人気車種買取のコツ|ルノー(RENAULT)

ルノー メガーヌ

ルノー メガーヌ

メガーヌの名前の由来もしくは車の開発秘話

 

ルノー メガーヌの社名は、1988年に発表されたコンセプトカーから流用されております。

 

1995年販売開始

 

エンジン、トランスミッションなどの基本メカニズムは先代である19のものを受け継いでおりますが、このメガーヌは衝突安全ボディー、リア中央席の3点式シートベルト、フロントシートベルトプリテンショナー+ロードリミッター、運転席エアバッグなどを装備し、安全性を強く打ち出した最初のモデルとなります。

 

メガーヌのターゲット層

 

中高年層をターゲットにし、極力、幅広い年齢層をターゲットとするため
年々あらゆる改良が施されております。

 

メガーヌの特徴 車の歴史

 

1995年~2002年 Mégane I 生産・販売開始

    数々のスケールモデルやプロトタイプが試作されたのち
         衝突安全ボディー、リア中央席の3点式シートベルト、フロントシートベルトプリテンショナー+ロードリミッター、運転席エアバッグなどを装備し、安全性を強く打ち出したモデル、メガーヌを販売開始しました。

 

2002年~2008年 Mégane II 販売

         デザインだけでなく高い安全性と実用性、信頼性が高い評価を受けて、ヨーロッパ市場に於けるCセグメントのベストセラーカーとなっております。

2008年~    Mégane III 販売

         エクステリアデザインは同社の他モデルに通じるものに変更され、先代との共通性は少ないなっております。リアのルーフエンドが先代の垂直なものから、なだらかな形状のオーソドックスなものへと変更になっております。

 

メガーヌのセールスポイント

 

初代メガーヌは基本メカニズムは先代のルノー・R19を受け継いでおり
信頼性を高める一方で、衝突安全ボディー、リア中央席の3点式シートベルト、フロントシートベルトプリテンショナー+ロードリミッター、運転席エアバッグなどを装備し、安全性を強く打ち出した最初のモデルとなります。

 

メガーヌのライバル車両と比べて良い点と悪い点

 

ライバル車:フォルクスワーゲン ゴルフ

 

メガーヌ良い点

 シンプルで飽きの来ないデザインとクセのない走りが高評価のメガーヌ。
 そして、ルノーが各レースで培ってきた技術を惜しみなく投入し
 ルノー・スポールの名を冠するスポーツモデルも設定されております。

 

メガーヌ悪い点

 フォルクスワーゲン ゴルフは1974年から生産・販売を長期に渡り
       続けており、その都度時代に合ったモデルチェンジ・マイナーチェンジを繰り返し進化を続けております。
       また、ルノーメガーヌも発売の5年前から数々のスケールモデル・プロトタイプの試作が繰り返され塾生を進めていたり、またレースで培った経験・技術を投入しルノー・メガーヌも進化を続けており
       お互い甲乙つけがたい完成度となっております。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説