人気車種買取のコツ|ルノー(RENAULT)

ルノー ルーテシア(クリオ)

ルノー ルーテシア(クリオ)

ルーテシア(クリオ)の名前の由来もしくは車の開発秘話

 

1990年 シュペール5 の後継車としてデビューし、ヨーロッパでは同年秋に発売され、ヨーロッパで最も権威のある自動車賞であるヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー(1991年度)を受賞した。
本国名ルノー・クリオの名で生産・販売されました。
ルノー・ルーテシアは日本での車名となります。

 

ルーテシア(クリオ)のターゲット層

 

 エンジンバリエーションが多く、若い女性から車好きな若い男性にも人気のある
車種です。

 

ルーテシア(クリオ)の特徴 車の歴史

 

1990年~1998年 初代 クリオ生産・販売

     エンジンバリエーションは当初、1.1L(C1E)/1.2L(C3G)/1.4L(E7J)/1.7L(F2,F3)のガソリンと1.9Lのディーゼルエンジン、LPガス・ガソリン切り替え式バイフューエル車がキャブレターまたは燃料噴射と組み合わせて設定されておりました。

 

1998年~2005年 クリオⅡ生産・販売

     エンジンバリエーションは先代をほぼ継承しており、ガソリン1.2L、1.4、 1.6Lそしてディーゼル1.9Lが用意されていた。同年11月より、1.6L (K7M)と学習機能付きの電子制御“プロアクティブ”4速オートマチック変速機を組み合わたRXEの3ドアと5ドアが日本に導入されておりました。

 

2005年~2012年 クリオⅢ生産・販売

   3代目から車名の文字体が小文字の「Clio」から大文字の「CLIO」に変更されました。
ボディサイズは多少大型化したものの、ユーロNCAPの5つ星を獲得するなど安全性が飛躍的に向上している。安全性とパッケージングが評価を受けました。

 

ルーテシア(クリオ)のセールスポイント

 

   小型車ながらエンジンバリエーションが豊富で若い女性をはじめ、若い車好きな男性にも人気がある車種です。
   ノーマル・クリオは扱いやすく、乗り手を選ばず運転がし易いのが特徴ですが
   ルノー・スポールやウイリアムズの名を刻んだホットモデルは車好きな若者を中心に人気があり、ノーマルでも十分にサーキットへ持ち込んでドライビングを楽しむことができます。

 

ルーテシア(クリオ)のライバル車両と比べて良い点と悪い点

 

 ライバル車:フォルクスワーゲン ポロ

 

ルーテシア(クリオ)良い点

  ポロよりも余裕のあるボディサイズでゆったり乗れるのが
  ルノー・ルーテシア(クリオ)です。
  また、ルノーらしく安全性能もトップクラスです。
  機能のわりに価格も抑えられていおるのでかなり割安感があります。

 

ルーテシア(クリオ)悪い点

  フランス車らしいデザインで好き嫌いが分かれており
  ポロよりも機能的には備わっておりますが知名度ではポロに軍配が上がります。

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説