ステップワゴン買取り

ステップワゴン(STEPWGN)高額買取のコツ

ホンダ|ステップワゴン(STEPWGN)

ホンダ,ステップワゴン,買取り,相場

ミニバンとしての歴史が長いステップワゴン 車名の由来

セレナのライバル車としてミニバンとしての歴史も長いステップワゴンですが、名前の由来はいろいろなシーンでステップアップできたらという願いを込めたものです。

 

WGNは、ワゴンの略称をロゴタイプにしたもので、後に登場したN-WGNはこの商標を流用したものとなります。

ステップワゴンを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

初代ステップワゴンは5ナンバーで登場

初代ステップワゴンは5ナンバーサイズながら背の高いスクエアなボディによって広大な室内スペースを実現しました。

 

エンジンをフロントに設置しているが、室内は1BOXのような出っ張りのない空間が広がり、大きな荷物や長尺物がラクラク搭載できます。

 

乗車定員は3列シートの8人乗りと2列シート5人乗りの2タイプ。コラムATによるウォークスルーや完全フラット化も可能なシートアレンジなど広さを実感できる機能を採用。

 

エンジンは2Lの直4で4ATが組み合わされました。足回りはフロントストラット/リアダブルウィッシュボーン式。

 

後席ドアはスライド式で左側にのみ設定されました。

2代目ステップワゴンはボディサイズを拡大して登場

フルモデルチェンジで2代目ステップワゴンはボディサイズを5ナンバー枠いっぱいにまで拡大されました。

 

これに伴ってスペース効率がさらに向上し、クラストップの室内の広さを実現しました。3列シートの8人乗り車はオールフルフラット化やカーゴモードの多様化など、より多彩なシートアレンジを可能としました。

 

エンジンは新開発となる2Lの直4i-VTEC。FF/4WDの設定や4ATとの組み合わせは先代と同じだが、セレクター位置はコラムからインパネに変更。

 

リアドアは先代同様、左側のみにスライドドアを採用する。前席エアバッグやABSが標準装備されました。

 

そして時を過ぎリアに両側スライドドアをもつ3代目ステップワゴンへと進化。低床・低重心プラットフォームを採用し、従来よりルーフを75mm低く、全長を45mm短くしたにもかかわらず同等の室内スペースを確保しつつも、走行安定性を大幅に引き上げました。

 

エンジンは2Lと2.4Lの直4i-VTEC。それぞれにFFと4WDの駆動方式を設定、ミッションは2Lが4AT、2.4LはFFがCVT、4WDが5ATと細かく設定されています。

 

サスペンションはフロントがストラット、リアがH型トーションビーム式。3列シートを配する室内はミニバン初のフローリング調フロアが設定されていました。

みんなの楽をキーワードに開発された4代目ステップワゴンは低床・低重心パッケージで登場

「みんなの楽」=皆楽をキーワードに開発が進められた4代目。低床・低重心パッケージと拡大された全長・全高により、室内長3095mm、室内高1395mmというクラス最大のキャビンスペースが実現されました。

 

従来型では、跳ね上げ式だった3列目シートが折り畳み式に変更されるなど、ユーティリティ性能の向上にも抜かりはありません。エンジンは2L i-VTEC、1種類。

 

FF車にはトルコン付きCVT、4WD車には5ATが組み合わされています。FF車はクラストップの10・15モード燃費、14.2km/Lを誇ります。

 

全車にエコ運転を多面的に支援する、エコアシストも装備されています。

5代目ステップワゴンは7人のりミニバンとして登場

そして5代目となるミニバン「ステップワゴン」(7人乗り)を発表されました。

 

6年ぶりの全面改良がされました。荷室スペースの開口部を広げたほか、従来の縦開きに加え、横開きもできるドアを採用し、荷物の出し入れをしやすくなりました。

 

排気量1500ccのターボ付きエンジンを搭載し、2400ccエンジン並みの加速を実現しました。燃費はガソリン1リットル当たり17.0キロとなりました。
ステップワゴンは5ナンバーですので比較的維持費が安いことが一番メリットでしょう。

 

経済的にはとても助かる一台とおもいます。

 

ステップワゴンを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ステップワゴンSPADAハイブリッド!ライバル車種比較と目標値引き額

2017年9月28日、ホンダは同社のMクラスミニバン「ステップワゴン」をマイナーチェンジし、9月29日より販売を開始することを公式発表しました。

 

今回のマイナーチェンジでは、SPADA(スパーダ)がフルモデルチェンジともいえるような大幅なフェイスリフトが実施され、SPADAに待望のハイブリッドモデルが設定されました。

 

このマイナーチェンで新たに追加されたステップワゴンSPADAハイブリッドについてご紹介するとともに、ライバル車との比較、また、気になる値引き情報についてもご紹介していきます。

 

 

ステップワゴンSPADAハイブリッドはどんな特徴がある?

 

ステップワゴンってどんな車?

ステップワゴンは、ホンダが販売するMクラスのミニバンで、1996年に初代RF1/2型がデビューし、現行モデルは5代目となります。

 

国内の道路事情にマッチした5ナンバーサイズに収まるボディでありながら、大人7名(ハイブリッド)が余裕をもって乗車できるミニバンで、トヨタ ボクシィー・ノア・エスクァイアの3兄弟、日産 セレナと並ぶ日本を代表するMクラスのミニバンです。

 

SPADAとは?

ステップワゴンには標準のタイプと装備を豪華にし、スポーティで迫力のあるデザインをした上級グレードのSPADAの2種類があります。

 

これまで、一般的にファミリー層は標準タイプ、若い人向けはSPADAといわれてきましたが、現行モデルでは装備の充実度や迫力のあるスポーティな外観デザインが広く受け入れられ、購入者の8割がSPADAを選択しています。

 

〇5代目ステップワゴンの特徴

わくわくゲート

わくわくゲートと呼ばれるリアハッチドアを採用。後部ドアが縦(上)に開くだけでなく、6:4の分割式で横にも開くという優れもののドアを採用しています。

 

通常の後部ドアが縦(上)に開くタイプの場合、後方スペースが狭い駐車場などでは車を少し前に動かさないと後部ドアが開かないことがありますが、
ところがわくわくドアの場合、縦(上)だけでなく横にも開くため、狭い場所での荷物の積み下ろし、3列目への乗り降りも後部ドアからスムーズにできます。

 

ホンダ,ステップワゴン,買取り,相場

 

 

出典:ホンダ公式サイト

 

 

ステップワゴンSPADAハイブリッドの特徴

 

ステップワゴンの2017年上期(4月~9月)新車販売台数は18,994台であるのに対し、ライバル車であるトヨタ ヴォクシーは39,988台、日産 セレナは37,503台と、いずれもステップワゴンの倍の台数を販売しています。
出典:一般社団法人日本自動車販売協会連合会

 

この数字をみてもわかるように、5代目ステップワゴンは決して売れ行きが好調といえない状況でした。そこで今回のマーナーチェンジで、これまでの弱点とされていた部分の見直しを図り、ライバル車との差を一気に埋めてきました。

 

今回のマイナーチェンジによるステップワゴンSPADAハイブリッドの特徴は次のとおりです。

 

1.フロント周りのデザインを刷新

LEDヘッドライトを新たに採用し、専用デザインのフロントメッキグリルと合わせて、シャープに、かつ押し出しの強い表情となりました。

 

最近のミニバンは、広い室内、シートアレンジの豊富さだけでなく、迫力ある外観デザインが好まれていますが、マイナーチェンジ前のステップワゴンSPADAは、アンバランスに縦長に見えてしまう地味なフロントマスクでしたが、マイナーチェンジを経て、ライバル車に引けを取らない迫力をもったフロントマスクに変更されています。

 

2.ハイブリッド仕様を設定

直列4気筒2リッターエンジンをベースにした2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」搭載する仕様が設定されました。

 

これはオデッセイやアコードなど上級のLサイズクラスに搭載されているシステムと基本的に同じで、EVドライブモード、ハイブリッドドライブモード、エンジンドライブモードの3つのドライブモードを持つハイブリッドシステムで、上質で力強い走行性能と、クラストップレベとなる25.0km/L(JC08モード)という低燃費を両立させています。

 

3.安全運転支援システム「Honda SENSING」の機能がさらに充実

予防安全性能「セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)S ワイド」に該当し、レーダーとカメラを融合した先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」の8機能が全車に標準装備されました。

 

Honda SENSING 8機能

 

ホンダ,ステップワゴン,買取り,相場

 

 

出典:ホンダ公式サイト

 

 

ステップワゴンSPADAハイブリッドをライバル車と徹底比較

 

ステップワゴンSPADAハイブリッドと同じジャンルに分類されるミニバンといえば、トヨタ ヴォクシー・ノア・エスクァイアの3兄弟、日産 セレナなどが該当します。

 

この日本の道路事情などを考慮した5ナンバーサイズのミニバンはとても人気の高いジャンルですが、この5ナンバーサイズという日本独特の縛りがあり、このため、このジャンルに該当する輸入車が存在しないのも特徴です。

 

ハイブリッドを装備し、外観デザインを変え、安全運転システムの機能を充実させてきたステップワゴンSPADAハイブリッド、早速、これらライバル車と比べてみましょう。

 

1.日産 セレナ

2016年にフルモデルチェンジをおこなった日産 セレナは、ボディの基礎骨格となるプラットフォームおよびパワートレインを先代モデルから引き継いでいますが、高速道路での自動運転システム「プロパイロット」、「インテリジェンス・パーキングアシスト」と呼ばれる自動駐車システムなど、先進機能が充実していることが特徴です。
「プロパイロット」とは、高速道路など作動条件が限定された状態での半自動運転が可能で、高速道路における長い渋滞などにおいて、ドライバーの負担が大幅に削減できます。

 

プロパイロットとHonda SENSING

この2つのシステム、基本的には同じ機能を有します。どちらも、高速道路で単一車線をハンドル、アクセル、ブレーキの全てをシステム側が操作しながら、設定した速度を上限に前方の車との安全な車間距離を保ちながら走るシステムです。

 

システムの違いは、高速道路を走行する際に車線の中央付近を維持するようにハンドルが自動操作できる速度範囲です。Honda SENSINGは65km~100km/hと中速域以上となっているのに対し、プロパイロットは停止状態から100km/hまでをカバーしてくれるので、渋滞時にも自動で前車を追従してくれます。

 

おもしろいのは日産とホンダのシステムの表現の仕方で、プロパイロットは「自動運転技術」と大々的に謳っているのに対し、Honda SENSINGは「安全運転支援システム」と旧来の表現を使っている点です。

 

ハイブリッド

現行のS-HIBRIDというシステムは「マイクロ・ハイブリッド」(=回生ブレーキ付き方式)に相当し、厳密にハイブリッドと呼んでいいものか?マークがつきますが、2017年12月(2018年?)には、エンジンを発電専用に使い、駆動には電気モーターのみを使用するシリーズハイブリッド方式のe-POWERを搭載する予定で、こちらが登場すると、ステップワゴンSPADAハイブリッド、トヨタ ヴォクシー・ノア・エスクァイアの3兄弟と並んでハイブリッドの比較ができるようになると思います。

 

このe-PowerとステップワゴンSPADAハイブリッドのSPORT HYBRID i-MMDはシステム的には、ほぼ同じといえます。
システムの違いは、走行における動力源が、e-POWERはモーターのみであるのに対し、SPORT HYBRID i-MMDはモーター、エンジン、モーター+エンジンの3パターンがある点です。
モーターのみが走行の動力源となるe-Powerは高速道路では燃費が落ちてしまうことや、フットブレーキによる回生ができないなど、SPORT HYBRID i-MMDに劣るとみることもできます。

 

スポーツグレード「ハイウェイスター」

セレナにもSPADAに相当するスポーツモデルとして「ハイウェイスター」があります。
SPADAに負けず劣らずのスポーティな外観を有しています。

 

2.トヨタ ヴォクシー・ノア・エスクァイアの3兄弟

プラットフォーム、パワートレインが共通で、3車種の主な違いは外観のデザインとなります。
3車種の中でももっとも販売台数の多い、トヨタ ヴォクシーを例に比較していきます。

 

現行モデルは2014年に発売され、2017年7月にマイナーチェンジが行われ、室内の質感が向上しました。
がっしりとした迫力のある外観デザインと、押し出しの強いフロントマスクを特長としています。
また、3列シートの内装は、シートアレンジが多彩で使い勝手もよく、買い物から家族の送り迎え、レジャーまで幅広く使えるファミリーカーとしても優秀です。

 

ハイブリッド

同じハイブリッドでもボクシィーとステップワゴンではシステムに大きな違いがみられます。

 

ボクシィーに採用されるハイブリッドシステムは「THS 2」と呼ばれ、スプリットハイブリッド方式のハイブリッドです。
エンジンと発電機、モーターがプラネタリーギアで接続され、このプラネタリーギアを通じてエンジンの力が駆動用と発電用に振り分けられます。
アクセルを踏み込むとまずはモーターの力で発進、さらにアクセルを踏み込むとエンジンが始動し効率の良い回転域を使ってモーターと協力して加速、高速になるとエンジンのみで駆動となります。燃費はJC08モードで23.8km/Lです。

 

ステップワゴンSPADAハイブリッドに採用されるSPORT HYBRID i-MMDも、スプリットハイブリッド式に分類されます。
駆動用モーターが主体でガソリンエンジンは発電用および高速走行時の駆動用に利用されます。
基本的にはシリーズハイブリッド方式ですが高速域でモーターの効率が落ちてきたところでそれまで発電用に使われてきたエンジンが車軸に接続されて駆動に回ります。高コストですが、ガソリンエンジンとモーター両方の効率の良い部分を引き出せるシステムで、燃費はJC08モードで25.0km/Lです。

 

多彩なシートアレンジ

ボクシィーの7人乗りシート車のセカンドシートには、横スライド機能および超ロングスライド機能が採用され、センターウォークスルーが可能なキャプテンシート、横に寄せてベンチシート、2列目を後端に寄せたリムジンモードなど、多彩なシートアレンジが魅力です。

 

3車を比較して

 

  ステップワゴン ヴォクシー セレナ
  SPADAハイブリッド (ハイブリッド) (FF)
価格 3,300,480円~ 3,014,280円~ 2,317,000円~
  3,559,680円 3,269,160円 3,730,000円
乗車定員 7人 7人 8人
全長 4,760mm 4,695mm~4,710mm 4,685mm~4,770mm
全幅 1,695mm 1,695mm~1,735mm 1,695mm~1,735mm
全高 1,840mm 1,825mm 1,865mm~1,875mm
ホイールベース 2,890mm 2,850mm 2,860mm
エンジン型式 LFA-H4 2ZR-FXE MR20DD
総排気量 1,993cc 1,797cc 1,997cc
ガソリン レギュラー レギュラー レギュラー
最高出力 107kW(145PS)/ 73kW(99PS)/5,200rpm 108kW(147PS)
(エンジン) 6, 200rpm   /5600rpm
最大トルク 175Nm(17. 8kgf) 142Nm(14.5kgf) 210Nm(21.4kgf)
(エンジン) /4, 000rpm /4,000rpm /4400rpm
最高出力 135kW(184PS)/ 60kW(82PS) 1.8kW(2.4PS)
(モーター)      
最大トルク 315Nm(32. 1kgf)/ 207Nm(21.1kgf) 53.6Nm(5.5kgf)
(モーター)      
燃費(JC08モード) 25.0km/L 23.8km/L 15.2km/L

 

 

セレナとの比較

ハイブリッドという点において、残念ながらセレナは年末のe-Powerが出るまでは比較にならないでしょう。

 

ヴォクシーとの比較

ステップワゴンSPADAハイブリッドはLサイズクラスに搭載されているのと同じハイブリッドシステムを搭載しているためか、ヴォクシーよりも総じて価格が高めになっています。
この価格差をどう考えるかで、どちらの車両を選択するかが決まるでしょう。

 

 

ステップワゴン目標値引き額はどれぐらい可能?

 

どの車種も同じですが、モデルチェンジ直後は、たとえそれがマイナーチェンジであっても、値引きは引き締められがちです。

 

しかしながら、それまではライバル車たちに押され気味だったステップワゴンです。
マイナーチェンジをおこなったステップワゴンといえども、トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアの3兄弟や日産 セレナといったライバルたちは強力です。
ここを上手に利用して、値引き額を増やしていきたいところです。

 

それでは、実際のところどうなのでしょう。
大手口コミサイト「価格.com」に寄せられた値引き情報を参考に予測していきます。
日が浅いため、マイナーチェンジ後の情報が少ないので、今回はマイナーチェンジ前の状況と現行型がデビューした当時の状況を参考に判断していきます。

 

マイナーチェンジ前の値引き状況

 

ライバル車に押され気味だったため、値引きに頼った販売傾向にありました。また、既に8月には公式サイトでマーナーチェンジを予告していたことからも、在庫処分に入っていたようです。
こうしたことが重なり、車両本体とオプション品からの値引きを合わせて70万円も値引いたという報告もあがっています。
平均すると車両本体から約29.5万円、オプション品から約16.5万円と、約46万円ほどの値引きが行われたいたことになります。

 

ホンダ,ステップワゴン,買取り,相場

 

 

 

 

車両から30万円の値引きを目標と書いてあるサイトもありましたが、ディーラーで話をしたところ車両本体価格から10万円値引きを限度的なコメントが返ってきました。
実際、購入するとなるとトヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアの3兄弟や日産 セレナともきちんと競合させ、またオプション品からも値引きを引き出せそうなので、ズバリ目標値引き額は20万円、オプション品から3万円を目指しましょう。
なお、2017年年末から2018年3月にかけてはライバル車である日産 セレナにe-Powerが追加されることもあり、値引きは徐々に緩むものと思われます。

 

 

出典:価格.com

 

デビュー当時の値引き額

 

では、現行型がデビューした当時の値引き額はどうだったのでしょう。
マイナーチェンジ前の状況と比べるとかなり厳しく、平均すると車両本体から約17.5万円、オプション品から約6.5万円と、約24万円ほどの値引きが行われていました。

 

 

 

 

ホンダ,ステップワゴン,買取り,相場

 

 

 

 

出典:価格.com

 

目標値引き額

 

口コミ情報などには40万円前後の値引き情報が報告されている例もありますが、デビュー当時の値引き状況とマイナーチェンジ前の状況を勘案して、車両価格から25万円、オプション品から10万円の35万円の値引きを目標にしたいところです。

 

なお、日産 セレナなどマイナーチェンジを控えるライバル車もあり、今後、こういったライバル車のマイナーチェンジに合わせ、値引き額も次第に増えていくことになるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

ステップワゴンSPADAハイブリッドは、これまでのステップワゴンの良さを活かしつつ、ライバル車と比較して弱かった部分、足りなかった部分を補う形で変更が行われました。
車両の完成度でいえば、Mクラスのミニバンとしてライバル車と比べても劣っているところは少ない車です。
わくわくゲートなどステップワゴンにしかない魅力もあります。
Mクラスのミニバンを検討される場合は、ぜひとも候補の1台に挙げても損はない車だと思います。

 

 

 

 

 

ステップワゴンを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:価格.com

 

〇目標値引き額

 

口コミ情報などには40万円前後の値引き情報が報告されている例もありますが、デビュー当時の値引き状況とマイナーチェンジ前の状況を勘案して、車両価格から25万円、オプション品から10万円の35万円の値引きを目標にしたいところです。

 

なお、日産 セレナなどマイナーチェンジを控えるライバル車もあり、今後、こういったライバル車のマイナーチェンジに合わせ、値引き額も次第に増えていくことになるでしょう。

 

 

中見出し5 まとめ

 

ステップワゴンSPADAハイブリッドは、これまでのステップワゴンの良さを活かしつつ、ライバル車と比較して弱かった部分、足りなかった部分を補う形で変更が行われました。
車両の完成度でいえば、Mクラスのミニバンとしてライバル車と比べても劣っているところは少ない車です。
わくわくゲートなどステップワゴンにしかない魅力もあります。
Mクラスのミニバンを検討される場合は、ぜひとも候補の1台に挙げても損はない車だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説