ハイブリット車とはハイブリット車両の特徴

ハイブリット車の特徴

ハイブリッド車とはハイブリッド車両の特徴

ハイブリッド車

 
エコカー減税による税制上の恩恵や、燃費性能の高さで知られるようになったハイブリッドカー(HV)。
トヨタ・プリウスなど、現在の中古車市場でも高い人気を持つジャンルとなりましたが、その詳しい仕組みを知らない方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、今さら人に聞けない豆知識として、ハイブリッドカーの特徴や構造、メリット・デメリットをご説明させて頂きます!

 

ハイブリッドカーはココがウリ! 一般車との違いとは?

 

今日現在、エコカーの代名詞と呼ばれているのがハイブリッドカーです。
Hybrid Vehicleという名を略し、HVとも呼ばれています。
その名が示す通り、2つ以上の動力源を持っているのが最大の特徴で、多くの場合はガソリンエンジンと電力で動作するモーターの組み合わせとなっています。
異なる動力源を上手に組み合わせることにより、自動的に現在の速度に合わせた方を採用、エネルギー効率の良い出力へ変更することで燃費効率を高めているのが特徴です。

 

そのため、電気で動くモーター使用時には、自然に排気ガスが抑えられ、それに含まれるCo2も減少するというのが環境に優しいとされる理由です。

 

ハイブリッドカーの構造はココが違う! 一般車との相違点

 

ハイブリッドカーの基本構造は、ガソリンエンジンで動く一般車と大きくは変わりません。
ただし、エンジン以外にモーターが搭載されていることにより、低速時は蓄電された電力を使用して走行可能なのが大きな違いとなっています。
低速時にはモーターの力で出力を発揮し、補助的にエンジンの生み出すエネルギーを電力に変換することで、燃料消費を抑えています。
これはモーターという動力源が、起動直後から最大トルクを発生するという特性を活かしたものです。

 

それとは反対に、高速になると自動的にエンジンがメイン動力源へと切り替わり、モーターは充電をメインとした役割へ変更されます。
この構造方式は「パラレル方式」または「モーターアシスト形式」と呼ばれており、ホンダ・インサイトなどに採用されているのはこちらのパラレル方式です。
その他には「スプリット方式」というものがあり、こちらはガソリンエンジンが生み出した動力を、特殊なギア(プラネタリー・ギア)を用いることでいったん分離(スプリット)し、自由に駆動系へ振り分ける構造。
発電機と各車輪へ同時に振り分けるなど、自由に出力を組み合わせることが出来るのが特徴となっています。
トヨタ・プリウスに採用されているのは、こちらのスプリット方式です。
かつては「シリーズ方式」という構造もありましたが、こちらは鉄道・船舶用の方式化しており、自動車の分野では既に廃れた技術となっています。

 

今後はパラレル・スプリットの2つの方式を中心とし、各自動車メーカーの研究・開発が進んでいくことが予想されています。

 

ハイブリッドカーのウリは燃費性能だけではありません!

ハイブリッドカーを選ぶ上で、大いに知っておきたいのがそのメリットです。

 

ハイブリッドカーは、燃費が良いという事以外に様々なメリットがあります。
エンジン音や走行音が極めて静かなのも大きな特徴のひとつで、深夜早朝時でもご近所へ迷惑をかけず車でのお出かけが可能となっています。

 

環境にいい、と言われている事は、前述の排気ガス・CO2を抑える効果でご説明させて頂いた通りですが、これに関する追加要素があります。
それは国による「エコカー減税制度」です。
自動車取得税・重量税・自動車税(軽自動車税を含む)といった自動車に関わる各種税金が、最低20%から最大100%まで免除されます。
毎年1回徴収される税金が免除されるのは、維持の面では大変大きなポイントですね。

 

その他、2017年3月3日まで、という期間限定のものではありますが、自動車等導入費補助金(CEV補助金)という制度があります。
「エコカー補助金」もしくは「自動車補助金」という通称で知られているこの制度は、ハイブリッドカーを始めとする環境性能を一定の高い水準で満たした車両購入時に適用されるものです。
過去のエコカー補助金では、早期打ち切り事例もありますので、気になる方は早いうちに検討することをおすすめいたします。

 

メリットがあればデメリットも? ハイブリッドカーの弱点は?

 

ハイブリッドカーは多くのメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

 

その筆頭格は、車両価格の高さです。
ただし、こちらは前述のエコカー減税と、エコカー補助金を利用することで実質上の値下がりとなり、売却時もそれなりの高値が期待できます。
最初の出費は大きめですが、後々元は取れますので、デメリットという程ではないのかも知れません。

 

デメリットとして知っておくべきことのひとつに、バッテリーの消耗による寿命が挙げられます。
携帯電話・スマートフォンをお持ちの方ならご存知の通り、バッテリーというものには必ず寿命があります。
ハイブリッドカーに搭載されているバッテリーも、こうした電子機器同様の消耗品です。
燃費性能を求めるあまり、常時低速運転を続けていれば、5万km前後でバッテリーの寿命を迎えるケースも。
この際、かなり高額の交換費用を覚悟する必要があり、過度にバッテリーを酷使するのは十分な注意が必要です。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ おすすめ車査定業者 高く売れる車の仕様 車の構造解説