人気車種買取のコツランボルギーニ(LAMBORGHINI)

カウンタック

カウンタック

カウンタックは、ランボルギーニが1971年から1990年まで生産していたスポーツカーです。

 

1970年代のスーパーカーブームの中でも、スーパーカーの象徴的な存在として数多くの自動車マニアを熱狂させました。その要因のひとつが、近未来を連想させる独特の車体デザインです。

 

ランチアも手掛けたマルチェロ・ガンディーニ氏がデザインを担当、直線を多用したこれまでの車にはない機能的なデザインは、クルマの未来の姿を予感させるものでした。

 

また、400馬力を超える5LのV12エンジンや、ガルウイングドアなどもスーパーカーの象徴の名にふさわしい魅力であり、同社は1990年の生産終了後も全盛期と同様の高い人気を誇っています。

 

1990年までの20年間で6種類のモデルが生産されましたが、合計生産台数はわずか2001台であり、スーパーカーの中でも極めて希少な存在といえます。

 

 現在は生産されていませんが、同社のコンセプトは後継車種の「ディアブロ」や、現行車種である「Huracan」「Aventador」にも受け継がれています。

 

▼▼キャデラックの買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼
>>外車王の評判を確認してみる。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説