ステップワゴン買取り

ステップワゴン(STEPWGN)高額買取のコツ

ホンダ|ステップワゴン(STEPWGN)

ホンダ,ステップワゴン,買取り,相場

ミニバンとしての歴史が長いステップワゴン 車名の由来

セレナのライバル車としてミニバンとしての歴史も長いステップワゴンですが、名前の由来はいろいろなシーンでステップアップできたらという願いを込めたものです。

 

WGNは、ワゴンの略称をロゴタイプにしたもので、後に登場したN-WGNはこの商標を流用したものとなります。

ステップワゴンを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

初代ステップワゴンは5ナンバーで登場

初代ステップワゴンは5ナンバーサイズながら背の高いスクエアなボディによって広大な室内スペースを実現しました。

 

エンジンをフロントに設置しているが、室内は1BOXのような出っ張りのない空間が広がり、大きな荷物や長尺物がラクラク搭載できます。

 

乗車定員は3列シートの8人乗りと2列シート5人乗りの2タイプ。コラムATによるウォークスルーや完全フラット化も可能なシートアレンジなど広さを実感できる機能を採用。

 

エンジンは2Lの直4で4ATが組み合わされました。足回りはフロントストラット/リアダブルウィッシュボーン式。

 

後席ドアはスライド式で左側にのみ設定されました。

2代目ステップワゴンはボディサイズを拡大して登場

フルモデルチェンジで2代目ステップワゴンはボディサイズを5ナンバー枠いっぱいにまで拡大されました。

 

これに伴ってスペース効率がさらに向上し、クラストップの室内の広さを実現しました。3列シートの8人乗り車はオールフルフラット化やカーゴモードの多様化など、より多彩なシートアレンジを可能としました。

 

エンジンは新開発となる2Lの直4i-VTEC。FF/4WDの設定や4ATとの組み合わせは先代と同じだが、セレクター位置はコラムからインパネに変更。

 

リアドアは先代同様、左側のみにスライドドアを採用する。前席エアバッグやABSが標準装備されました。

 

そして時を過ぎリアに両側スライドドアをもつ3代目ステップワゴンへと進化。低床・低重心プラットフォームを採用し、従来よりルーフを75mm低く、全長を45mm短くしたにもかかわらず同等の室内スペースを確保しつつも、走行安定性を大幅に引き上げました。

 

エンジンは2Lと2.4Lの直4i-VTEC。それぞれにFFと4WDの駆動方式を設定、ミッションは2Lが4AT、2.4LはFFがCVT、4WDが5ATと細かく設定されています。

 

サスペンションはフロントがストラット、リアがH型トーションビーム式。3列シートを配する室内はミニバン初のフローリング調フロアが設定されていました。

みんなの楽をキーワードに開発された4代目ステップワゴンは低床・低重心パッケージで登場

「みんなの楽」=皆楽をキーワードに開発が進められた4代目。低床・低重心パッケージと拡大された全長・全高により、室内長3095mm、室内高1395mmというクラス最大のキャビンスペースが実現されました。

 

従来型では、跳ね上げ式だった3列目シートが折り畳み式に変更されるなど、ユーティリティ性能の向上にも抜かりはありません。エンジンは2L i-VTEC、1種類。

 

FF車にはトルコン付きCVT、4WD車には5ATが組み合わされています。FF車はクラストップの10・15モード燃費、14.2km/Lを誇ります。

 

全車にエコ運転を多面的に支援する、エコアシストも装備されています。

5代目ステップワゴンは7人のりミニバンとして登場

そして5代目となるミニバン「ステップワゴン」(7人乗り)を発表されました。

 

6年ぶりの全面改良がされました。荷室スペースの開口部を広げたほか、従来の縦開きに加え、横開きもできるドアを採用し、荷物の出し入れをしやすくなりました。

 

排気量1500ccのターボ付きエンジンを搭載し、2400ccエンジン並みの加速を実現しました。燃費はガソリン1リットル当たり17.0キロとなりました。
ステップワゴンは5ナンバーですので比較的維持費が安いことが一番メリットでしょう。

 

経済的にはとても助かる一台とおもいます。

 

ステップワゴンを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説