走行距離30万kmの営業車の車でも買取り可能!?

走行距離30万kmの営業車

走行距離30万kmの営業車だけど査定可能?

営業車買取り

 
実走行が可能な車両でも、かなりの低評価もしくは買取不可の対応をされることの多い業務用車両。
特にお客様の元へ伺うことに使用される営業車両は、自然と走行距離が多くなってしまいます。
走行距離30万kmを越える車両も珍しくなく、そこまで行くと買取不可でも元は取れたからいいか、という気にさせられるのも事実です。

 

でもちょっとだけ待ってください。
走行距離が30万km越えの過走行車両でも、中古車としての価値は大いにアリ。
大手中古車買取業者は、比較的問題が少なさそうなフルノーマル車両を好む傾向にありますが、過走行でも問題なく買い取ってくれます。
日本車の品質・耐久性の高さは世界的に高く評価されており、エンジンのオーバーホールなどで再生可能です。
そのため、自社整備に自信のある中古車買取業者は過走行車両でもかなり高めの金額を提示してくれるケースがあります。
この場合も一括査定サービスを利用することにより、使用したままもっとも条件のよい買取業者を探すことで好結果につながります。

 

営業車両の場合、ディーラー下取りで乗り換えを考える方が大半ですが、過走行車両の買取を手がける業者はかなり高待遇を提示してくれることがあります。
売買成約後にオーバーホールを行う業者がそれにあたり、査定での金額を確約したまま引取りは1週間後に…といった条件交渉も可能です。
ディーラーでの下取りは、納車までそのまま継続して乗ってくださいというのが好条件ですが、買取でも同条件でさらに高価であれば言うことなしですよね。
まずは気軽に見積もりを取ることからチャレンジしてみましょう!

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説