プリウス(prius)買取り

プリウス(prius)高額査定のコツ

トヨタ|プリウス(prius)

トヨタ,プリウス,買取り,相場

ハイブリッドといえばプリウス その車名の由来

 

燃費が良いことで知られていて、身近で一番よく目につくのがプリウスだと思います。名前の由来はラテン語で「-に先立って」の意味。

 

また、Pはプレゼンス(存在感)、Rはラディカル(技術的革新)、Iはアイデアル(理想)、Uはユニティ(調和)、Sはソフィスティケート(洗練)を意味するキーワードとしてい増す。

プリウスを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

1997年世界発量産ハイブリッドカーとしてプリウス登場

トヨタ,プリウス,買取り,相場
プリウスは、1997年10月に「世界初の量産ハイブリッドカー」として誕生しました。

 

5ナンバーサイズに収まるコンパクトなボディは、今よりもずんぐりとしたコンパクトなセダンタイプで、発売当初のカタログ燃費(10・15モード燃費)は28.0km/L。

 

キャッチコピーは「21世紀に間に合いました。」。価格は「21世紀へGO!」の意味を込めて215万円にしたとの説もあります。

 

発売した1997年には「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

 

2代目へとバトンタッチする2003年の間に、何度かの改良を重ね、当初28.0km/Lだった10・15モード燃費は、31.0 km/Lにまで向上しました。

ハイブリッドシステムが進化して2003年フルモデルチェンジ

プリウス初のフルモデルチェンジは、2003年。

 

従来のトヨタハイブリッドシステム「THS」から「THSⅡ」へ進化し、10・15モード燃費は35.5km/Lまでアップ。「低燃費のクルマ=プリウス」のイメージを確固たるものとしました。

 

スタイリングは運転席の頭上を頂点として、前後に向かってなだらかに下降していく「トライアングルシルエット」に。

 

空気抵抗を減らすとともに、先進性を感じさせる“プリウスらしいスタイリング”が確立しました。

 

この世代から「EVドライブモード」「エレクトロシフトマチック」「インテリジェントパーキングアシスト」など、先進的なシステムも数多く搭載されました。

 

高級車に乗っていたハリウッドセレブがプリウスに乗り換えるなど、エコカーブームの火付け役にもなりました。

エンジン排気量を拡大して3代目プリウス登場

ひとまわりボディサイズを拡大し、THSに搭載されるエンジンが1.5Lから1.8Lへと変更された3代目。

 

「トライアングルシルエット」はボンネットやヘッドライト、サイドビューが2代目よりも抑揚のあるものに。10・15モード燃費で当時、世界トップクラスの38.0km/Lを達成しました。

 

外部から充電ができるプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」や、ミニバンスタイルの「プリウスα」など、“プリウスファミリー”が登場したのもこのころ。

 

2011年のマイナーチェンジではデザインを改良したほか、走りや静粛性がさらに向上しました。

4代目プリウスは低重心なアグレッシブなデザインで登場

2世代目から3世代目は、大きくデザインを変えないモデルチェンジでした。

 

しかし、今回の4代目は「トライアングルシルエット」は継承しながらも、重心を下げてアグレッシブなデザインにチェンジ。

 

40.8km/L(JC08モード)の燃費を達成しながらも走りの良さも追求した“攻めのモデルチェンジ”となりました。エモーショナルレッドやサーモテクトライムグリーンといった原色系のボディカラーが登場したのも今回が初。E-Four(電気式4WDシステム)の登場も、プリウスでは初めてです。

 

プリウスらしさは大切にしながらも、「エコカーの代名詞」から「もっといいクルマの代名詞」になるべく、大きく舵を切ったモデルチェンジとなりました。

 

初代のプリウスから現在のプリウスまで18年、燃費はもちろん走行性能も他車種人気が引けをとらない素晴らしい車です。

 

今後ともプリウスユーザーの数は上昇の一途を辿ることと思います。

 

プリウスを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説