最新自動車技術紹介|自動運転技術

自動運転技術

自動運転技術とは

 

近年は、交通安全意識の向上と各メーカーが掲げる安全運転支援システムなどによって、死亡事故にまで至る交通事故は年々減少傾向にあります。ただ、それでも車に乗っている以上事故は避けられないのが、運転というものです。
 その問題に対しての一つの回答を自動車メーカーはしてきました。それは、運転を人間ではなく車自体(コンピューター)にやらせてしまうことです。もちろん、コンピューターだって万能ではありません。自宅や職場で使用しているパソコンが、突然フリーズを起こしたり、いうことを聞かなくなったりすることはよくあることです。しかし、コンピューターの優れているところは、適切な環境や適切なパッケージ、適切なプログラムさえあれば人間よりも遥かにイージーミスが少ないという点にあります。

 

 コンピューターによる自動運転を実現するために考え出された形式は、レーダーやGPSなどを利用して自律的に走行する方法と道路に磁気マーカーを埋め込むことにより、それをガイドとしてコンピューターに認識させることによって車を動かすといった二種類がありました。ただ、後者はコストや悪天候に対応できないという問題があって現在は廃れています。

自動運転の定義とは

 

 自動運転の定義を、日本政府やアメリカの安全局はレベルを0~4まで細分化させて定義させました。レベル0は人間がすべてを操作するもの。レベル1は加速、操舵、減速(以下車の動作と略す)のいずれかをシステムによって行うもの。レベル2は、車の動作のうち複数の操作をシステムの介入によって行うもの。レベル3は車の動作をすべてシステムが行い、問題がある場合は即座にドライバーが対応する状態にあるもの。レベル4は人の手をまったく介さない完全自動運転です。
 現在の技術ではまだ、レベル3やレベル4は夢物語といったところで、レベル1までが精いっぱいといった状態でした。ただし、ここに世界初のレベル2に突入した自動車メーカーがあります。
 それが、日産の「プロパイロット」です。

 

日産の「プロパイロット」とは

 

自動運転の定義の一つであるレベル2をもう少し掘り下げると、加速、操舵、減速のうち、複数の操作をシステムが受け持つ状態です。この場合のドライバーは常時、運転状況を監視して適切な対処を取る必要があります。

 

このレベル2に乗り込む際に、日産が選んだデバイスは、単眼カメラとミリ波レーダー、解析用のコンピューター、電動パワーステアリング、バイワイヤブレーキです。これらのものを見ると、今のレベル1に相当する既存のシステムと大差はありません。ただ、これらのデバイスを最適化し、上手く組み込むことでレベルを上げることができたのでしょう。

 

そんなプロパイロットの主な機能は、インテリジェントクルーズコントロール、ハンドル支援の二つです。これらをかみ砕いていきます。
インテリジェントクルーズコントロールは、いわゆるクルーズコントロールを正常進化させたものです。一つ目は、運転者がセットした車速を上限に、車間距離を保つシステム。二つ目は前の車が停止した場合に、それに続いて自車が停止し、前の車が発進した場合にはスイッチ操作もしくはアクセルペダルの操作で停止を解除すると、追従走行を再開するシステムです。

 

ここまではよくある運転支援システムですが、ここからが日産の場合は違います。

 

このクルーズコントロールに加えて、プロパイロットはハンドルの動きを支援します。もっと言えば、ハンドルを車線に合わせて動かすシステムです。他社の自動安全運転技術では、レーンキープアシストという近いものがあります。白線を検知することによって、そこから逸脱しようとするとアラームと修正舵をかけてくれるシステムです。ただし、これはあくまで逸脱に際してアシストする機能であり、日産のハンドル制御は完璧に曲げてくれることが可能になっています。
最近では、スバルのアイサイトver3が非常に優れた運転支援システムとして知られています。ただ、それでもプロパイロットと違い、完全なハンドルの操作まではしてくれません。

 

そういった点で、プロパイロットは唯一無二の存在と言えるでしょう。

 

もちろん、高速道路や自動車専用道のみでしか作動しないことやステアリング操作は50km/h以下の状態で前の車がいないとオフになってしまうことなど。相応のデメリットは存在しますが、それでもここまでの自動運転技術を高めてしまうことが、日産の技術力の高さを物語っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車一括査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説