車一括査定買取り

売却時の必要書類一覧

売却時の必要書類一覧とは?

道路運送車両法により車には所有権が定められています。
その目的は;

  •  自動車使用の実態の把握ができる
  •  自動車盗難の予防に役立つ
  •  車両保安確保の手段となる

の3点です。

 

このため、車を売るときには名義変更手続きが必要となるため、いくつかの書類を準備する必要が生じます。

 

すでにあるものもありますが、あらためて準備するものもありますのでひとつひとつ確認していきましょう。

 

小型・普通自動車の場合

 

自動車検査証(車検証)

車検証とは、その車両が保安基準に適合していることを証明する書類で、その自動車に関する情報が細かく記載されています。

 

車を運行するとき、必ず車検証を車に積んでおかなくてはいけないという規則があります。

 

そのため、多くの方は車検証を取扱い説明書等とセットにして、グローブボックスにしまっています。

 

もしも無くしてしまった場合は、現在ついているナンバープレートを管轄する陸運支局で再発行してもらえます。

 

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)証明書

自賠責保険証明書とは、車の持ち主が必ず加入しなくてはならない自賠責保険の保険証書のことです。

 

この書類も車に積んでおくことが義務付けらえています。

 

そのため、車検証とセットでグローブボックスにしまってある場合が多いです。

 

自動車リサイクル券

自動車リサイクル法で定められたリサイクル料金が正しく納付されていることを証明する証明書です。

 

こちらも、大切な書類のため、車検証とセットでグローブボックスにしまってある場合が多いです。

 

自動車税納税証明書

自動車税が正しく納税されているかを確認するための証明書です。

 

毎年5月になると車の所有者に対して納付書が送られてきます。この納付書を持ってコンビニや金融機関で税金を納付すると、納付書がそのまま「納税証明書」に代わります。

 

自宅に保管しているか、もしくは車検などの手続きにも必要なため、車検証と一緒に保管している方も多いです。

 

実印

実印とは住民登録をしている市区町村の役所に、登録申請し受理された印鑑のことをいいます。

 

印鑑証明

登録された印鑑がまちがいなく本人のものであることを証明する書類です。

 

発効後3カ月以内のものでなくてはいけません。

 

以上、6点が必要な書類となります。

 

このうち印鑑証明だけはあらためて準備しなくてはならないため、少し手間がかかります。3カ月以内であれば有効なので、車を売ることが決定しているのであれば早めに準備しておいてもよいですね。

 

軽自動車の場合

軽自動車の場合、小型・普通自動車で説明しました1~4までの書類と印鑑(認印でも構いません)が必要となります。認印で手続きができるため、印鑑証明は必要ありません。

 

 

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説