ヴィツ買取り

ヴィツ(Vitz)高額買取のコツ

トヨタ|ヴィツ(Vitz)

トヨタ,ヴィツ,買取り,相場

トヨタ|コンパクトカー ヴィツ(Vitz)車名の由来

 

普段使い勝手のいいコンパクトカーとして定評のあるヴィッツ。

 

名前の由来は「Vitz」は、英語の「Vivid」(鮮やかな)とドイツ語の「Witz」(機知)を掛け合わせた造語です。「Yaris」は、ギリシャ神話の美の女神「カリス(Charites)」の単数形「Charis」からの造語であります。

初代ヴィツ(Vitz)はFF2ボックス車で登場

初代ヴィッツは3/5ドアのFF2ボックス車で、3610mmの全長に対し1660mmのワイドな全幅1500mmの全高によるショート&トールのスタイルが特徴的。ホイールベースも2370mmと長めで、リアシートは前後150mmスライドを採用し大人4人が快適に過ごせ、6対4分割やダブルフォールディング機構も備え高い実用性を確保しています。

 

室内はインパネ中央にメーターを配置し、視野性を高めています。4気筒の1Lで、5MTか4ATを搭載しています。3ドアと5ドアの2種類で、グレードは上級
「U」、標準「F」、ベーシック「B」があります。

2代目ヴィツ(Vitz)は5ドアで登場

2005年2月に2代目ヴィッツ(Vitz)が発売になりました。

 

ボディタイプは5ドアで、全長・全幅・全高ともサイズアップし、新開発のプラットフォームにより、室内空間・ラゲッジルームが拡大されました。

 

外観は、フードからバンパーへと続く縦の大きなラインが目を引きフロントウィンドウに傾斜を持たせたモノフォルムシルエットと合わせ、スポーティで存在感のあるものになっています。

 

インテリアは先進性とシンプルな上質感を演出、縦型のセンタークラスターを採用しインストルメントパネルの新しい形を創出しました。

 

エンジンは3気筒の1L、4気筒の1.3L1.5Lの3種類です。グレードは「B」、「F」、「X」、「U」、「RS」の4つからなります。

3代目ヴィツ(Vitz)は女性をターゲットにしたコンセプトで登場

2010年12月にフルモデルチェンジされた3代目ヴィッツ(Vitz)が発売になりました。

 

従来のヴィッツ(Vitz)の女性をターゲットの中心にしたコンセプトから大きな変化が加えられ、40代以上の男性や、30代以下の若い男性にも色んなユーザーのニーズに応えられる凡用性が追求されました。

 

エクステリアは軽快さ・上質感をデザインコンセプトにスタイルを一新し、優雅さ・存在感を際立たせた上質さを表現しています。

 

コンパクトな全長に最少回転半径を実現し、室内長は拡大されゆとりある空間が実現され、さらにフロントガラスには、紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラスを世界初で採用しました。

 

エンジンは3気筒の1L、1.3L、1.5Lの3種類。新開発のアイドリングストップ機能を搭載した「SMART STOPパッケージ」を1.3L・2WD車に設定し、クラストップの低燃費を実現した。

 

2WD・CVT車で「平成22年度燃費基準+25%」、4WD車では「平成22年度燃費基準+15%」を達成。

 

グレードは「F」、「U」、「RS」、新たに「ジュエラ」を設定しました。

 

ライバル車と比べ、使い勝手がかなり良く普段乗りとして十分な性能を発揮できること。そして遠出にも使えるほどの燃費の良さが売りでしょう。

 

そろそろフルモデルチェンジが噂されておりますので、4代目ヴィッツも期待できることでしょう。

 

 

ヴィツ(Vitz)を損なく売りたい場合は、

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説