人気車種買取のコツ|ルノー(RENAULT)

ルノー メガーヌカブリオレ

ルノー メガーヌカブリオレ

メガーヌカブリオレの名前の由来もしくは車の開発秘話

 

2002年のモデルチェンジで3ドア/5ドアハッチバック、4ドアセダンのスポーツサルーン、5ドアワゴンのツーリングワゴン、MPVのセニック、オープンモデルとなるクーペ・カブリオレの6種類がラインナップされました。
今回のモデルチェンジではデザインのキーワードは「退屈へのレジスタンス (抵抗)」。垂直なリアウィンドウと突き出したリアゲートパネルなど、Cピラーから後ろの個性的なデザインが最大の特徴で、同社(ルノー)のアヴァンタイムなどのデザインが受け継がれております。

 

メガーヌカブリオレのターゲット層

 

若者を中心とした客層を狙っております。

 

メガーヌカブリオレの特徴 車の歴史

3ドアをベースにドイツのカルマンが手掛けたオープンモデル。22秒で自動開閉するグラスルーフハードトップを持つカブリオレに架装したクーペカブリオレで、後輪直前のサイドシルに“KARMANN”ロゴの刻印が刻まれております。
ボディは2ドアで定員は4人。オープン化に際しての各部補強により車重はハッチバックに比べて200kgほど増加していますが、重い荷重を考慮した専用設計のサスペンションとセッティングにより、路面からの衝撃をしなやかに吸収するように仕上げられております。

 

メガーヌカブリオレのセールスポイント

 

グラスルーフは赤外線を78%、紫外線を95%遮断するという特殊なガラスを採用し、ルーフクローズ時も開放感を維持するなど、快適性と実用性を兼ね備えております。事故による横転時には自動的にリアシート後方のアンチロールオーバーバーが0.5秒で約130mm上昇し乗員を保護する仕組みとなっておりオープンカー・カブリオレでは世界初のユーロNCAPの5つ星を獲得し高い安全性を確保しております。

 

メガーヌカブリオレのライバル車両と比べて良い点と悪い点

 

ライバル車: プジョー 308CC

 

メガーヌカブリオレ良い点

 

 事故による横転時には自動的にリアシート後方のアンチロールオーバーバーが0.5秒で約130mm上昇し乗員を保護する仕組みはカブリオレをドライブする場合大きな安心となります。
  また、天井部がグラスルーフのためクローズ時でも解放感あるドライブが出来るのは
  他社にはない特徴です。

 

メガーヌカブリオレ悪い点

 

 実用性・安全性・走行性において高いレベルにあるルノー・メガーヌカブリオレでありますが、あえて上げさせていただくとすれば4ATのトランスミッションというとこでしょうか。
  ライバル車のほとんどが6ATを主流としている中で4ATはルノーの拘りか?と思いたくなります。
  しかし、今までのギア比の低いルノー車と違ってあまりギクシャクしない走りを楽しめますし、マニュアル機能付きということもありドライブを楽しむことも可能なので
  あまり苦にならないのが実情です。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説