新型N-BOX!

新型N-BOX

新型N-BOX!ライバル車種比較と値引き額は?

2017年8月31日、ホンダは同社の軽自動車「N-BOX」をフルモデルチェンジし、9月1日より販売を開始することを公式発表しました。

 

発売から6年を経過して、なお軽自動車の販売台数1位をキープし続けたN-BOXが、どのような進化を遂げたのか、新型N-BOXの特徴やライバル車との比較、気になる値引き情報についてご紹介していきます。

 

 

新型N-BOXはどんな特徴がある?

 

Nシリーズ

2011年 NEW NEXT NIPPON NORIMONO をキャッチフレーズに発表されたNシリーズの第1弾としてN-BOXは発売されました。
NシリーズにはスーパーハイトワゴンタイプのN-BOX、セミトールワゴンタイプのN-WAGON、トールワゴンタイプのN-ONEがあります。
これら3車種は車の基本骨格であるプラットホーム、エンジンやミッションが共通で、それぞれのキャラクターに合わせて作られています。

 

 

N-BOXの特徴

快適で広々とした室内空間

エンジンとCVTを縮小するだけでなく、衝突時にエンジン関係のパーツがつぶれることでクラッシャブルストラクチャーの役目を果たすように設計されたエンジンによって、軽自動車最小のエンジンルームを実現し、さらに燃料タンクを前席の下、車体の中央に配置する「センタータンクレイアウト」により、軽自動車トップクラスの快適で広々とした室内空間を実現しています。

低床、高い天井、大開口のテールゲートによる乗降性、積載性の向上

センタータンクレイアウトの恩恵で、床をライバル他車と比べて低くなった床と高い天井、そして荷物を積み込みやすい大開口のテールゲートを採用し、乗降性、積載性を大幅に向上させました。

強い個性と圧倒的な存在感を誇る「N BOX カスタム」

子育て中のファミリー層の使い勝手を求めた通常のN-BOXと別に、ライトやフロントグリル、バンパーといったカスタム専用の外観とブラックを基調にメッキなどを配したスタイリッシュなインテリアをもつN-BOXカスタムが用意されています。

 

このようにN-BOXは、軽自動車でトップクラスの居住性と、優れた走行性能を売りに、発売以来、2012年、2013年、2015年、2016年と軽自動車新車販売台数で1位を記録するなど、国内の自動車市場において圧倒的な人気を誇っている車です。

 

 

新型N-BOXの特徴

 

このように圧倒的な人気を誇っているN-BOXが2017年8月31日にフルモデルチェンジされました。
フルモデルチェンジされ、更に魅力を増した新型N-BOXの特徴をみていきます。

 

軽量ボディ、新設計パワートレインの採用 – 燃費を改善

軽量ボディ、新設計パワートレインの採用することで、優れた走行性能、低燃費、乗り心地を実現しました。
初代N-BOXはライバル車であるダイハツ タントはNAで28.0km/L、スズキ スペーシアはNAで32.0km/Lであるのに対し、初代N-BOXは25.6km/Lと燃費面で劣っていました。
新型N-BOXでは、60kgも軽量化されたボディや新設計されたエンジンなどの効果により、27.0km/Lとライバル車並みの燃費を実現されました。

 

Honda SENSINGを全グレードに採用

先進の安全運転システムHonda SENSINGをホンダの軽自動車で初めて採用しました。
さらに、N-BOXのHonda SENSINGには、基本8機能に加え、オートハイビームとホンダでは初となる後方誤発進抑制機能が追加され、全グレードで標準装備されました。

 

ホンダ,人気車種,買取り,相場

 

 

出典:ホンダ公式サイト

 

デザインはキープコンセプト

基本的には、人気の高かった初代N-BOXのデザインのキープコンセプトですが、各箇所がブラッシュアップされています。

 

標準のN-BOXは、初代N-BOXに近いデザインとなっています。
ただし、全グレードにLEDヘッドライトが採用され、リアコンビネーションランプも拡大するなど、細かな部分でより存在感のあるデザインとなっています。

 

いっぽうN-BOXカスタムは、メッキされたワイドな装飾がヘッドライトに突き刺さるようなデザインとなり、ヘッドライト部分の上側に方向指示器、下側には9灯式のジェルアイLEDヘッドライトが備わり精悍な印象となっています。

 

 

新型N-BOXをライバル車と徹底比較

 

スーパーハイトワゴンは常に売り上げの上位を占めるほど、どのメーカーも力を注いでいるクラスです。
どのメーカーもユーザーのニーズにかなうよう改良を重ね、また他車との差別化をはかるため先進機能を採用したりしています。
中でも新型N-BOXのライバルとして、販売台数もN-BOXに続くダイハツ タントとスズキ スペーシアと比較していきます。

 

1.ダイハツ タント

スーパーハイトワゴンの先駆けであるダイハツ タントは、2016年の売り上げもN-BOXに続いて多く、N-BOXの最大のライバルといえます。
N-BOX同様、標準のタントと豪華でスポーティなタントカスタムの2車種があり、エンジンもNAとターボを揃えているなど、すべてにおいてN-BOXと似ています。

 

助手席のBピラーを排したミラクルオープンドアは、助手席ドアと助手席側の後席スライドドアを開け放つと、乗り降りする時に行く手を阻む車両中央付近のBピラーがないため、開口部が驚くほど広く、使い勝手が非常に高い機能です。

 

タントにはグレードによっては安全予防装備「スマートアシスト3」が標準装備されています。
スマートアシスト3は、衝突回避警報・自動ブレーキ、車線逸脱警報、誤発進抑制、先行車発進お知らせ、オートハイビームなどの機能があり、中でも自動ブレーキについてはスマートアシスト3から歩行者も認識できるようになった点が注目です。
初代N-BOXはこの点において、タントに劣っていましたが、新型N-BOXではHonda SENSITIVEにより遜色ない内容となりました。

 

  タント 新型N-BOX
自動ブレーキ(歩行者も検知可)
車線逸脱防止
誤発進抑制
横滑り防止
先行車発信お知らせ
オートハイビーム
サイドエアバッグ メーカーオプション タイプ別設定
クルーズコントロール ×

 

 

燃費で劣っていたN-BOXも新型となってタントと肩を並べられるようなりました。

 

このようにこの2台は非常に良いライバル関係にあります。タントを研究しつくして登場した新型N-BOXは、新しい分タントよりも勝っている点も多いのですが、次期タントではまたN-BOXを意識したモデルチェンジをおこなうものと思われます。

 

この2車種の場合、どちらの車種を選んでも後悔はしないでしょう。

 

2.スズキ スペーシア

2013年にデビューしたスズキ スペーシアはこの3車種の中ではもっとも古い車種となります。
N-BOX、タントと同様、ファミリー層を意識した車で、両側パワースライドドアを特徴としています。

 

最上級グレードのXSにはスズキ独特の安全装備、「S-エネチャージ」、安全装備のデュアルカメラブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能)の他に運転席・助手席SRSエアバッグが付いています。

 

スペーシアにもグレードによって衝突被害軽減ブレーキを備えています。

 

  スペーシア X 新型N-BOX
自動ブレーキ(歩行者も検知可)
車線逸脱防止
誤発進抑制
横滑り防止
先行車発信お知らせ
オートハイビーム
サイドエアバッグ タイプ別設定
クルーズコントロール ×

 

 

スペーシアの魅力はなんといっても燃費です。全車S-エネチャージを搭載していて、32km../Lという燃費は新型N-BOXでも届かない値です。

 

基本性能は新型N-BOXやタントと比較し、特に劣っている点はありませんが、販売面で後れを取っている理由は地味なデザインともいわれています。
このあたりを考慮してか、スズキはメッキを多用し押しの強いフロントマスクを持ったカスタムZというグレードを追加しています。

 

〇3車を比較して

どの車種もメーカーが力を注いでいることもあり、とても良くできた内容となっています。

 

新型N-BOXがライバル車よりも勝っている点を上げると、やはりHonda SENSITEIVEではないでしょうか。
他車にはない「ACC(アダプティプ・クルーズ・コントロール)」、「歩行者事故低減ステアリング」、「標識認識機能」といった機能があり、速度5kmから100kmまで対応している衝突軽減ブレーキなど、軽自動車らしからぬ機能を備えています。

 

また、エンジンもパワフルでNAエンジンでも十分なパワーをもっていて、燃費性能の向上も含めて、他車よりも優れた性能といえます。

 

 

N-BOXの目標値引き額はどれぐらい可能?

 

それでは新型N-BOXの値引く額はどの程度なのでしょう。
大手口コミサイト「価格.com」に寄せられた値引き情報を参考に予測していきます。

 

ホンダ,人気車種,買取り,相場

 

 

 

 

出典:価格,com

 

販売が開始されてから日が浅いため、報告件数は少ないのですが、車両本体から5万円、オプション品から5万円の10万円が目標額となります。

 

軽自動車は普通車と比べて利幅が少なく、また、初代N-BOXがデビューした当時の値引き額も、車両本体から5万円、オプション品から5万円の10万円程度であったことを考えると、妥当な目標かと思います。

 

 

まとめ

 

熾烈な競争がおこなわれているスーパーハイトワゴンのカテゴリー、現時点ではもっとも新しいN-BOXが一歩抜きん出た感がありますが、2018年にはタント、スペーシアともにフルモデルチェンジが控えているといわれています。
各メーカー切磋琢磨することで、さらに良い車が発売されることはユーザーにとっても良いことです。
しばらくは新型となったN-BOXの売れ行きに注目したいと思います。

 

N-BOXを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説