴ"が追加されました。大型角2灯ヘッドランプと大型メッキグリルのフロントマスク、フェンダー、ボンネット、バンパーが専用タイプで、インパネやシートなども専用のものとなっています。

 

また、フロントグリルの「MOVE」エンブレムの文字色も標準車とは異なり、初代はレッド、以降シルバー、ゴールドと変更されています。

軽自動車規格改正で2代目ムーブはボディサイズUPで登場

軽自動車規格改正に合わせフルモデルチェンジを行い、2代目ムーヴはボディサイズが少し大きくなりました。

 

カジュアル系とカスタム系の2種類が用意され、カジュアル系は横長のヘッドライトで、シンプルなフォルムと使い勝手を重視したモデル。

 

カスタム系は大型のエアロバンパーやサイドスカート、丸目4灯式のヘッドライトなどによりスポーティさを強調したモデルとなっています。

 

衝突安全ボディ「TAF(タフ)」やディアルSRSエアバッグを全車に標準装備、ブレーキアシスト付ABSをオプション設定するなど安全性が向上されました。

 

1999年には女性ユーザー向けに、エンブレム、デカール、メーターパネルがキティ仕様の特別仕様車「ハローキティ」が発売されました。

 

2000年10月に行われたマイナーチェンジでは、衝突安全ボディ「TAF」の性能アップや安全インテリア「SOFI(ソフィ)」の採用により安全性能を向上させました。

3代目ムーブはプラットフォームを一新し幅広いニーズに対応

3代目ムーヴ(MOVE)は、プラットフォームを一新し、「生活革新!エキサイティングミニバン」をコンセプトとした「ムーヴ」と「モバイル世代のラジカルボックス」をコンセプトとした「ムーヴカスタム」の2タイプを設定。幅広い世代のニーズに対応しています。

 

両モデルとも11色の豊富なカラーバリエーションを設定しています。ムーヴはインストルメントパネルにより明るく開放的なインテリアで、視認性の良い1眼メーターや、広々感と座り心地の良さを両立したワイドベンチシートを採用しています。

 

ムーヴカスタムはブラック基調のインテリアにより硬質でスポーティなデザインとなっており、タコメーター付2眼メーターや、左右一体感のあるV型ツートーンのワイドベンチシートを採用しています。多彩なシートアレンジや22個の豊富な収納スペースなどで使い勝手も良いです。

 

また、全車、「超-低排出ガス」または「優-低排出ガス」認定を取得し、2010年新燃費基準に適合するなど高い環境性能を実現しています。

 

プラットフォームからエンジンまで一新し4代目となりました。「わたしの軽やかオールマイティ」がコンセプトの「ムーヴ」と「上質・快適移動体」がコンセプトの「ムーヴカスタム」。

4代目ムーブはツインカムDVVを搭載したエンジンを載せ燃費向上し登場

4代目ムーヴのエンジンは燃費性能に優れたツインカムDVVT3気筒エンジン「KF-VE型」と、力強くスムーズな加速感を生み出すツインカム3気筒ターボエンジン「KF-DET型」を搭載。「X Limited」と「カスタムRS」にはCVTを組み合わせており、燃費性能も向上させています。

 

外観デザインは卵型のワンモーションフォルムとなっており超ロングホイールベースと、コンパクトなエンジンルームにより軽自動車最大の室内空間を実現しました。

 

5つのドアはフルオープンで約90度まで開き、大きな荷物の積み下ろしもスムーズに行なうことができます。2008年のマイナーチェンジではフロント周りを中心に外観デザインや、内装の変更を行ない、オプションだったアジャスタブルパックを標準装備にするなど快適性、利便性を向上させました。

 

また、ターボグレード全車がCVT化しました。

5代目ムーブはアイドリングストップ機能を搭載し登場

「広々快適な室内空間」、「使い勝手の良さ」、「ハイクオリティなデザイン」で幅広い層のユーザーから好評を得ているムーヴは5代目となりました。

 

今回のフルモデルチェンジでは、スペース系軽自動車の次世代スタンダードを目指し開発されました。新開発のアイドリングストップシステム「eco IDLE(エコアイド)」、新開発「第2世代KFエンジン」の搭載や、約35Kgの軽量化など車体側の燃費対策も徹底し、10・15モード走行燃費が、ガソリン車トップとなる27.0Km/Lと低燃費になり、NA全車がエコカー減税75%軽減レベルに適合しました。

 

また、最新装備も充実しており、運転状況を分析し、楽しく低燃費運転ができる「エコ運転支援機能」や、より少ない燃料で目的地に到着する道を案内する「省エネルート検索」を搭載したメモリーナビゲーションシステムを採用しています。

 

ホイールベースは35mm短縮されつつも、乗る人すべてがゆったりくつろげる広い室内空間で、新形状のフロアパネルと防音材の最適配置により、優れた静粛性も実現しました。

現行ムーブはボディ構造、足回りが見直され快適性能が格段に向上して登場

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、2014年12月に6度目となるフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。

 

今回のモデルチェンジでは、従来のモデルからボディ構造や足回りなどの根幹部分を根本から見直し、快適性や走行性能全般の大幅な改善を図った事が最大の特徴となっています。

 

ボディは、「Dモノコック」と呼ばれるダイハツ独自の構造を持つもので、高剛性と軽量化を同時に実現した事が特徴となっています。又、テールゲートが初代から続いた横開き式を止め、跳ね上げ式に変わっています。

 

スタイリングは、ボディ側面のプレスラインにより躍動感が演出され、特に「カスタム」は迫力溢れるフロントマスクを採用した事により、先代以上にアグレッシブな印象を強めています。又、ボディの基本的なスタイリングが初めてカスタムを前提にデザインされた事も、大きな変化となっています。

 

ボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mmで先代と大差なく、ホイールベースも先代と同一の2,455mmとなっています。

 

サスペンション形式は、前マクファーソンストラット式/後トーションビーム式(FF)・3リンク式(4WD)を踏襲しつつ、特性の見直しと剛性強化を図った改良型が採用されています。

 

ムーブはやはり燃費もよく女性の方でもとても乗りやすい車です。

 

街乗りとしてとても活用できる1台と思います。

 

 

ダイハツムーブを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説