人気車種買取のコツ|ルノー(RENAULT)

ルノー ラグナワゴン

ルノー ラグナワゴン

ラグナワゴンの名前の由来もしくは車の開発秘話

 

      1993年にラグナが販売された後にラグナワゴンも生産・販売されました。

 

ラグナワゴンのターゲット層

 

アウトドア派やファミリー層を客層としております。

 

ラグナワゴンの特徴 車の歴史

 

外観はセダンの後ろを拡張させた様な形ですが、荷室の広さはもちろんのこと高さもあることからある程度の高さがある荷物でも楽々に載せることができます。
2005年3月マイナーチェンジ版であるフェイズ2が登場し、ヘッドライト、フロントバンパー、ボンネットなどが新意匠となりフロントマスクの印象が大きく変わっている。ハッチバックモデルはテールランプも新意匠となりました。

 

ラグナワゴンのセールスポイント

 

 今までのルノーと変わって内装・外観とも曲線的になりましたが
 このルノーラグナワゴンの外観はどことなくシャープな感じが残っており
 ルノーらしさも残っている。
 また、ルノーらしさは外観だけではなく、安全面も引き継がれており
       さらには向上・進化させており、ユーロNCAPで史上初の5つ星を獲得しております。

 

ラグナワゴンのライバル車両と比べて良い点と悪い点

 

ライバル車: シトロエン C5

 

ラグナワゴン良い点

 シトロエンC5と比較すると、前後席の足元のクリアランスは
 ルノーラグナワゴンの方が広くゆったりと座ることができます。
       また、安全性は言うまでも無くルノーラグナワゴンの方に軍配が上がります。

 

ラグナワゴン悪い点

      出だしでは、シトロエンC5の方がスムーズそのものです。
      ルノーラグナワゴンはもっさり感があり決してスムーズな出だしとは
いません。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説