日産車買取り

ノートe-POWER nismo

NISMOが目を付けたノートe-POWER

 日産自動車の連結子会社で、スーパーGTなどのモータースポーツ界で活躍するニッサン・モータースポーツ・インターナショナル。愛称でニスモ(NISMO)と呼ばれるこの会社は、レースでの経験や技術を生かして市販車用のパーツを製造、販売し、またこれらのパーツを投入したコンプリートロードカーを販売しています。ラインナップはGT-RやフェアレディZなどのスポーツカーはもちろん、ジュークやマーチ、ノートなどの車もその中に含まれています。
 そして、ここに新しいラインナップが追加されました。それがノートe-POWER NISMOで、NISMOで初のハイブリッドカーのコンプリートモデルです。

 

ノートe-POWER NISMO はホットハッチとしての素質がある

 

ハイブリッドカー+スポーツという考え方

 

 あまり馴染みがありませんが、ファミリーカーをベースにしつつ、スポーツカーのような動力性能を併せ持つホットハッチという分野が欧州では人気となっています。また、日本でもスイフトスポーツやシビックtype-Rなどの車が販売されており、根強いファンがいる市場でもあります。
 この市場にハイブリッドカーが参入することは非常に稀です。なぜなら、燃費の向上を目的にしたハイブリッドカーと走る楽しみを追及したスポーツカーというジャンルは相性が悪いと考えられているからです。
 しかし、ハイブリッド。もっと言えば、モーターはスポーツカーとしての素質があります。モーターは、通常のレシプロエンジンに比べるとトルクが強大で、加速性能を見ればモーターのほうに軍配が上がるのです。ノートe-POWERはハイブリッドカーではありますが、駆動力に関わるのはモーターのみなので、トルクが非常に高い車に仕上がっています。加速性能が高いe-POWER NISMOは新しいホットハッチのジャンルを生み出した車と言えるでしょう。

 

NISMOならではのスポーティーな仕上がり

 

 ノートe-POWER NISMOは、ホットハッチカーとしてのデザインが随所に盛り込まれています。エッジの効いたエクステリアに、スポイラーやリアディフューザーなどを装着した、非常にレーシーなデザインになっており、走りへの期待を高めています。そして、車内も黒を基調に随所に赤を取り入れた鮮烈なデザインになっており、座席もホールド性の高いセミバケット調のシートに交換されています。また、NISMO専用にチューニングされたe-POWER Driveによって、アクセルワークのみで加減速を意のままに操れるというまったく新しい操作感覚を備えています。

 

比較する車が見当たらない独自のジャンル

 

 ノートe-POWER NISMOは、ハイブリッドホットハッチカーという独自のジャンルを作り出しています。このジャンルでは、競合する車がほとんど見当たらず、ホンダのフィットハイブリッドRSが唯一といってもよい競合車です。ただ、フィットハイブリッドRSがエンジンとモーターのパラレル方式を採用しているのに対して、駆動力がモーターのみのシリーズ方式を採用したe-POWER NISMOは、トルクの高さで軍配があがります。何よりも、ノートe-POWERをベースにしているだけあり、居住性の高さも勝っています。

 

 

 

ノートを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説