アルファード買取り

アルファード(alphard)高額買取のコツ

トヨタ|アルファード(ALPHARD)

トヨタ,アフファ―ド,買取り,相場

ミニバン型高級商用車アルファードの開発の歴史

アルファード(ALPHARD )は、トヨタ自動車が販売する大型LLクラスのミニバン型高級乗用車です。製造はトヨタ車体が担当。

 

名前の由来は星座の中で最も明るい星を意味するギリシャ語のα(alpha)に由来する造語です。エスティマのプラットフォームを使って作られたトヨタの最高級ミニバンの初代アルファード。

 

FFのメリットを生かした車内は、室内長3085mm、室内幅1585mm、室内高1390mmと国内最大級の広さを実現し、サードシートでも余裕たっぷり。

 

乗車定員は7人もしくは8人でグレードにより異なります。エンジンは3LのV6と2.4Lの直4の2種類で、4WDは全グレードに設定されてました。

 

全車にパワーウィンドゥ付き両側スライドドアを装備。またインテリアにウッドをふんだんに使い、純和式の豪華さを演出するとともに、車内にLED式間接照明を採用するなど単なる移動空間の域を超えています。

アルファードを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

3列シートの最高級ミニバン2代目アルファードの魅力とは

トヨタ,アフファ―ド,買取り,相場
トヨタの最高級3列シートミニバンとなる2代目アルファード。

 

旧型に比べて全高を低く抑えながらも低フロア化によりさらに広くなった室内は、“究極のおもてなし”を目指し快適な空間を演出しました。

 

広さや使い勝手はもちろん、快適さを追求したシートをはじめとした室内装備や高級車らしい静粛性にまでこだわられています。

 

特に上級仕様の2列目エグゼクティブパワーシートはオットマンや大型ヘッドレストなどを備え、前後80cmもスライドできる超快適仕様。

 

LED間接照明なども室内を演出しています。エアロモデルのSはエアロパーツだけでなく、専用リアパネルなども装着され、よりスポーティに仕上げられました。

2代目登場から6年半ぶりのフルモデルチェンジの開発テーマは高級車

姉妹車のヴェルファイアと共にフルモデルチェンジ(アルファードとしては約6年半ぶりのフルモデルチェンジ)。開発テーマは「大空間高級サルーン」で、「ミニバン」としてではなく一つの「高級車」として磨き上げ、開発されました。

 

外観はフロントデザインにロアグリルが一体となったメッキ加飾の大型フロントグリルを採用し、リアデザインはリアコンビネーションランプとライセンスガーニッシュを組み合わせて立体的なU字型の構成としてワイド感とアンダーボディの力強さを強調するデザインとなりました。

 

内装は茶木目調は杢柄の間に金属的な輝きを持たせ深みを表現。黒木目調はホログラム層を世界で初めて下地に採用し、杢柄をダークカラーで表現するなどしてグレードによりデザインを明確化。

 

走行性能においてはリアの足周りにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、高張力鋼板の採用範囲拡大や構造用接着剤の導入などによるボディ剛性強化と相まって乗り心地と操舵安定性を向上。

 

また、鋼板と鋼板の間に制振材などを挟み込んだ積層構造の複合鋼板であるサンドイッチ合板を使用するなど制振材や吸遮音材を効果的に配置し、風切音に有効な形状とすることで、乗り込んだ時から高速走行に至るまで静粛性を実現しました。

 

ハイブリッドモデルはエンジンをアトキンソンサイクル仕様の2AR-FXE型に置換し、6速シーケンシャルシフトマチックやE-Four(電気式四輪駆動)を備えたことで燃費を向上。

 

2.4Lガソリンモデルはエンジンを2.5Lの2AR-FE型に置換し、Super CVT-iに7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを備えたほか、アイドリングストップ機能を設定(2WD車はメーカーオプション設定、4WD車は標準装備)。3.5Lガソリンモデルは2GR-FE型を踏襲するが、6 Super ECTに6速シーケンシャルシフトマチックを装備したことで燃費を向上させました。

 

フロアを低床化したことで全高を低くしながら室内高は2代目と同等レベルの1400mmを確保し、ロングアシストグリップを装備してステップ高を低くしたことで乗降性を向上。

 

サードシートのスライド機構下に世界初となる大容量ラゲージ収納(148L)を確保し、デッキボードは3分割式に変更。

 

一部グレードにはセカンドシートと同じレール上に設置することで最大1160mmのシートスライド量を実現した助手席スーパーロングスライドシートを設定しました。

 

また、LEDルーフカラーイルミネーションを全車標準装備し、スマートキーで事前予約設定を行い、車両に近づけることでスライドドアが自動解錠して開くウェルカムパワースライドドアとスマートドアが閉じ始める時に受け付け、完全に閉じたタイミングで自動施錠する予約ロック機能を備えた世界初のスマートエントリー&プッシュスタートシステムを一部グレードに設定しました。

 

装備面も強化し、インテリジェントクリアランスソナー、プリクラッシュセーフティシステム、世界初の機能を備えたパノラミックビューモニターを一部グレードに設定しました。

 

やはり3代目アルファードは2代目や他メーカーのライバル車と比べかなり高級感が漂っています。ネットでの評判もかなり良く、モデルチェンジ等でさらにグレードアップするのが楽しみな1台ですね。

 

アルファードを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説