パジェロミニ車買取り

パジェロミニ(PajeroMIN)高額買取のコツ

三菱|パジェロミニ(PajeroMIN)

三菱,パジェロミニ,買取り,相場

画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%83%8B

軽自動車版パジェロのパジェロミニ車名の由来

 

三菱パジェロの軽自動車版のパジェロミニ。

 

愛らしいキュートでなデザインが魅力的で多くのファンに支えられています。

 

名前の由来でパジェロは、チリ・アルゼンチン地方南部パタゴニア地方に生息するヤマネコのパジェロキャットから。

 

ミニは「小さい」、「小型」という意味である。

 

パジェロミニをを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

エンジンは直列4気筒DOHC5バルブエンジンを搭載

ターボモデルは1気筒5バルブの直列4気筒DOHC20バルブエンジンを搭載したパジェロミニ。

 

なにが凄いかと言うと単純にバルブの数が多い=パワフルと考えて良いでしょう。

 

本格SUV軽自動車でも生産コスト面から4バルブが一般的です。

 

そこへコストを犠牲にしてまでもパワーにこだわっことが伺えます。

ボディ剛性にもこだわったパジェロミニ

そんなパワーを受け止めるのがラダーフレームのようにプレス加工された部材をフロアパンに溶接した、ビルドインフレームのモノコック構造のシャーシです。

 

このボディーはその強度を裏付けるかのように40km/h前突時乗員障害値規制や1994年安全強化規制をクリアしました。

 

さらに4輪ABS、SRSエアバッグシステムを装備するなど、高い安全性と安定性を両立しました。

 

駆動方式はFR(後輪駆動)と、イージーセレクト4WDと名付けられたパートタイム式4WD(2WD/4WD切り替え式)の2種類で、四輪駆動のトランスファーにはHi/Low2段の副変速機が備わります。

 

さらにこのイージーセレクト4WDとはどのようなシステムか説明すると、まずFRと4WDを切り替えることができます。

 

雪道や悪路を走行する場合のみ4WDを選択し、それ以外の通常走行時はFRとすることで、燃費が良くなる傾向にあります。

 

さらに4WDよりFRの方が小回りが利く傾向にあります。

 

これは4WDにすることで駆動抵抗ができるからです。

 

ですのでタウンユースな人にとってパートタイム式4WDは好都合と言えます。さらに4WDはHi/Low2段となっています。

 

これはよりパワーを求められる場合や雪の深いシチュエーションでLowギアを選択することにより威力を発揮できます。

 

と見た目は可愛くデザインされているパジェロミニですが、走行性能はパジェロの遺伝子を受け継いでいることがわかります。

2代目パジェロミニはツインスクロールターボを搭載して登場

2代目パジェロミニは先代同様、1気筒5バルブの直列4気筒DOHC20バルブ方式のエンジンを採用していますがこの代からツインスクロールターボを装着しています。

 

こう聞くとツインターボと間違いがちですが、ターボの数は一つで、より効率良くエンジンのパワーを出力することが可能です。

 

これにより最高出力ほど変わりませんが、よりピックアップの良いエンジンとなりました。

 

独自のモノコック高剛性ボディを基にし、衝突時のエネルギーを吸収して緩和する「クラッシャブルボディ構造」などを採用したり、緊急時のブレーキをサポートする「ブレーキアシスト機構」などを装備し、優れた安定性などを実現しています。

 

よりオンロードを意識した二代目パジェロ。

 

若者向けにフロントデザインをアレンジした「リンクス」や「デューク」といった派生も登場しました。

 

ATは先代の3速から4速になりました。

 

このように悪路でも走りを楽しめるパジェロミニですがとてもファンも多く、根強い人気があります。

 

走っててとても楽しい車ですのでぜひ次期モデルも出していただきたい一台ですね。

 

 

パジェロミニをを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


新型三菱 パジェロミニ 2018年に発売!?

三菱 パジェロは、1990年代に沸き起こったRVブームの火付け役、RVの代名詞といえる車です。過酷なレースで知られる「ダカール・ラリー(通称 パリダカ)」で優勝するなど、その実力は折り紙つきでした。

 

そんな本家パジェロの良さを軽自動車で再現したのがパジェロミニです。
パジェロミニは本家パジェロ同様、本格クロスカントリーモデルで、オフロードでも優れた走破性を持っていました。

 

2012年3月、特別仕様車「Premium Selection ~Final Anniversary~」を最後に販売を終了したパジェロミニが、2018年新たに復活するとの情報があります。

 

新型パジェロミニとはどのような車なのでしょうか、パジェロミニの特徴やライバル車との比較など、ご紹介していきます。

 

 

パジェロミニの特徴

 

新型パジェロミニを語る前に、まずはパジェロミニとはどのような車だったのか、一度おさらいしたいと思います。

 

〇初代パジェロミニ(H51/H56型) 1994年 ~ 1998年

初代パジェロミニは1994年12月に発表されました。
本格クロスカントリーモデル、パジェロの技術を軽自動車のサイズに最大限凝縮し、軽自動車でありながら、本格的なオフロード走行も可能な軽自動車でした。
エクステリアも本家パジェロそのもので、車名のとおり一目見ただけでパジェロ(ミニ)とわかる3ドアハッチバックのデザインでした。

 

1気筒5バルブの直列4気筒DOHC20バルブのターボエンジンを搭載し、力強い走りを実現、このパワフルなエンジンを収めるボディは、ラダーフレームのようにプレス加工された部材をフロアパンに溶接した、ビルドインフレームのモノコック構造を採用することで、モノコックボディでありながら、一般的なラダーフレーム車に迫る強度を持っていました。

 

駆動方式は後輪を駆動するFRと、イージーセレクト4WDと名付けられたパートタイム4WDの2種類が存在し、4WDのトランスファーにはHi/Lowの2段の副変速機が備わっていました。

 

フロントサスペンションはマクファーソンストラット式、リヤサスペンションは5リンク式の4輪コイルサスペンションを採用し、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立していました。

 

ミッションは3ATと5MTの2種類が設定されていました。

 

 

初代パジェロミニ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:カーセンサー.net

 

〇2代目パジェロミニ(H53/H58A型) 1998年 ~ 2013年(在庫販売終了)

 

1998年、軽自動車にも普通車と同じ安全衝突基準が適用されることに伴い、軽自動車の規格が変更され、全長が延長されました。

 

  1990年~1998年の規格 1998年~の規格
全長 3000mm以下 3400mm以下
1400mm以下 1400mm以下
高さ 2000mm以下 2000mm以下
排気量 660cc以下 660cc以下

 

この規格変更を受け、パジェロミニも2代目へとモデルチェンジを行います。

 

2代目パジェロミニも初代パジェロミニのフィロソフィーを踏襲し、本格的なクロスカントリーモデルとなっていました。

 

モノコックを有しながら一般的なラダーフレーム車に迫る強度を有する、ビルドインフレームのモノコック構造が継続採用され、独自のモノコック高剛性ボディを基に、衝突時のエネルギーを吸収して緩和する「クラッシャブルボディ構造」などを採用、緊急時のブレーキをサポートする「ブレーキアシスト機構」などを装備して、優れた安定性などを実現しました。

 

1気筒5バルブの直列4気筒DOHC20バルブ方式のエンジンに、ツインスクロールターボを装着し、三菱の環境ミニエンジン「リーンバーンMVV」によって縦渦層状吸気を行うことで、安定した希薄燃焼(リーンバーン)を実現することで、低燃費を実現しました。

 

また、3速だったATは4速へと進化し、初代に比べて装備も充実したことで、本格的クロスカントリーモデルでありながら、初代よりもオンロード志向が高まりました。

 

 

2代目パジェロミニ(後期型)

 

 

 

 

 

 

 

出典:グーネット

 

〇派生車種

パジェロミニの派生車種として、パジェロミニをベースにオーバーフェンダーなどで車幅を増幅し、1.1Lのエンジンを搭載した小型車のパジェロ ジュニアがあります。
なお、パジェロ ジュニアの後継車であるパジェロ イオはシャシー、ボディ共に専用設計され、3ドアから5ドアへと変更されました。

 

 

パジェロ ジュニア

 

 

出典;グーネット

 

 

パジェロ イオ

 

 

出典:Tradecarview

 

 

新型パジェロミニの特徴

 

新型パジェロミニ復活には、全世界的なクロスオーバータイプのSUVの人気が背景にあります。

 

日本でも小型のクロスオーバータイプのSUVには、2017年度上期新車販売台数で総合4位となるトヨタ C-HRをはじめ、ホンダ ヴェゼル、マツダ CX-3など、いずれも販売の主力となる人気車が揃っています。

 

同様に、軽自動車でも、スズキがクロスオーバータイプのSUV ハスラーを販売すると、またたく間にハスラーは好調な販売を維持する人気車となり、ハスラーに触発されたダイハツも同じクロスオーバータイプのSUV キャストを販売を開始し、ハスラー同様にキャストも売れ行きが好調な人気車となります。

 

このような背景から三菱と日産も、自社の軽自動車のクロスオーバータイプのSUVを欲することとなり、パジェロミニ復活へとつながることになります。

 

〇クロスオーバータイプのSUV

上記説明のとおり新型パジェロミニのターゲットは、ハスラーやキャストです。このため、新型パジェロミニは、より乗用車に近い、モノコックを有するクロスオーバータイプのSUVになると予想されています。
初代、2代目と本格的なクロスカントリーモデルであったパジェロミニですが、新型はコンセプトを一新するようです。

 

〇NMKVが企画・開発

先ほど「三菱と日産」と書きましたが、三菱と日産が販売する軽自動車はNMKVという日産自動車と三菱自動車の共同出資によるジョイントベンチャーで企画・開発されています。

 

新型パジェロミニもNMKVにより企画・開発されることになります。

 

〇プラットフォーム

NMKVは、日産 デイズ、日産 ルークス、三菱 ekワゴン、三菱 ekスペースを企画・開発しています。
NMKVにより企画・開発されるパジェロミニも、これら車両のプラットフォームを流用しで開発される可能性が高いと予想します。

 

〇エクステリア

新型パジェロミニは、パジェロのエッセンスを軽自動車の枠に凝縮したエクステリアデザインを採用するようですが、フロントマスクについては、パジェロよりもアウトランダーに近いデザインとなるようです。
このデザインはダイナミックシールドデザインと呼ばれるもので、一連の三菱車はいずれもこのデザインを採用していく方向です。

 

現在は三菱に限らず、どの国産メーカーも自社の車のフロントマスク(フロントグリル)に統一性を持たせ、欧州車のようにメーカーのアイデンティティを持たせるようにしています。

 

このため、新型パジェロミニもダイナミックシールドデザインが採用されるでしょう。

 

ダイナミックシールドデザインが採用されるコンセプトカー「e-EVOLUTION Concept」

 

 

 

出典:三菱自動車

 

〇5ドアハッチバック

新型パジェロミニは、初代、2代目と続いた3ドアから後部ドアを持つ5ドアハッチバックへと変わるようです。
後部ドアを設けると、車体そのものの剛性は落ちてしまいますが、引き換えにユーティリティは格段にアップします。

 

〇予想スペック

軽自動車枠に収まるよう設計されるので、ボディサイズは他車とさほど変わらないものになります。

全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1620mm
ホイールベース 2430mm

 

駆動方式は、三菱製の電子制御による4WDをさらに進化させたものと予想します。

 

搭載されるエンジンは、ek ワゴンやデイズに搭載されるエンジンと同型の3B20型と予想します。
また、クロスオーバータイプのSUVということで、より低回転からトルクを発生し、粘り強いエンジンにチューニングされる可能性が高いです。
エンジン/型式 DOHC水冷直列3気筒 インタークーラー付ターボ/ 3B20型
排気量 659cc
最大出力 47kW(64PS)/6000rpm
最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/3000rpm

 

〇燃費

2016年に起きた燃費不正問題で、ek ワゴンの数値が修正され4WDのNAで22.2km/L、ターボモデルで21.8km/Lとなりました。
新型パジェロミニではさらに改良しJC08モードで燃費が23.0km/Lを目指しているようです。

 

〇トランスミッション

7速パドルシフト付CVTとなるようです。

 

 

〇予防安全技術

デイズなどに標準装備される、自動ブレーキの「エマージェンシーブレーキ」や、「踏み間違い衝突防止アシスト」「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」や、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」などは少なくとも装備されるでしょう。

 

〇発売時期

2018年と言われていますが、検査問題で揺れる日産の影響をどこまで受けるかによっては、さらにずれ込むことも予想されます。

 

〇予想価格

NMKVで開発されたek ワゴンや日産デイズ、ライバルとなるであろうハスラーやキャストの価格をから新型パジェロミニの価格を予想します。
ハスラーやキャストの売筋グレード160万円に合わせ、新型パジェロミニの売筋グレードの価格も160万円程度と予想します。

車種 メーカー販売価格(万円)
ekワゴン 103~153
日産デイズ 114~175
ハスラー 107~173
キャスト 122~177
新型パジェロミニ 115~185(予測値)

 

 

 

新型パジェロミニをライバル車と比較

 

新型パジェロミニのライバルはズバリ前述のハスラーとキャストです。
スズキ ジムニーもフルモデルチェンジが予想されていますが、こちらは本格クロスカントリーモデルのため、コンセプトを変えた新型パジェロミニの直接のライバルとは言いづらいと考えます。

 

主要諸元

  新型パジェロミニ ハスラー キャスト
  (予想)   アクティバ
型式   DAA-MR41S DBA-LA250S
全長・全幅・全高 3395×1475×1620 3395x1475x1665 3395x1475x1630
ホイールベース(㎜) 2430 2425 2455
エンジン / 型式 直列3気筒ターボ 直列3気筒ターボ 直列3気筒ターボ
  / 3B20型 / R06A型 / KF型
排気量(cc) 658 658 658
エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン
最高出力/回転数 64ps/6000rpm 64ps/6000rpm 64ps/6400rpm
最大トルク/回転数 10.0kgf/3000rpm 9.7kgf/3000rpm 9.4kgf/3200rpm
JC08モード燃費 23.0km/L 27.8km/L (2WD) 27.0km/L(2WD)
    26.2km/L (4WD) 25.0km/L(4WD)
駆動方式 4WD FF / 4WD FF / 4WD
ミッション CVT CVT CVT

 

〇ハスラー

ダイハツにキャストを誕生させ、新型パジェロミニ復活のきっかけを作った車がハスラーで、軽自動車のクロスオーバータイプのSUVのパイオニア的存在です。

 

ハスラーは、軽トールワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの軽自動車のクロスオーバーSUV、「遊べる軽」というキャッチフレーズを持ち、街乗りも対応できる優れた燃費と、オフロードにも対応できる走破性、アウトドアやスポーツも楽しめる装備や個性的なデザインが人気の軽自動車です。

 

また、ボディカラーも、パッションオレンジとホワイトのツートンカラー、キャンディピンクとホワイトのツートンカラーなど、ポップなカラーバリエーションが揃っていて、内装も、外装のカラーに合わせた色でカラーパネルやシートパイピングなどをマッチングできます。

 

スズキには本格的軽自動車のSUV「ジムニー」がありますが、ハスラーは実用性の高さで人気のトールワゴン「ワゴンR」をベースとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:スズキ自動車

 

〇キャスト

ハスラーを強く意識して開発されたキャストは、与えられたキャラクターもハスラーに瓜二つ、スタイルから装備に至るまでこの2車は非常に近いものがあります。

 

こういったこともあってか、キャストにはアクティバ、スタイル、スポーツといった3タイプが用意され、特にスタイルとスポーツを用意することでハスラーとの差別化を図ろうとしています。

 

・アクティバ

最低地上高180mmのクロスオーバーの雰囲気を持つタイプです。前後に樹脂製のプロテクターをまとい、スタイルやスポーツよりも30mm車高が高くなっています。

・スタイル

低重心で都会的な雰囲気を持つタイプです。パンパーやサイドロッカーモールにメッキ加飾が付けられ、都会的なスタイルを持ちます。

・スポーツ

走りに重点を置いたタイプです。チューニングした足回りやパドルシフト、16インチのハイグリップタイヤなどを装備します。

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ダイハツ工業

 

〇新型パジェロミニ

新型パジェロミニは、クロスオーバータイプのSUVとして企画・開発されていますが、そのスタイルはパジェロであり、本格的なクロスオーバータイプではないとしても、ライバル2車と比べるとオフロード志向の強い車になると予想します。

 

遊び心や見た目のかわいらしさではハスラーやキャスト、オフローダーらしい力強さがパジェロミニの魅力でしょう。

 

 

まとめ

 

クロスオーバータイプのSUVへとキャラクターを変えて登場する新型パジェロミニは、これまでの悪路の走破性をそこそこにすることで、街乗りといったシーンでの静粛性や改定性を手に入れ、またラダーフレームよりも軽量化できることで燃費性能も高まります。
開発する立場から見れば、他車とプラットフォームを共有できるというコスト面でのメリットもあります。

 

新しいコンセプトで開発される新型パジェロミニは今の時代に合った新しいパジェロミニと言えるでしょう。

 

 

今の車をを損なく売りたい場合は、

 

 

車買取査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車買取一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説