フェアレディZ高額買取りのコツ

フェアレディZ高額買取のコツ

日産フェアレディZ

日産,フェアレディZ,買取り,相場

フェアレディZその開発の歴史と車名の由来

自動車が製造するスポーツカーで、日本における通称は「Z」。いずれのモデルも「フェアレディ」を冠すのは日本国内のみで、輸出向けは「DATSUN」または「NISSAN」と社名を付けて呼ばれています。

 

名前の由来は、「美しいお嬢さん」の意味で、Zは未知への可能性と夢を意味するサブネームとされています。

フェアレディZを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

初代S30、S31型Zはダットサン・フェアレディに代わって販売されたZ

初代のS30/S31型は1969年に先代モデルであるオープンボディのダットサン・フェアレディに代わって発売されたクルマです。

 

ヨーロッパ製の高級GTに匹敵するスペックと魅力あるスタイルを兼ね備えながら、格段に廉価であったため、北米市場を中心に大ヒットしました。日産のイメージリーダーカーとして、足掛け10年もの長期に渡って生産され、世界総販売台数55万台という、当時のスポーツカーとしては空前の記録を樹立しました。

 

搭載されたL型6気筒エンジンは、SOHC動弁機構を備えた2Lクラスの最新式ではあったが、素性は鋳鉄ブロックにターンフロー燃焼室を組み合わせた手堅い実用型エンジンを採用しました。

2代目フェアレディZはS130がたにフルモデルチェンジややワイドサイズとなり登場

二代目は1978年8月、S130型にフルモデルチェンジ。先代のロングノーズ・ショートデッキスタイルを継承しながら、2代目はややワイドサイズとなって登場。2.0Lの「200Z」と2.8Lの「280Z」の2つのL型エンジンを設定されました。
先代を正常進化させたスタイルとなりました。

 

国産車で初めてTバールーフ仕様車を追加したのもこのクルマです

3代目ZはSOHC2ℓターボエンジンのVG20ETと3ℓターボエンジンのVG30ETを積んで登場

1983年9月ロングノーズ・ショートデッキというZのコンセプトを引き継ぎながら、空力性能を重視して、エクステリアをスッキリさせた三代目Z31型が登場。

 

キャッチコピーは『較べることの無意味さを教えてあげよう』、『SOUL SYNCHRO MACHINE』などと言われていました。
エンジンは直列6気筒のL型から新世代V型6気筒エンジンであるSOHCターボ2.0LのVG20ETと3.0LのVG30ET、全グレードにV6ターボエンジンを搭載しました。

4代目Zはバブル世代の車

1989年7月10日スタイル、パフォーマンスを始めとして、完璧なスーパースポーツカーを目指した四代目Z32型登場。キャッチコピーは『スポーツカーに乗ろうと思う』と言われ、バブル景気の絶頂と崩壊の最中に日産の経営悪化のため10年以上という長期に渡り生産されたモデルです。

 

特徴であるロングノーズ・ショートデッキを改め、新たにワイド&ローというスポーツカーの基本イメージを決定し、日本の良さを持ったアイデンティティや、いつまでも沈まないカリフォルニアの太陽のようなボディデザインをイメージして作られました。

 

2種類のエンジンはV6、3.0Lを採用。先代の300ZRで採用された自然吸気のVG30DE型と新開発・ツインターボチャージャー搭載のVG30DETT型をデチューンしたものが用意され、中でもVG30DETT型が搭載されたツインターボモデルは日本の自動車メーカーで初めて最大出力280PSに達しました。

5代目フェアレディZはVQ35DE NAエンジンを搭載して

2002年7月30日、五代目Z33型発売。2年ぶりの復活となった。ボディタイプは2シータークーペのみで、歴代フェアレディZに設定されていた2by2は設定されませんでした。

 

搭載するエンジンの排気量は3.5Lで、最高出力は当初280psでしたが、改良を重ねて最終的に313psまで向上されました。モデルライフ途中にはオープンモデルのロードスターが発売。2008年11月に販売終了し、次期型にモデルチェンジしました。

 

エンジンについては当初V型6気筒 3.5LのVQ35DE型エンジンを搭載しており、初期モデルの最高出力は280PSであったが、2005年9月のマイナーチェンジ時にはMT車のみ最高出力が294PSまで向上され、一方で最大トルクは低下。

 

またMT車のエンジン改良ではエンジンの最高回転数がそれまでの6,600rpmから7,000rpmまで引き上げられました。

6代目Z34はVVELエンジンを搭載して登場、NISMOバージョンも発表されました

日産,フェアレディZ,買取り,相場
2008年12月1日に復活後初めてのフルモデルチェンジを行い、六代目Z34型となりました。先代モデルをさらに進化させたモデルで、変速機、ボディなどを煮詰め、 エンジンは、スカイラインなどでも採用された3.7LのVVELエンジンを搭載し、336PSを発生させる。モデルライフ途中でロードスターが遅れてフルモデルチェンジしました。
エンジンに専用チューンが施された、「Version NISMO」も存在します。

 

やはり他社と比べると数少ない現行の国産スポーツカーであるということです。

 

エンジンパワーもかなりあるため高速道等の合流など問題なく加速するためストレスなく運転できることでしょう。

 

社外品の部品も多数あるためカスタム等の幅が広いのも特徴です。

 

このような国産スポーツカーも少しずつ増えていってほしいですね。

 

フェアレディZを損なく売りたい場合は、

 

車査定サイトで一括査定をして、

最も高値を出してくれた業者に売るのが良いです。

 

おすすめの査定業者はコチラから。

 

▼▼ おすすめの車一括査定サイトTOP5 ▼▼

 

 

万が一事故車の場合、、、コチラをご覧ください。

 

▼▼ 事故車の場合はコチラで査定を! ▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説