人気車種買取のコツ|ルノー(RENAULT)

ルノー ラグナ

ルノー ラグナ

① ラグナの名前の由来もしくは車の開発秘話

 

1993年にルノー・R21(ヴァンティアン)の後継車として中型乗用車として生産販売が開始されました。

 

ラグナのターゲット層

 

中高年層をターゲットとしていた?

 

ラグナの特徴 車の歴史

 

1993年~2000年 初代 ラグナ 生産・販売開始

        直線基調スタイルだったR21に対し、曲線/曲面を多用した有機的なシェイプに、斬新でアグレッシブな意匠のフロントマスクを組み合わせた、新生ルノースタイルの第一弾となった。インテリアもそれまでの直線的で独特のヒサシ付きインパネが消え、曲線的でモダンなものへと変更されております。
        また、今まで豊富にあった収納スペースはほとんどなくなってしまいました。

 

2000年~2007年 2代目 生産・販売

        初代の曲線調から一転、硬質かつ優美な印象のスタイルに生まれ変わり、室内は質感を大幅に向上させ、イグニッションキーを使わず、専用のカードでエンジンを始動させるシステムが採用されました。

 

2007年~2015年 3代目 生産・販売

        運転する楽しさ、品質、安全性の3つを重視したエレガントなスタイルを実現し、品質とサービスの両面でDセグメントでトップ3にランクされることをめざしたルノーの戦略車として開発されました。

 

ラグナのセールスポイント

 

エンジンは全て横置きとなり、ガソリンが1.8L、2.0L(F3R)の直4SOHCとV6 3.0L(Z7X)、 ディーゼルは2.2L 直4が初期のラインナップされました。
1995年に当時提携話のあったボルボの「850」用 直5をベースとした1.9L DOHCが登場しております。
また、今までも高いレベルの安全性であったルノーですが、2003年に
衝突安全性能などが向上しユーロNCAPで史上初めて5つ星評価を獲得し、以降ルノー=「高い安全性」というイメージの牽引役となっております。

 

ラグナのライバル車両と比べて良い点と悪い点

 

  ライバル車:シトロエン C5

 

ラグナ良い点

ルノーの戦略車としての役割通り、中型車としてはかなり豪華な作りになっており、内装などは高級車に近い作りとなっております。
また、安全性では、ユーロNCAPで史上初の5つ星を獲得するなど安全への意識は非常に高いレベルを常に意識した車作りを行っていると思います。

 

ラグナ悪い点

室内を直線的から曲線的なものへと変更したために、今までのルノー車のイメージからガラリと変わった為、今までのルノーファンには少々違和感があるデザインに変わってしまいました。

 

また、豊富にあった収納もほぼ無くなってしまっております。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説