人気車種買取のコツ|ルノー(RENAULT)

ルノー メガーヌツーリングワゴン

ルノー メガーヌツーリングワゴン

メガーヌツーリングワゴンの名前の由来もしくは車の開発秘話

 

主力のメガーヌに多彩なバリエーションが増えたのは
2002年のモデルチェンジの時です。
ユーザーの多様性を考えてのバリエーションの追加となったことは言うまでもないでしょう。

 

メガーヌツーリングワゴンのターゲット層

 

アウトドア派・ファミリー層を狙ったモデルと言えるでしょう。

 

メガーヌツーリングワゴンの特徴 車の歴史

 

2003年度のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したほか、ヨーロッパの自動車衝突安全性テスト「ユーロNCAP」において最高の5つ星の評価を得るなど、デザインだけでなく高い安全性と実用性、信頼性が高い評価を生んでおります。

 

2005年のマイナーチェンジでフェーズⅡとなり、ヘッドランプ、フロントグリル、テールランプ等のデザイン、メーターパネルのべゼルカラーが変更され、スピードメーターとタコメーターの位置が入れ替えられました。

 

メガーヌツーリングワゴンのセールスポイント

 

   2Lエンジンは可変バルブタイミング機構などによって98kwのパワーを発生します、このクラスのエンジンとしては特にパワフルな性能を示す数値でありませんが、ヨーロッパ車らしく低速域のトルクが十分に確保されているので、滑らかで比較的気持ちの良い走りができます。
   また、ルノーの殆どの車種に言えることですが、安全性は運転席・助手席のエアーバックはもちろんのこと、カーテンエアーバックの装備など安全性に関しては高いレベルであるのでもしもの時の安心感があります。

 

メガーヌツーリングワゴンのライバル車両と比べて良い点と悪い点

 

ライバル車 プジョー308SW

 

メガーヌツーリングワゴン良い点

 ルノーの殆どの車種に言えることですが、安全性は運転席・助手席のエアーバックはもちろんのこと、カーテンエアーバックの装備など安全性に関しては高いレベルであるのでもしもの時の安心感があります。
 また、室容量もクラス最大級の520Lを実現しツーリングワゴンとしての機能は
 十分に果たしております。

 

メガーヌツーリングワゴン悪い点

 パワー的にはプジョー308SWに負けるため、荷室に荷物を満載したときの
 出だしではパワー不足になると思います。
 また、荷室の容量を最大限にしているため後部座席のスペースはかなり狭く
 大人5名乗車はさすがに厳しいものがあるかもしれません。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説