車一括査定買取り

知人・友人へ車を売却する場合の手続き

友人・知人へ車を売却する場合に必要な手続きとは?

個人売買のメリット

個人間での売買では仲介業者に支払う中間マージンが発生しないため、余計な費用をカットできる点です。

 

個人売買で車を売るときの必要な手続きと書類など

手数料を支払って手続きを代行してくれる業者に依頼することもできますが、個人売買のメリットを考えると自分で行う人が多いかと思います。

 

以下、簡単にその流れを紹介します。

 

必要となる書類

 

売り手(自分)が用意する書類

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書

 

車を自分から知人へ譲渡することを証明する書類です。国土交通省のホームページからダウンロードできます。

 

買い手(知人)が用意する書類

 

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 車庫証明

 

知人が車を保管する場所(車庫)を管轄している警察署で申請を行い、発行してもらいます。

 

なお、発行から1ヶ月以内のものでないと無効ですので注意してください。

 

名義変更手続き

上記の書類がすべてそろったら、最寄りの運輸支局へ行きます。

 

運輸支局の窓口についたら、「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」「移転登録申請書」等を窓口で受け取り記入します。

 

基本的にこれら書類がそろっていれば、あとは陸運支局の担当者さんの案内してくれるので、それに従って手続きを済ませればOKです。

 

なお、売り手(自分)買い手(知人)がそろって陸運支局へ行ければよいのですが、買い手(知人)が行けない場合は、代理として売り手(自分)のみで手続きを行うことができます。

 

この場合、買い手(知人)からの委任状が必要となります。委任状は国土交通省のホームページからダウンロードできます。

 

個人売買で車を売るときのデメリット

次のようなデメリットが挙げられます。

 

名義変更などの手続きが面倒。

名義変更自体は簡単な手続きですが、時間が取れない等の理由で後回しになることもしばしばみられます。

 

名義変更をしておかないと、駐車違反の切符があなたのところへ届いたりなど諸々のトラブルにつながります。

 

また、所有者がディーラーなどになっていた場合は、手続き自体が少し面倒になります。

 

お金の支払いが不安

 

いくら知人と言ってもきちんとお金が支払われるか不安です。

 

お金がないからと言われて分割払いや支払いを後に伸ばしてしまって、その後も支払いが滞った例がいくつもあります。現金一括払いを必ず守ってもらいましょう。

 

ローンが残っている車は売れません。

売却後の故障などのトラブル

整備された中古車と違い現状渡しとなる個人売買では売却後の故障などでトラブルが起きがちです。

 

これら故障はそのまま修理代へつながっていきます。こういった場合の修理代をどちらが持つかなどで起きるトラブルも少なくはありません。

 

個人売買にはこういったリスクがつきものです。

 

安易に高く売れるなどの理由だけで行うにはリスクの高い取り引きかと思います。

 

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説