人気車種買取のコツ|ルノー(RENAULT)

ルノーR25車 査定

ルノーR25

R25の名前の由来もしくは車の開発秘話

 

ルノーF1が2005年に投入したF1マシン。
ボブ・ベル(テクニカルディレクター)、ティム・デンシャム(チーフデザイナー)、ディノ・トソ(チーフエアロダイナミシスト)によって設計され
2005年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

 

R25のターゲット層

 

ドライバーはフェルナンド・アロンソとジャンカルロ・フィジケラ

 

R25の特徴 車の歴史

 

2005年開幕から最終戦まで使用。
2005年からレギュレーションが大幅に変更され、2004年シーズンに使用していた
フロントノーズも垂れ下がり、フロントウィングも3D形状となった。
エンジンはV型10気筒(2004年と同エンジン)をバンク角度72度と正常進化させたエンジンを使用。

 

R25のセールスポイント

 

他社が7速シーケンシャルシフトを採用する中、ルノーは2004年からの6速シーケンシャルシフトを継続させた。
旧式で重いハンデもあったが、信用性が高く トルクバンドの広いエンジン特性ともマッチし2005年は優勝回数8回でポイントも191ポイントでランキング1位に輝いた。
また、フェルナンド・アロンソも133ポイントを獲得し2005年のドライバーズチャンピオンも手にした。

 

 

 

R25と他社のライバル車両と比べて良い点と悪い点

 

ブリヂストンタイヤを履く、フェラーリとルノーと同じミシュランタイヤを履く
マクラーレンがライバル車となるが、ブリヂストンタイヤを履くフェラーリは当時
低迷し、マクラーレンとの2強となったが2005年シーズンのみ導入された予選・決勝タイヤ共通ルールにも対応し、高度なローンチコントロールシステムを開発したルノーが、レーススタート時に優位に立った。

 

2005年は開幕戦からフィジケラがポールトゥウィンを飾り、その後アロンソが
第2戦から3連勝を上げるなど好調をキープ、特にアロンソはシーズン中15回も
表彰台を獲得し安定した強さを見せ1977年初参戦以来初めてのコンストラクターズタイトルを手にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼▼ルノー(RENAULT)の買取り価格を確認するなら外車買取り専門店の外車王で!!▼▼

 

日本車の場合おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説