ジューク

ジューク

新型 日産ジュークを予想、ライバル車との比較

クーペのような、それでいてSUVという独特なエクステリアデザインが魅力の日産ジュークが早ければ2017年中にフルモデルチェンジを遂げると言われています。

 

現行型ジュークは2010年に発売からすでに7年を経過しても、いまだ褪せることのないデザインを持つジュークがどのように変わるのか、現在わかっている情報をもとに新型ジュークを予想し、ライバル車と比較していきます。

 

 

ジュークの特徴

 

ジュークは、日産自動車が製造・発売するコンパクト・クロスオーバーSUVです。
クロスオーバーSUVとは、フレーム構造でなくモノコック構造を持つ、乗用車タイプのSUVで、フレーム構造を持つ本格的なSUVのようなオフロード走行や耐久性は持たないものの、本格的なSUVに比べて軽量で燃費に優れ、街中を乗用車感覚で運転できるため、多くのSUVがクロスオーバータイプになっています。

 

現行型ジュークには、マーチに採用されている、日産とルノーの共同開発によるBプラットフォームが採用されています。わかりやすく言うと、マーチの車高を上げて、SUVにした車といったところです。
このコンセプトは画期的で、後にホンダのヴェゼル(同社のコンパクトカー「フィット」がベース)やマツダのCX-3(同社のコンパクトカー「デミオ」がベース)などの開発のきっかけとなりました。

 

特徴的なエクステリアデザイン

 

現行型ジュークの一番の特徴は、日産デザインヨーロッパ (Nissan Design Europe:NDE)と日産グローバルデザイン本部(Nissan Global Design Center: NGDC)によるエクステリアデザインです。

 

スポーティなイメージの前後ランプや、大きく張り出したフェンダーを特徴とするデザインは、コンパクトスポーツカーの俊敏さとSUVの力強さを併せ持っています。

 

中でももっとも特徴的なのはフロントマスクで、ラリー車のフォグランプをイメージするバンパーに埋め込まれたヘッドライトと、ヘッドライトのように見えるフェンダー上のターンシグナルランプは、一般的な車のヘッドライトとターンシグナルランプの関係が上下逆転している、常識破りなデザインです。

 

 

 

日産,人気車種,ジューク

 

出典:日産自動車 公式HP

 

軽快な走りを実現するパワーユニット

 

現行型ジュークのパワーユニットは、デュアルインジェクターを採用した直4 1.5L NAのHR15DE型エンジンと、直4 1.6L 直噴ターボエンジンのMR16DDT型エンジンです。
JUKEとは「アメリカンフットボール選手が相手を軽快に交わす動き」を意味います、ジュークはその名のとおり、1.5Lでも十分に軽快な走りを実現しています。

 

さらに、スポーティモデルのNISMO RSでは、専用の1.6リッター直噴ターボエンジン(214PS)が搭載され、8速マニュアルモード付エクストロニックCVTとの組み合わせで、SUVとは思えないスポーティな走りを実現しています。

 

 

新型ジュークを予想

 

2017年中にモデルチェンジされると言われるジューク、どのような進化を遂げるのでしょうか。

 

グリップス・コンセプト

 

2015年のInternationale Automobil-Ausstellung(フランクフルトモーターショー)で公開された、SUV「グリップス・コンセプト」のデザインをベースとしていると予想しています。さらにグリップス・コンセプトは、電気自動車(EV)の技術をベースにしたシリーズハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載している点も注目です。
日産,人気車種,ジューク

 

グリップス・コンセプト
出典:日産自動車 公式HP

 

ただし、一部の情報ではグリップス・コンセプトのデザインをベースとするものの、特徴的なフロントマスクは、同社のSUV「エクストレイル」のような一般的なデザインになるとも言われています。
これは、欧州の自動車メーカーや最近ではトヨタやレクサス、ホンダ、マツダといったメーカーのようにフロントマスクを共通したデザインとし、ブランドアイデンティティーを確立する狙いのためと思われます。

 

e-POWERを搭載

 

新型ジュークでは、1.5Lエンジンは廃止され、ルノー キャプチャーに搭載される1.2Lのターボ付 直噴 直列3気筒エンジンが搭載されると予想されます。

 

さらに、このエンジンをベースに電気モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、エンジンで発電し、モーターで走行するシリーズハイブリッド「e-POWER」が搭載されると予想され、燃費はもちろん、あの電気自動車のような独特の加速感をジュークでも味わえることとなりそうです。

 

その他

全長は4200mm(現行4135mm)、全福1765mm(現行1765mm)、全高1565mm(現行1565mm)、ホイールベースは2580mm(現行2530mm)とほぼ現行サイズを踏襲すると予想されています。
駆動方式もFFと4WDと現行と同じです。

 

 

新型ジュークをライバル車と徹底比較

 

e-Powerを搭載する新型ジュークのライバルは、ずばりトヨタのCH-R、ホンダのヴェゼル、そしてマツダのCX-3でしょう。

 

CH-R

ダイヤモンドを彷彿させ、クーペのようなスポーティなデザインを持つ、トヨタのCH-Rは納車まで3ヶ月以上待つこともあり、現在このクラスでは一人勝ちといってもいいほど販売が好調です。

 

1.2Lのターボとプリウスと同じ1.8Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドエンジンの2種類のエンジンを搭載しています。
このうち、1.2Lターボのみ4WDで、2.0LNAとハイブリッド仕様はFFとなります。
販売の内訳はハイブリッドが全体の7割以上を占めていて、ハイブリッドの人気が高いことがわかります。

 

4代目プリウス同じTNGAプラットフォームを採用していることから、SUV版プリウスとも言われています。

 

価格は250万円~290万円で、1.8Lハイブリッド(Gグレード)は290万円となります。

 

ハイブリッドモデルの燃費はJC08モードで30.2km/Lです。

 

ヴェゼル

フィットをベースに開発されたコンパクト・クロスオーバーSUVのヴェゼルは、2014年~2016年までSUV国内販売ランキングで3年連続1位を獲得する人気車です。

 

エンジンは、1.5L直噴エンジンと、モーターのみのEV走行が可能なハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用し、エンジンのLEB型に直噴技術を取り入れたことでシステム最高出力を2.0Lエンジンに匹敵する112kW(152PS)を実現しています。

 

フィットと同じ、燃料タンクを前席下に配置するセンタータンクを採用し、後席は背もたたれを倒したり座面を跳ね上げることができ、他のSUVとは一線を画しています。

 

価格は192万円~277万円で、1.5Lハイブリッド(Zグレード)は267万円となります。

 

ハイブリッドモデルの燃費はJC08モードで23.4km/Lです。

 

CX-3

魂動デザインと言われる躍動感あふれるスタイルのCX-3は、発売当初は全グレード「スカイアクティブテクノロジー」というクリーンディーゼルエンジンのみでしたが、2017年7月に2.0Lガソリンエンジンが追加されました。

 

価格は216万円~303万円で、1.5Lクリーンディーゼル(Lパッケージ)は280万円となります。

 

クリーンディーゼルモデルの燃費はJC08モードで23.0km/Lです。

 

ライバル車との比較

 

プリウスのSUV版と言われるCH-RやモーターのみのEV走行が可能なヴェゼル、クリーンディーゼルのCX-3と、いずれも現行ジュークにはない武器をもっていて、また、エクステリアデザインも、ジュークに負けないほど個性的なライバル車たちに、現行ジュークでは真向から勝負するのは難しい状況でした。

 

しかし、ジュークが新型となってe-POWERを手に入れれば状況は一転すると思われます。
同じe-POWERを搭載する日産ノートの燃費はJC08モードで37.2km/L、おそらくジュークも37.0km/L~38.0km/Lを達成するでしょう。
また、ノートe-POWERの価格が230万円~240万円ですので、新型ジュークは290万円~320万円程度と予想できます。

 

自動運転技術「プロパイロット」も装備されると思われますので、ライバル車を一歩抜きん出ることは間違いないでしょう。

 

 

新型ジュークの目標値引き額はどれくらい可能?

 

発売前の新型ジュークですので、実際の値引き情報は一切ありません。そこで、現行型ジュークが登場した当時の値引き額、新型ジュークの目玉ともいえるe-POWERをすでに搭載しているノートe-POWERの値引情報を参考に、新型ジュークの値引き額を予想していきます。
これらの情報は大手口コミサイト「価格.com」を参考にします。

 

現行ジュークの発売当初の値引き

発売当初は値引き無しから車両本体から5万円、オプションから5万円、発売から3ヶ月経っても10万円の値引きとかなり厳しい条件となっています。

 

 

 

日産,人気車種,ジューク

 

 

 

 

出典:価格.com

 

ノート e-POWERの発売当初の値引き

いっぽう、ノート e-POWERの発売当初の値引きをみてみると、車両本体価格から平均で7万円程度、オプション品から平均で5万円程度の値引きが出ています。
日産,人気車種,ジューク

 

 

出典:価格.com

 

目標値引き額

SUVのジュークはノートのように値引きで販売台数を稼ぐような売り方はしてこないと思われます。
現行ジュークの販売当初の値引き実績、ノートe-POWERの販売当初の値引き実績を参考に、上記を考慮すると、オプション品からの値引きを含めて10万円の値引きが取れたら成功といえると考えます。

 

 

まとめ

 

ジュークが開拓したコンパクト・クロスオーバーSUVというジャンルもホンダ、マツダに続き2016年にはトヨタも参戦し、今や激戦区となっています。
街乗りでも使い勝手が良く、燃費も良く、さらにスタイリッシュなスタイルをもつシティ派のSUVは、ますます進化していくでしょう。
新型ジューク、登場がとても楽しみですね。

 

 

 

 

ジュークを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説