車一括査定買取り

車売却(中古車販売店や、ディーラー系列へ車を売る場合)

車売却(中古車販売店や、ディーラー系列へ車を売る場合)に必要な手続きとは?

下取りとは、今乗っている車を新しい車を買うお店で買い取ってもらい、その金額を新しい車の購入資金に充てることを言います。

 

買取りとは、今乗っている車を買取り専門店や中古車販売店などに売り、現金を受け取ることを言います。

 

新しい車への買い替えを予定している場合、そのお金を次のクルマの頭金にすることができます。

 

買取り専門店と中古車販売店/ディーラー系列の中古車販売店と何が違うの?

同じ買い取りに出す場合でも、買取り専門店と中古車販売店/ディーラー系列の中古車販売店とでは何が違うのでしょうか。

 

買取り専門店

販売することが目的ではなく、買い取ることが目的の業者さんです。買い取った車は、一部の例外を除き、業者間オークションに出品されます。

 

ガリバーやラビット等の大手買取り専門店から小規模なお店までいろいろとあります。

 

中古車販売店

買い取った車はオークションではなく自社のネットワークを通じて売りに出されます。

 

また、中古車の販売も行っているため、その販売店で売っている中古車への乗り換える場合は買取りではなく下取りのような形態になります。

 

ケーユーやカーセブンなど大手中古車販売店や、ディーラー(メーカー)系ではトヨタの「T-UP(買取り)& U-CAR(販売)」やニッサンの「日産カウゾー & 日産U-CARS」などがあります。

 

一般的に中古車販売店よりも買取り専門店のほうが買い取り金額は高くなる傾向にあります。

 

これはその中古車販売店が欲しがっている車種と持込んだ車種が一致していないことが理由として考えられます。

 

しかしながら、中古車販売店の場合、あるジャンルに特化したお店があります。

 

たとえば輸入車、たとえばスポーツカー、たとえばRVなど。こういったジャンルの車を売りに出す場合、それを得意としているお店を探せば、買い取り専門店よりも高く見積もってもらえる場合があります。

 

買取りの流れ

大雑把ですが、だいたい次のようになります。

 

  • 中古車販売店で買取りの査定を行ってもらう。(最近ではネットから申し込んで、また自宅まで出張して査定を行ってくれる場合もあります)
  • 買取りの査定額が決まったら、手続きをおこなう。
  • 車両の引き渡し
  • 現金の入金

 

 

買取り手続き

中古車販売店での買取りの場合も営業マンに指示された書類を契約当日に持っていけば、後は販売店がすべて処理してくれます。

 

買取りに必要な書類

基本的に下取りのときと同じです。

 

車を査定してもらうときに必要な書類は

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書

 

の2つです。
また、社外品パーツに交換している場合、元の純正パーツがあれば持参したほうがよいでしょう。

 

車を売却するときに必要な書類

車を売却するために準備する書類は、下取りであろうと買い取りであろうと、基本的に変わりません。次の6種類です。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書

 

他に、委任状や譲渡証明書などが必要となりますが、これら書類は販売店が用意してくれます。

 

買取りに出すときの注意点は

複数のお店で査定、見積もりをとってください。

 

少なくとも3社から5社の見積もりを取ってみましょう。意外なほど査定額に差が開くことがあります。

 

ただ、そんなにたくさんのお店を廻るほど時間がない人がほとんだと思います。そういう場合に「車買取り一括査定」というやり方がありますので、こちら利用すると便利です。

 

また、中古車販売店の場合、あるジャンルに特化したお店があります。たとえば輸入車、たとえばスポーツカー、たとえばRVなど。

 

こういったジャンルの車を売りに出す場合、それを得意としているお店を探せば、他よりも高く見積もってもらえるでしょう。

 

少しでも高く買い取ってもらうために

基本は下取りと同じです。

 

買取りに出す車はきれいにしましょう。

 

きちんとメンテナンスされ、大切に扱っていた車という印象を伝えるためにも査定前に洗車や車内清掃行いましょう。

 

特に車内の臭い、できるだけ臭いは取っておくようにしましょう。

 

また、多少の傷やへこみは自分が修理に出すよりも販売店が修理するほうが安価な費用で済むため、傷やへこみの修理はしないほうが良いと言われています。

 

同様に査定直前には消耗品を交換せず、そのままにしておいたほうがよいでしょう。

買取りに出す車はオリジナル仕様に戻す

後から貼ったシールやステッカーは剥がしておきましょう。

 

また、社外パーツを装着している場合は純正パーツに戻しましょう。純正部品に戻して中古車として販売するとき「処分した社外パーツを補うため純正品を購入する」ためのコストが下取り価格に反映され、その分安くなってしまいます。

 

なお、社外品を取り付けたいわゆる合法な改造車を専門に扱うお店もあります。こういったお店へ売却しようとするのであれば、社外品パーツ(アフターパーツ)はそのままのほうが良いでしょう。

買取りに出す車の点検記録簿は必ず保管しておきましょう。

 

 

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説