ハイエース(hiacevan)買取り

ハイエース(hiacevan)高額買取のコツ

トヨタ|ハイエース

トヨタ,ハイエース,買取り,相場

海外でも絶大の人気ハイエースの開発の歴史と車名の由来

車のサイズも大きく作業車や街乗りなど汎用性があるハイエース。名前の語源は「トヨエース」に由来し、英語で「高級な」「より優れた」という意味の「High」と「Ace」の合成語となっております。

初代ハイエースは商用車として登場

初代ハイエースH10系が誕生したのは1967年です。経済発展がめざましかった当時の日本で高い人気を誇っていた商用車トヨエースの小型版というポジショニングでハイエースは登場しました。モデル時期を通して数えると、バン(3/6人乗り)、ワゴン(9人乗り)、コミューター(12/15人乗り)、トラックの4ラインナップが設定されています。エンジンは当初はコロナに搭載されていた1.3リターガソリン仕様でしたが、後に1.5リッター、1.6リッターへと発展、1975年の昭和50年排出ガス規制対応のマイナーチェンジで1.8リッターが追加されました。

H10軽と同じ2代目ハイエース

スタイルはH10系と同じ4種類で2代目ハイエースは登場しています。ヘッドランプが丸型4灯から丸型2灯に変更されたことがデザイン上の目立つ特徴でした。時代の変化やニーズの拡大に対応し、ボディスタイルはバンが標準/ロング/スーパーロングの3種類、ワゴンは標準/ロングの2種類、コミューターは標準/ロング/スーパーロングのワイドバリエーションという展開でした。一方、トラックもシングルキャブ/ダブルキャブ/オープンバン/パネルバンが設定されていました。この頃、国内の排出ガス規制が厳しさを増す中、ワゴンの1.9リッターエンジンを大幅に見直して昭和53年規制に適合させたり、オイルショックを受けて経済性を重視、バンに2.2リッターディーゼルエンジンを初搭載したりと、エンジンが大きく変化した世代でした。

高級化が進んだ3代目ハイエース

豊かな時代背景のもと3代目にフルモデルチェンジしたハイエースでは新開発エンジンに“LASRE”というシリーズ名が与えられ、クリーン化&ハイパワー化が推進されます。ガソリンエンジンは最新型を採用、ディーゼルエンジンは従来型を受け継ぎながらも改良が加えられました。高級化がさらに進んだのも大きな特徴です。ワゴンの最上級グレードにスーパーカスタム・サン&ムーンルーフを設定。4速ATも採用され、ターゲットユーザー層の拡大が一層推し進められました。21世紀に向け、さらに近代化、高級化が進められたのが4代目H100系です。トランスミッションのレバーが全車でフロアシフト化、パーキングブレーキのレバーもステッキ型からフロアへ変更されました。エンジンもリフレッシュされ、ガソリンエンジンは2リッターのほか2.4リッターが追加されています。なお4WDは2.8リッターディーゼル車だけで選べる仕様でした。拡大の一途をたどるユーザーニーズに対応してボディスタイルが拡大され、全長サイズで標準、ロング、スーパーロングを設定。ルーフはロー、ミドル、ハイが選べるようになっています。装備面でも目覚ましい進化を遂げました。上位グレードではシートがゴージャスになり電動調整ができるモデルも登場。製氷機がついたクール&ホット・ボックスなどユーティリティー面でもレジャーでの利便性を拡大させています。しかし、2001年からはディーゼル排出ガス規制のあおりを受け、NOxやPMにまつわる法律や条例に従い。ディーゼル車は規制の指定地域での登録や運行ができなくなりました。

ワイドボディ化が進んだ4代目ハイエース

15年ぶりのフルモデルチェンジ。それまでの100系は幅が4ナンバー/5ナンバーの小型車サイズ(1.7m)でしたが、200系では長さで小型車サイズ(4.7m)を超える仕様はワイドボディ(1.88m)のみとなりました。ボディスタイルは、ファミリーから独立したトラックを除き、バン、ワゴン、コミューターの3種類です。主力モデルのバンはホディ幅で標準とワイドがあり、ルーフは標準/ミドル/ハイルーフが選べる4ナンバー/1ナンバーのラインナップでした。ワゴンはワイド&ミドルルーフの3ナンバー、コミューターはワイド&ハイルーフの2ナンバーという設定です。エンジンの種類は当初、2リッターと2.7リッターのガソリンエンジンに加え、3リッターのディーゼルエンジンという設定でした。しかし、ディーゼルエンジンは排出ガス対策のために2.5リッターにダウンサイジングされました。その後、現行モデルのディーゼルエンジンはさらに新しいモノへと進化し、クリーンかつハイパワーの最新型3リッターとなっています。
ハイエースはやはりどこでもいける4WDの駆動方式に内装がとにかく広いので荷物が大量にはいるというのが一番でしょう。
人気車種なので次回のフルモデルチェンジがとても楽しみですね。

 

ハイエースを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説