フィット車買取り

フィット(Fit)高額買取のコツ

ホンダ|フィット(Fit)

fit

パーソナルMAXの具現化をコンセプトに開発されたフィット

 

フィット(Fit)は世界最高水準の安全と、環境性能、走り、燃費、楽しさ、スタイルなど多くの人の要求すべてに一台で最大限に応える「パーソナルMAXの具現化」をコンセプトに開発されました。

 

燃料タンクを車体中心に配置したグローバルスモールプラットホームを採用する事で、同クラスのスモールカーを上回る広い室内で、インテリア全体に大胆な放物線のモチーフを採用し空間全体にスポーティさを表現しています。

 

名前の由来フィットは「ぴったりの」という意味の英語です。

フィットを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

初代フィットは2002年に国内販売台数1位にりカーオブザイヤーを受賞

フィット(Fit)のエンジンは1.3L i-DSIエンジンにトランスミッションはCVTを組み合わせることで排出ガスのクリーン化や、静粛性、力強い走り、 低燃費を実現し10・15モード走行で23Km/Lとなっています。

 

1.5L車が追加され1.5L VTECエンジンに7スピードモード付きのCVTを組み合わせ、マニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめます。10・15モード走行燃費は20Km/Lとなっています。

 

1.3L車は「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を1.5L車は「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」を取得。

 

2002年には国内の車名別年間販売台数1位になり、「2001-2002日本カーオブザイヤー」を受賞。世界累計販売台数が200万台を達成しました。

 

2004年フィット(Fit)はマイナーチェンジを行いバンパーやフロントグリルを変更し、LEDブレーキランプ、テールランプなどを標準装備。またエンジンなどをさらに効率化したことで全車「平成22年度燃費基準+5%」を達成しました。

フルモデルチェンジした2代めフィットはFitからFITに

2007年にフィット(FIT)はフルモデルチェンジを行い2代目から車名が「Fit」から大文字の「FIT」に変更されました。

 

空間の広さと使い勝手の向上を追求し室内空間の爽快感をさらに広げるスカイルーフを設定。レイアウトの工夫によりミドルクラスセダン並みの空間を実現しました。

 

スピードメーターの中央部には瞬間燃費、推定航続可能距離などさまざまな情報を表示する大型の液晶ディスプレイを設置。

 

また、視認性の向上のため、ドアミラーの鏡面の面積を従来モデルより30%拡大している。2代目フィット(FIT)のエンジンは1.3L i-VTECエンジンと1.5L i-VTECエンジンの2タイプを設定し、新開発のトルクコンバーター付きCVTトランスミッションとの組み合わせにより快適な走行と、10・15モード走行燃費が24.0Km/Lとクラストップレベルの低燃費を両立しています。

 

さらにボディ剛性や衝突安全性能を高め、衝突安全性能総合評価で運転席、助手席ともに6スターとトップレベルの評価を獲得しました。

 

2007-2008「日本カーオブザイヤー」を初代フィット(FIT)につづいて2度目の受賞。2007年グッドデザイン賞も受賞し、2代目フィット(FIT)も乗用車販売台数1位を獲得しました。

 

現行モデルはフィットハイブリッドとして2013年に登場

ホンダのベストセラーコンパクトカー「フィット」は、「フィットハイブリッド」と共に2013年9月に6年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。

 

ワンモーションフォルムのスタイリングや、センタータンクレイアウトなどの初代からの特徴を継承しつつ、全面的にリニューアルされています。

 

ボディサイズは全長3,955mm×全幅1,695mm×全高1,525mm~1,550mmで、全長が若干拡大されたものの、全幅に関しては3ナンバーサイズが踏襲されました。

 

車両重量は、970kg~1,120kgで、先代よりも40kg程軽量化されました。

 

又、エクステリアやダッシュボードのデザインは、従来よりアグレッシブなイメージになりました。プラットフォームは一新され、それに伴いホイールベースが30mm延長されて2,530mmとなりました。

 

又、サスペンションも、前マクファーソン式/後リジッドアクスル式(FF)・ドディオンアクスル式(4WD)の形式こそ踏襲したものの、新設計のものが採用されました。

 

それらの改良により、操縦安定性と乗り心地の向上が図られました。パワートレインも、エンジン、トランスミッション共に刷新されました。

 

エンジンは、1.3L/1.5L共に従来のSOHCからDOHCに変更され、更に1.3Lはアトキンソンサイクルが採用され、1.5Lは直噴化されました。

 

型式は前者がL13B型、後者がL15B型となり、最高出力と最大トルクは、それぞれ100ps/12.1kgm、132ps/15.8kgmへと向上しました。

 

トランスミッションは、CVT仕様はレンジレシオを拡大した新開発のものが採用され、エンジンの改良と相まって燃費の向上を果たしました。

 

駆動方式は先代同様FFと4WDが用意され、4WDモデルのAT仕様は、従来の5速トルコン式に代わりこのCVTが採用されました。又、先代同様、1.3Lのベースグレードは5速MTが、1.5Lの「RS」は6速MTが選択可能となっています。

 

機能面では、安全装備の強化が重点的に行われ、横滑り防止装置「VSC」やエマージェンシーストップシグナルが全グレードに標準装備された他、衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキアクティブシステム」がオプション設定されました。
又、前席・後席共に居住性の更なる改善が図られました。2014年10月の一部改良では、装備の充実が図られました。

 

フィットはコンパクトカーの中ではかなり車内が広々しており、燃費もとても良いです。小回りもしっかり聞くので街乗りとしてかなり乗り回しやすい一台と言えるでしょう。

 

 

フィットを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説