ノア(NOAH)買取り

ノア(NOAH)高額買取のコツ

トヨタ|ノア(NOAH)

トヨタ,ノア,買取り,相場

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A2

ミニバンのメジャーノア(NOAH)車名の由来

街中のミニバンでメジャーのノア。名前の由来ノアは英語で優しい語感の人名を表し、特別な意味はないそうです。

ノアを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

2001年初代ノア登場 左右ともスライドドアが特徴

ノアの初代モデルが登場したのが2001年でした。

 

一応は「タウンエース・ノア」の後継車種という事になります。

 

左右共にスライドドアとなりまして、さらには電動格納式カラードリモンコンドアミラー、ワイヤレスドアロックリモコン、バックガイドモニターなどが装備され、タウンエースノアに比べて格段に充実した装備となって登場しました。

 

エンジンは2.0L直列4気筒DOHCで、変速機は4ATとCVTの二種。

 

駆動方式はFFとフルタイムの4WDの二種。サスペンションに関しては前輪がストラット式で後輪がトーションビームとなっています。

 

車体サイズの方はグレードによって微妙に異なる部分もあるのですが、全長が4580mmから4625mm、全幅は1695mm、全高は1850mmでホイールベースが2825mm、車両重量は1500kgとなっています。

2007年フルモデルチェンジしノア登場

そして2007年にフルモデルチェンジが行なわれます。

 

とは言っても基本的にはキープコンセプトですので、「劇的に変わった」というほどではありません。エクステリアの方はシャープになりました。

 

より引き締まった印象となっています。プラットフォームも初代モデルのものを引き続き利用していますし、センターメーターも先代モデル同様使われています。

 

二代目になるにあたって変わった点の一つとして、「バルブマチック」という新システムのエンジン。このエンジンのおかげで燃費がよくなったと言われています。

 

おかげで全車で「平成22年度燃費基準+20%」を達成しているほど。また、初代モデル同様様々なグレードが登場しているのですが、エアロパーツを装着したグレードの場合、全幅の関係で3ナンバーとなりました。

 

二代目モデルは「劇的に変わった」というよりも、初代モデルに当時の装備をしっかりと装着したといった方が正しいニュアンスかもしれません。

 

例えばパドルシフトが装備されているグレードがあったり、後のマイナーチェンジでは7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを搭載したり、スマートエントリー&スタートシステム、デュアルパワースライドドアといった装備は初代モデルにはありませんでした。

 

車体データはエンジンは2.0Lの直列4気筒DOHC、変速機に関しては二代目はCVTのみとなりました。駆動方式、サスペンションは先代モデルと同じデータではありますが、車体サイズに関しては「Si」と「S」というエアロパーツを装着しているグレードのものはエアロパーツのおかげでサイズデータが大きくなっています。

 

また、ヘッドライトもランプではなく、プロジェクター式となりましたので視認性が向上しています。

3代目ノアはガソリン車とハイブリッド車の2タイプで展開

2014年にフルモデルチェンジを行い3代目となったミニバンのトヨタ・ノア。今回はガソリン車とハイブリッド車の2タイプの展開で、中でも注目は環境性能の高いハイブリッド。

 

23.8KM/Lを実現した低燃費、エンジンとバッテリーをバランスよく稼働させパワフルに”エコ”なドライブを楽しめる加速性能、深夜や早朝など音が気になるときにモーターのみの走行で周囲に配慮できる静粛性などが注目ポイントとして挙げられます。

 

そんな、ノアの快適な走行性能を支える機能の秘密は、運転シーンに合わせて3つのモードを使い分けることができる点にありまして、ガレージへの出し入れで排出ガスを抑えたいときに利用したい「EVドライブモード」、暖房・冷房の効き具合を抑えるなど燃費の向上を期待できる「エコドライブモード」、坂道やコーナーの多い道などで、よりアジリティのある走りが楽しめる「パワーモード」の3つのモードを状況に応じて選ぶことができます。

 

また、予防安全や衝突安全面では、ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートする「オートマチックハイビーム」、進路上の先行車や障害物などをレーザーレーダーと単眼カメラで検出で検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突を回避する「プリクラッシュセーフティシステム」、信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合に前のクルマの発進を知らせてくれる「先行車発進告知機能」など、随所に高度な先進技術を搭載しました。

 

ノアはやはり本体価格が安く燃費も良いコストパフォーマンスの高い車であることでしょう。お手頃なので今後ともこの良さを活かしていってほしいですね。

 

ノアを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説