車一括査定買取り

車売却の際に納税証明書は必要なの?

車売却の際に納税証明書は必要なの?

自動車納税証明書(納税証明書)とは

自動車税納税証明書とは自動車税が正しく納税されているかを確認するための証明書です。

 

毎年5月になると車の所有者に対して納付書が送られてきます。この納付書を持ってコンビニや金融機関で税金を納付すると、納付書がそのまま「納税証明書」に代わります。

 

納税通知書(兼 領収書)と同じ台紙に印刷されていて、納税証明書部分は縦長のレシーくらいのサイズですので、いがいとあれっどこにしまったかな?となる人も多いようです。

 

車を売るときにも納税証明書は必要なの?

 

納税証明書がないと車検は受けられません。これは自動車税を滞納したままで、車を乗ることができないようして、税金の未納を防止するためです。

 

それでは車を売るときはどうなのでしょうか。

 

結論から言うと無くても構わない書類です。陸運局で行われる名義変更手続きにおいて、納税証明書は無くても良い書類なのです。

 

えっ!と驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 

車を売るときには、ほぼ100%の確率で納税証明書を準備するよう言われます。

 

では、なぜ?

 

その理由は「売却後のトラブルを避けるため」なんです。

 

もし、あなたが買い取った車が車検を迎えました。そのとき、この車は自動車税が滞納されたまま(未払いのまま)であることがわかったとしましょう。この場合、前のオーナーでなく、現在のオーナー(この場合はあなた)が過去にさかのぼって滞納分の税金を支払う必要が生じます。そうなんです、支払うまで車検証は交付されませんから。

 

車検満了日と自動車税の納付期間が必ずしも一致しないため、このようなトラブルが起きることがあるのです。

 

こういったトラブルを未然に防ぐため、納税証明書を求めるケースが多いのですね。

 

納税証明書の再発行

納税証明書はレシートくらいの小さなサイズ、仮に無くしてしまったとしたら。大丈夫です、ちゃんと再発行できます。

 

小型・普通車ならついているナンバーの都道府県の都税・県税事務所か、陸運局内の自動車税管理事務所で再発行が可能です。軽自動車の場合、市町村役場で再発行が可能です。

 

再発行に必要な書類は?

車検証 と 印鑑 だけです。

 

原則、本人が行う場合は手数料はかかりません。また、郵送でも対応してもらえます。

 

 

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説