エスティマ(estima)買取り

エスティマ(estima)高額買取のコツ

トヨタ|エスティマ(estima)

トヨタ,エスティマ,買取り,相場

ミニバンの歴史を変えたエスティマの車名の由来

「ミニバンの歴史を変えた」という評価も決して大袈裟ではないのがエスティマですが、名前の由来はESTIMA 英語で「尊敬すべき」というESTIMABLE(エスティマブル)より名づけられました。

 

なお、ESTIMAの名称は日本のみで使用され、日本国外ではプレヴィア(PREVIA)やタラゴ(Tarago)の名称が採用されています。

初代モデルは1990年に登場

後に「ミニバンの歴史を変えた」とまで言われるほどの存在感を示すことになるエスティマの初代モデルが登場したのが1990年です。

 

前年の東京モーターショーでコンセプトモデルが登場した際に大きな衝撃を与えました。

 

その後商品化にまでこぎつける事となったのですが、登場当初は「高性能ニューコンセプトサルーン」として独特の形状共々高い注目を集める事になったのですが、正直売り上げ的には思ったほどのものではありませんでした。

 

その理由としてはやはり値段の高さが挙げられるでしょう。

 

元々エスティマは当時人気を博していた日産のバレットセレナに対向する部分もあったのですが、値段にして100万円以上も差があったのです。

 

バレットのベースグレードが136万円であったのに対し、エスティマの最廉価グレードが296万円。さらにはエスティマは5ナンバーとなってしまっていましたので、「素晴らしい性能だけど買うとなると話しは別」といった思いを寄せられてしまっていたのです。

 

とはいえ、自動車は発売して終わりではありません。

 

改良されていくものでもありますので、そこからエスティマは様々な改良が行なわれていく事になるのです。

 

エスティマエミーナやエスティマルシーダといった5ナンバーのエスティマが登場しました。

 

また、エスティマが苦戦を強いられた理由として値段の割りに走行性能が劣るものだったのです。

 

競合他車がV6エンジンを搭載し、それでいてエスティマよりも安価で提供していたのですから、エスティマが売れる理由もありませんよね。

 

そのため、エスティマはエンジンも改良されていくことになります。

 

スーパーチャージャーを装着したグレードの追加など、初代モデルは試行錯誤の繰り返しであったとも言えるでしょう。価格の方は296万円からの提供でした。

2000年のモデルチェンジしたエスティマが道場


そして2000年に待望のモデルチェンジが行なわれます。

 

初代モデルの楕円をモチーフにしたシルエットから、先鋭さをアピールしたシルエットに変更されました。

 

丸みを帯びている部分はあるものの、このシルエットを見た人々からは驚嘆の声が聞かれました。

 

車体サイズの方はほぼ同じサイズではあるのですが、FF化なされた点が最大のトピックでしょうか。とはいえ、FF化されて居住性が損なわれてしまってはまったく意味がありません。

 

居住性もしっかりと獲得。

 

さらには両側スライドドアやセンターメーター採用。

 

スライドドアに関しては一部グレードでは電動で行なわれました。さらには初代モデルは物足りないとされていた動力性能の部分も、V6の3.0Lエンジンモデルを投入する事でしっかりとカバー。

 

このように、初代モデルでは不評であった部分はほとんどが改良されるほど、エスティマの二代目モデルは力が入れられました。おかげでエスティマは初代モデルの雪辱を晴らす事に成功。

 

2000年の新車登録台数はカローラ、ヴィッツに次ぐ第三位を記録したのです。ライバルと目されていた他の車種も圧倒する事になったのですから、初代モデルもしっかりと糧となったという事でしょう。

 

事実、この二代目モデルは未だに中古車市場でも高い人気を得ているほどですから。更には二代目モデルの際にハイブリッドモデルも登場します。

 

700万円という価格設定のおかげでそこまで身近なものにはならなかったのですが、それでもバリエーション展開の豊富さはもちろん、世界初の「ハイブリッドミニバン」という称号も手にする事になったのです。

3代目エスティマは正常進化でハイブリッドモデルも発表

トヨタ,エスティマ,買取り,相場
そして2006年には再びモデルチェンジが行なわれ、三代目となりました。

 

2005年の東京モーターショーに於いてコンセプトモデルが発表されたのですが、そのコンセプトモデルに準じた形で発売される事になります。基本的には二代目からの正統進化と言えるでしょう。

 

シルエットも丸みよりも先鋭さが際立っています。

 

車体サイズそのものはほとんど変化が無いのですが、シートアレンジ面で様々な工夫を凝らせるようになっています。

 

FFタイプと4WDタイプが用意されており、エンジンも2.4LのCVT、3.5LのATなどが用意されていますので選択肢は幅広いと言えるでしょう。

 

先代モデルでも登場していたハイブリッドモデルも登場。先代は燃費面では高評価だったのですが、走行面に関してはそこまで高いものではありませんでした。

 

ですが三代目エスティマのハイブリッドモデルにはプリウスと同様のシステムが組み込まれている事もあり、燃費面だけではなく、走行面でも素晴らしい評価を得る事に成功しました。

 

一部改良も定期的に行なわれ、更には特別限定車も投入されるなど、エスティマ人気の高さを窺い知ることが出来ます。最近では4代目モデルの噂も上っている頃合でもあります。

 

これまで登場の度によくも悪くも我々に衝撃を与えてきたエスティマですので、四代目モデルがどのようなものとなっているのか、多くの人が注目しているのではないかと思います。

 

エスティマ(estima)を損なく売りたい場合は、

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説