トヨタ車買取り

コロナ

トヨタ コロナ

トヨタ,人気車種,買取り,相場

トヨタとして海外生産された車種コロナの歴史

 

 

コロナは、トヨタ自動車が1957年から2001年まで生産・販売していた乗用車で、トヨタ車では初めて日本国外でも生産された車種です。

 

カローラやクラウンと並ぶトヨタの伝統的なセダンであり、高度経済成長期には日本のマイカーを代表する車種として広く親しまれました。また、日産自動車の「ブルーバード」とは、60年代から70年代にかけて熾烈な販売合戦を繰り広げ、「BC戦争」とも呼ばれました。

 

そもそも、コロナは誕生時から「対日産車」として開発されました。

 

50年代半の日本の乗用車市場では、1500cc以上の中型タクシー市場ではトヨタのクラウン、800~1000ccの小型タクシー市場では日産の「ダットサン110/210」が席巻していましたが、その日産の牙城だった小型車市場に進出すべく開発されたのがコロナだったのです。対日産車としてのコロナの投入は大成功をおさめ、トヨタを代表する車種の一つとなりました。

 

 しかし、2001年にコロナの名称は消滅します。「コロナプレミオ」がコロナの名を冠した最終モデルとなりましたが、同車は現在も「プレミオ」の名で生産されており、コロナの後継車と位置付けられています。

 

コロナを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説