人気車種買取のコツ(三菱ふそうトラック・バス)

三菱ふそうトラック・バス

三菱ふそうトラック・バス

三菱fuso

トラック・バスおよび産業用エンジンに特化したメーカーであり、2003年に三菱自動車工業から分離独立、現在の社名となりました。80%以上の株を保有するドイツ・ダイムラー社の連結子会社となっていますが、もともとの出身である三菱グループとの関係も深く、三菱重工業や三菱商事も株主となっています。社名の「ふそう」は日本の別称である「扶桑」に由来するもので、前身の三菱日本重工業のさらに前身である三菱造船の時代に命名されました。トラック・バスでは日野自動車、いすゞ自動車に次ぐ国内3位の位置にありますが、ダイムラーグループの中でアジア市場を担うブランドと位置付けられており、海外での販売比率が高いという特徴があります。主力車種は、トラックでは小型「キャンター」、中型の「ファイター」、大型の「スーパーグレートV」など、バスでは「エアロスター」「エアロエース」などです。先端技術を積極的に採用しており、中型バスのエアロエースでは、白線認識カメラや各種センサーを駆使して運転注意力を推定し、低下していると判断するとトップクラスの早さで警報音を発する機能を採り入れています。また、LDWS規制に対応した車線逸脱警報装置も採用しています。


三菱ふそうトラック・バス記事一覧

スーパーグレートV

三菱ふそうの主力大型トラック スーパーグレートVとは? スーパーグレートVは、三菱ふそうトラック・バスが製造・販売している大型トラックです。カーゴやダンプ、トラクター、ウイングという4種類のボディバリエーションがあり、いずれもクリーン性能と低燃費を両立する「BlueTec」テクノロジーを搭載していま...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説