クラウンロイヤル(crownroyal)買取り

クラウンロイヤル(crownroyal)高額買取のコツ

トヨタ|クラウンロイヤル ROYAL

トヨタ,クラウンロイヤル,買取り,相場

高級感を漂うトヨタ|クラウンロイヤル ROYAL 車名の由来

 

街中で高級感を漂わせているクラウンですが、名前の由来「CROWN」とは、英語で「王冠」という意味です。

 

「クラウンロイヤル ROYAL」 ロイヤルは「国王の」「王室の」という意味です。

 

クラウンロイヤルを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

初代クラウンロイヤルは世界トップレベルの安全、環境、快適装備で登場

ゼロクラウンはプラットフォームをはじめ、エンジン、サスペンションなど基本性能を全て一新し、躍動感あるスタイル、優れた運動性能、世界トップレベルの安全・環境性能、最先端の技術・快適装備になっています。

 

外観も高級感があるだけでなく、より若い世代にも支持されるスタイリングになりました。

 

クラウンロイヤルは伝統的なクラウンのイメージを残し、より豪華なつくりとなっています。

 

クラウンロイヤルのエンジンはV型6気筒の3.0Lと2.5Lの直噴ガソリンエンジンを搭載し、3.0L車にはシーケンシャルシフト付6速ATを組み合わせ、2.5L車には5速ATを組み合わせており、どちらにも電子制御フルタイム4WD「i-Four」を用意しています。

 

内装は高級感にあふれ、オーバーヘッドコンソールなど最適な収納スペースも充実しており、広い室内空間となっています。

 

遠方視界を確保するナイトビューや、インテリジェントAFS、マイナスイオン発生装置など先進装備を採用しています。

 

2004年8月の一部改良では排出ガスをよりクリーン化することで、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を全グレードで達成し、環境性能を向上させた。

 

2005年10月にはマイナーチェンジをおこない、立体的で上質感を強調したフロントグリル、ヘッドランプのスモーク化、透明感と奥行き感のあるリヤコンビネーションなどを採用したほか、レーンキーピングアシストをオプション設定するなど、安全装備も充実させました。

2代目クラウンロイヤルは初代のイメージを残しより曲線的なデザインで登場

2代目クラウンロイヤルは初代のイメージを残しつつ、よりシャープにさせた曲線的なデザインとなりました。

 

車両安全性と予防安全性能を確保する「VDIM」や世界初の「ドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステム」などを設定し世界トップレベルの性能を装備しました。

 

内装は各種スイッチ類を整理し操作性を高め、AVSと呼ばれるサスペンションシステムによりショックアブソーバーの減衰力を最適に制御し、フラットな乗り心地となった。

 

抗ダニアレルゲン仕様のシートも採用しています。

 

2代目クラウンロイヤルのエンジンは初代と同じV型6気筒直噴ガソリンエンジン搭載で3.5L、3.0L、2.5L車が用意されました。

 

全車、6速スーパーECTを組み合わせています。

 

2009年4月には国内での累計販売が、ロイヤル、アスリート合わせ500万台を突破し「Anniversary Edition」「Special Edition」が発売されました。

 

2010年2月のマイナーチェンジではフロントバンパー、グリル、フォグランプなどのデザインを変更し、内装は、木目調パネルの模様やインパネ下部の色調などの変更をおこないました。

 

2.5L車(2WD)の燃費を向上させ「平成22年度燃費基準+15%」を達成、「環境対応車普及促進税制」に適合した。

 

200型クラウンは2008年に登場し、好評だった先代モデルのイメージを踏襲しつつ、縦長のヘッドランプや前後のオーバーハングを延長した事でよりシャープな印象となりました。

ハイブリッドモデルがラインナップされた3代目クラウンロイヤル

3代目クラウンのトピックと言えば、ハイブリッドモデルのラインナップが挙げられます。

 

11代目S170型クラウンやS10型クラウンセダンにもマイルドハイブリッドと呼ばれるパラレル方式のハイブリッドが設定されていましたが、スプリット方式のTHSⅡハイブリッドが設定されたのは現行型である3代目から。

 

インテリアはセンターパネルがせり出している特徴的なインストルメントパネルとなっており、装備面ではハイブリッドには全面液晶となるファイングラフィックメーターを採用するなど、先進的な内装となっています。

 

電子制御デバイスもAVS(カーナビ連動式可変ダンパー)、DRAMS(駆動力統合制御システム)の他、クラウンマジェスタに装備されていたVDIM(統合車両姿勢安定制御システム)も採用しています。

 

ナビ・ブレーキアシストや、ドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステムと言った先進の安全装備も充実しています。

 

シャシーやパワーユニット等は先代モデルのキャリオーバーとしつつも、最新の安全装備や待望のハイブリッド車の設定など歴代モデル同様最新の技術がふんだんに盛り込まれています。

4代目クラウンロイヤルは法人向け主体の仕様となり登場

トヨタ自動車は4代目の高級セダン「クラウン」を2012年12月25日に発売した。

 

法人向け主体の「ロイヤルシリーズ」とスポーツタイプの「アスリートシリーズ」の2シリーズで、3.5LのV型6気筒や2.5LのV型6気筒を搭載するガソリン車に加え、2.5L直列4気筒にモーターを組み合わせたハイブリッド車をそろえました。

 

主力のハイブリッドはV型6気筒3L車並みの動力性能を備え、燃費性能は従来比6割程度改善しクラストップの23.2km/Lを誇ります。

 

デザインは大幅に変更。

 

最も目立つのはフロントで、大型グリルは王冠をモチーフに野性味と若々しさが強調されました。

 

ヘッドランプに王冠マークの彫り込みを入れたり、リアウインドーの下縁部をわずかに上向きにしたり、ドアミラー横に風切り音を防ぐための加工をしたりするなど見た目と快適性の両立を目指した変更を多数盛り込みました。前後サスペンションのアーム剛性を最適化し、車体へのスポット溶接打点を増やすことでボディー剛性を高めてハンドル操作時の応答性を向上させ、乗り心地向上を目指しました。

 

やはりクラウンは昔から変わらず高級感あふれる内外装と高い運動性能でしょう。乗り心地も良く乗り回しやすいので今後のフルモデルチェンジにも期待できるでしょう。

 

クラウンロイヤルを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説