アクア買取り

アクア(aqua)高額買取のコツ

トヨタ|アクア(aqua)

トヨタ,アクア,買取り,相場

平成26年新車登録台数No1『アクア』その車名の由来

 

平成26年における新車乗用車販売台数で、トップの販売実績を誇っていたのが、トヨタ自動車のアクアです。

 

名前の由来はハイブリッドにも通じる「透明感のあるクリーン」なイメージと、「誰もが必要/大切にする」イメージを連想する水の意味があります。

 

また、aqua(水)のように「自由な広がり」を持つことで、従来のハイブリッドカーのイメージにとらわれることなく、より多くの人に楽しんでいただけることを願って命名されました。

アクアを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

プリウスを一回り小さくし小型ハイブリット専用車として登場

トヨタアクアは、ハイブリッド車プリウスを一回り小さくし、小型車としてハイブリッド専用の車として開発されたハイブリッドカーです。

 

現在の3代目ハイブリッド車プリウスは、エンジンの排気量は1800ccと大型化され、価格も300万円と高価なものとなっています。

 

この頃、ホンダが小型車フイットにハイブリッドシステムを搭載し、リッター33kmを誇るハイブリッド車の販売を開始し、その対抗としてアクアが生まれた経緯があります。

 

軽自動車人気の中にあってトヨタ自動車のプリウスとアクア、ホンダのフイット はともにハイブリッド車ですが、軽自動車の販売と競い合っており、そのなかでもトヨタのアクアは、価格の安い軽自動車勢を抑えて堂々と販売トップの実績を誇っています。

 

トヨタは、同社のプリウスの車格が1800ccと上がったことで、価格も300万円とミドルクラスの車になったことから、200万円前後で購入可能なハブリッド車を出す必要がありました。

 

トヨタでは、小型車ではパッソ、ヴィッツがありその上にカローラの順に車格が形成されています。

 

一般的に考えると過去販売台数1位で車名も知られているカローラにプリウスの後継としてカローラをハイブリッド化するのが最も簡単と考えられるのですが、トヨタは過去のしがらみからの脱却を図るためか、カローラやヴィッツのハイブリッド化を行わず、全く新しい車種としてハイブリッド専用車の開発を進めることになりました。

 

トヨタと並んでハイブリッド車に力を入れていたホンダも低価格のハイブリッド車開発を進めていることが報じられ、ハイブリッド先行メーカーのトヨタとしても低価格でのハイブリッド車を出すことが必須となっていました。

 

トヨタではヴィッツのプラットホームを利用し、部品もヴィッツと共用することでコストを抑えてアクアの車名でライバルのフイットハイブリッドの対抗車として開発されることになりました。

 

トヨタアクアは、トヨタ自動車のコンパクトカークラスのハイブリッド車専用の車です。

 

軽自動車は装備が豊富になっている反面、価格が上がって200万円を超える価格の軽自動車も珍しくありません。

 

そのようななかでトヨタアクアは、プリウスと同じハイブリッド車にもかかわらず、ベースグレードのアクアの価格は200万円と低価格に抑えられています。

 

これは、プラットホームをはじめとする部品の多くを、ヴィッツやカローラと共用することで、非常にコストを抑えた設計となっています。

 

また、ハイブリッドのシステムもプリウスのように凝ったものではなく、エンジンのアシストとして電気モーターを動かす仕組みとなっており、シンプルな構造もコストダウンに一役買っています。

 

また、蓄電池の容量をプリウスの半分としたことで、重量物の電池を小型化することが可能となり、アクアの床下に電池を置くことで、同クラスのコンパクトカーと同等の室内広さが確保されています。

 

また、電池が小型化されたことで車重も一クラス上のカローラと同等の重さに抑えられていますので、リッター35kmとい世界トップの燃料消費となっています。

 

また、アクアは軽自動車と違い、小型車となりますので乗員が5人乗ることができるほか、荷物も沢山積むことができます。

 

また、衝突安全性においても、トップクラスの安全性が確保されており、販売1位の人気にふさわしい車に仕上がっています。

 

トヨタアクアは、リッター35kmを誇る高燃費性能と低価格な価格設定で非常に人気の高いハイブリッド車です。

 

車を移動の道具として考えるのなら、ハッチバック構造で荷物の出し入れが容易なアクアはとても優れた車です。

 

しかも、自動車税は100%減免の優遇を受けることができますので、維持費を考えても軽自動車と変わりません。このように優等生のアクアにおいても、全てが良いわけではありません。

 

当然、低価格で販売するためには、1円単位でコストダウンさせる必要があり、ヴィッツと部品を共用しているものの、目に見えない部分のコストは下げられています。

 

まず、アクアでは重量物である電池を搭載するため、軽量化は重要なことになります。

 

このため、ボディ各所にプラスチックが使われていることと、ボディ鋼板も非常に薄いものが使われていましたが、改良が加えられボディはしっかり感を増しています。

 

また、トヨタアクアは、燃費を気にするあまりエンジン出力を押さえたスペックになっており、動力不足から高速道路での高速走行時や山岳道路などでの上り坂が続くような所においては、極端に燃費が落ちる傾向にあります。

 

また、ブレーキの効き具合が回生ブレーキと油圧ブレーキの二つをコンピューターで管理して調節しているせいか、スムーズでないと感じるユーザーも少なくないようです。

 

慣れるまで時間がかかるでしょう。

 

次のフルモデルチェンジも噂されているので今挙げたような欠点が解消されてるとかなり乗りやすい車といえるのではないでしょうか。

 

 

アクアを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説