ノート(Note)高額買取りのコツ

ノート(Note)高額買取のコツ

日産ノート(Note)

日産,人気車種,買取り,相場

日産ノート(note)車名の由来

街中でも当たり前のように走っているノートですが、名前の由来は車名のノートが、音符の意味と雑記帳の意味を掛けている。

 

これには、日常の何気ない音に混じり、また生活を記録することで使用者の生活の一部になって欲しい、という開発陣の願いがこめられている。

 

同時に、N・O・T・Eは、トランク部分の活用モードの名称の頭文字であり、初代型のみ載せる荷物により、

 

「N:二段トランクモード」、
「O:オープン・モード」、
「T:たっぷりモード」、
「E:イージー・フラット・モード」

 

の4種に活用できる。

 

また、パリサロンで発表されたコンセプトカーは、車名が「トーン」 (tone) であり、こちらも音色などを表す語である。

 

トランクは、「T:トゥイン・トランク・モード」、「O:オープン・モード」「N:ノン・リッド・モード」、「E:イージー・フラット・モード」とノートの機能の順番を並び替えずに頭文字を車名にあわせることができる。

ノート開発の歴史

初代E11 ノート

初代ノートE11はベースグレードが1,500ccです。

 

自動車税の面でも1,300ccクラスと変わらず、パワーはワンランク上です。

 

大きさは、1,300ccのコンパクトクラスで最も広いと言われているフィットよりも大きく、カローラフィールダーやウイングロードなどの一般的な1,500ccクラスよりかはコンパクトになっていて、取り回しもよく、適度に後部座席も使用するが、燃費と取り回しの良さも重視したいという人には最適な大きさで実用性も高いです。

 

燃費もCVT搭載モデルでリッター20kmと型落ちの中古車というカテゴリーで見れば優秀な内容となっています。

 

故障も少なく、初代モデルは、無茶の運転をするようなオーナーが少なく、現在でもディーラー整備記録簿有りやワンオーナー車なども多いのが特徴で、距離を走る人は、1,300ccクラスに流れている傾向もあるので低走行車の中古車も多く、5年落ちや7年落ちのモデルを購入しても長く現役で走れる可能性が高いです。

2代目E12ノートはグローバルコンパクトカーとして発表

2012年7月16日に横浜市の大さん橋で新型グローバルコンパクトカーとして世界初公開され、同車は日本において2代目ノートE12型として9月に発売することがアナウンスされました。

 

その後、2012年8月28日に公式発表、9月3日に販売開始となりました。

 

エンジンは先代の1.5L/1.6L・直列4気筒から1.2L・直列3気筒にダウンサイジングされ、直噴ミラーサイクルエンジンと高効率スーパーチャージャーを組み合わされています。

 

販売開始直後から好調な売り上げを見せ、販売開始から約2週間を経過した時点で月間販売目標の2倍以上にあたる21,880台を受注したことを発表。
その結果、同年9月の売り上げは18,355台となり、ハイブリッド車を除くガソリン登録車でナンバーワンの売り上げを記録、その後も2013年4月までの8か月連続でハイブリッド車を除くガソリン登録車ナンバーワンを維持しました。

 

これにより、2012年度下半期(2012年10月 - 2013年3月)並びに2013年上半期(2013年1月 - 6月)の販売台数においてもハイブリッド車を除くガソリン登録車でナンバーワンの売り上げを記録した。

 

また、2013年次のRJCカー・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。

日産ノートの人気の理由

やはり、ノートは他社のライバル車と比べ乗り回しやすく、E12型でなくとも、E11型でも燃費が良く、さらに中古車価格が比較的安いことが武器でしょう。

 

街中であればストレスなく走れる車だと思われます。

 

次回のフルモデルチェンジが楽しみであるところですね。

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 


新しい時代のハイブリッドカー 日産ノートe-POWER

日産ノートは、日本の車メーカーである日産が製造、販売する小型のハッチバック車です。この車は、マーチなどに採用されているBセグメントのプラットフォームベースにして開発されました。ノートという車名には、音符の「NOTE」と紙媒体の「NOTE」から、リズミカルな毎日をノートに記録しておくといったイメージが込められています。
 2012年からノートは二代目に突入しており、開発責任者に女性を起用するなどして、様々な話題をもたらしてきました。そのノートが2016年、4度目のマイナーチェンジの際に画期的なシステムのハイブリッドカーを世に出しました。それが、ノート e-POWERです。

 

革新的な技術を盛り込んだ“e-POWER”

 

量産コンパクトカー初のハイブリッドシステム

 

 日産ノートに搭載されているハイブリッドシステムは、シリーズ式ハイブリッド方式と呼ばれています。従来のハイブリッドシステムでは、レシプロエンジンの動力とモーターの動力を組み合わせる方式が大半でした。しかし、e-POWERはこの方式とは大きく異なります。
このハイブリッドシステムは、レシプロエンジンが「発電専用」に用いられており、発生した電力をバッテリーに蓄電し、モーターを動かすといったユニークな方式をとっています。つまり、基本的な動力構成はモーターとバッテリーという電気自動車と同じもので、電気自動車と異なるのは、ガソリンさえ入っていればバッテリー切れになる恐れがないという点です。これによって、遠出などで充電設備の有無に不安がある電気自動車の最大のデメリットを解消しています。

 

e-POWERだけではない 先進的な車両システム

 

 ノートe-POWERは、革新的なハイブリッドシステムにも見劣りしない車両システムを備えています。その一例として上げられるのが、スマート・ルームミラーです。これは、後方に設置したカメラの映像をルームミラーに映すシステムで、後部ウィンドウが防がれている状態でも後方を確認できる画期的なドライバーサポートシステムです。また、夜間や雨天などでガラス越しでは視認しにくい状態でも、鮮明な映像によって後方を確認できるため、非常に優れた安全装置と言えます。
 これ以外にも、インテリジェントアラウンドビューモニターや衝突防止アシストなど、様々な安全装置があり、安心してドライブすることができる車になっています。

 

激戦区のハイブリッド市場のトップに君臨するノートe-POWER

 

ノートe-POWERが参入した市場は、トヨタやホンダなどがせめぎ合うハイブリッドカーの市場です。特にトヨタは、ハイブリッド専用車であるアクアやプリウスなどの人気車種を輩出しており、ハイブリッド先進メーカーといっても差し支えないほどハイブリッドカーに力を入れています。しかし、2016年11月ではこうした強豪の車たちを押しのけて、ノートe-POWERが月間販売ランキングで堂々の一位を獲得しました。
 ノートe-POWERが注目されたのは、その新しいハイブリッドシステムによって優れた燃費を確保しつつも、静粛性や加速性能にも優れているといった点が上げられるでしょう。また、コンパクトカーの中でも車内が広めにとられており、居住性の高さが人気の秘訣となってい

 

 

知らないと損をする!愛車を査定に出す前に一括査定業者をチェック!

 

▼▼おすすめの車買取り一括査定業者TOP5 ▼▼

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説